仕事を辞めたい… 年齢別の転職の考え方・立ち回り方のポイント

今の仕事(会社)を辞めたいけど、自分の年齢で大丈夫か? 20代・30代・40代・50代…年代に関わらず、そんな悩みを持つ人はとても多いです。

20代は「若くして転職するのは印象が悪くないか」と悩むし、40代・50代は「この年で転職は遅くないのだろうか」と悩むでしょう。

でも、転職に早いも遅いもありません!

「40代・50代は転職できない」とか、「20代は早すぎるよ」とか語る人もいますが、僕はそれを否定します。

このページでは、転職をどのように考え立ち回るべきかを年齢別に紹介します。

ぜひ参考にしてみてください!

20代で仕事を辞めたい人は迷わず転職活動を始めよう

20代はどれだけ勤続していたかにもよりますが、基本的には転職を躊躇する理由はほとんど無いと言っても過言ではありません。たとえ入社1年程度しか経っていないとしても、第二新卒として十分に需要があります。

それに、今時の20代はバンバン転職しています。今の若者には「ブラック企業に勤めることは損。嫌いなことより好きなことをやる。」という考えの人が多いです。

だから、20代は転職理由さえハッキリしていれば今すぐにでも転職して良いと思います。

自分の興味のある仕事がしたいという理由なら、迷わず飛び込んでください。好きな仕事に飛び込むのは若者の方が有利ですから。今の会社に不満があるなら、ホワイト企業に転職しましょう。

その時の立ち回りも、特に気にしすぎなくて良いと思います。

ただ、今はあまり資金が無いでしょう。仕事を辞めてから転職するとなると生活費に不安が出るので、転職エージェントを利用して仕事をしながら転職することをオススメします。

30代で仕事を辞めたい人は「キャリアップを意識した転職」がおすすめ

30代からは「キャリアアップ」を意識した転職をするのが良いと思います。

今の仕事や会社に不満があって辞めたいと思ったとしても、キャリアアップをすることによってその不満が解消することがあります。その上、今よりも難しくも自分の裁量の大きな仕事が出来るので充実感も得られるわけです。

他にやりたい仕事ができたという場合はキャリアチェンジになりますが、出来るだけ早めに転職しておくことをオススメします。今と同じキャリアを引き継いで上に行くというのなら、40代・50代からもそう難しい話ではありません。

ただ、キャリアチェンジとなると40代・50代からは難しいです。

だから、今の仕事と全く関係のないような仕事に転職するのは30代が実質的にラストチャンス。

今の仕事で得た経験とやる気を武器に、新しい業界に飛び込みましょう。面接の際には「今の仕事の実績や経験」がアピールポイントになります。「違う仕事なのに?」と思うかもしれませんが、違う仕事だからこそ今までの働きぶりから評価するしかないんです。

もちろん、キャリアアップの場合もアピールポイントは今までの働きぶり。

転職をする前に、これまでの自分の仕事を整理しておきましょう。

40代で仕事を辞めたい人は「同じ業界内での転職」がおすすめ

40代から多くなるのは、「仕事をどうしても辞めたいけど、辞められない」という人です。今まで続けてきたから、いざ辞めるとなると歩みが止まるんですよね。今までと違うことをするよりも、今まで通りにする方が人間は楽ですから。

一時的に苦労することでその先は楽になると知っていても、なかなか動けません。

ただ、自分の意にそぐわない仕事だと思ったり、待遇や働き方に問題があると思ったりして辞めたいと感じたのなら勇気を出して一歩踏み込んでみてください。40代も、転職はできますから。

転職が難しいのは「経験のない業界」の場合です。

職種が違えども、経験のある業界なら個人の努力と立ち回り方次第で転職できます。40代ともなれば、その業界のことをよく知っていると判断されます。「業界全体の知識があるから、職種が違っても大丈夫だろう」と、企業側にも安心してもらえるわけです。

それに、同じ業界なら給料が大幅に下がるようなことはありません。今と同じ仕事なら給料アップも狙えるし、キャリアアップなら言うまでもないですよね。管理職採用もあるので、管理職から平に下がることを気にする必要もないと思います。

アピールすべきは、その業界に関する経験の広さと深さ。

また、立ち回り方としては、やはり働きながらの転職がオススメです。保険をかけておきましょう。転職エージェントを使えば、働きながら転職活動をすることができます。これなら、「もしダメでも戻るところがある」ため、気軽にチャレンジできると思います。

ご家族がいる場合も、それなら許してくれるでしょう。

50代で仕事を辞めたい人は慎重な転職活動を

これはほとんどの年代通して語っていることですが、50代の方には特に強調します。

次の仕事(会社)が決まるまで、辞めないほうが良いです。

50代の転職は不可能ではないものの、やはりこれまでに比べて難易度が上がることは事実です。「もしも」の場合を想定して、一応仕事を続けながら転職活動をするべきだと思います。

仮に「退職後の貯え」が十分だったとしてもです。

50代は一度休憩期間を設けて社会との接点を断ってしまうと、途端に足元を見られるようになります。基本給15万円・20万円からスタートするなんていうのは、ザラです。在職中にバリバリ仕事しながら転職をしたら、まだ足元も見られにくいだろうということや、焦りから妥協をしてしまわないだろうということも働きながらの転職をオススメする理由です。

また、50代からの転職は「管理職にこだわりすぎない」ことも大切です。

会社によっては「管理職は自社の勤続年数が長い人間に任せたい」と考えるところもあります。そういう人の方が、部下もついていきやすいだろうという考え方ですね。だから、50代の熟練管理職を外部から募集するという会社はそれほど多くありません。

まず、年収を出来る限り維持しながら、自分が不満に思っている要素を解消することに心血を注ぎましょう。管理職かどうかは、二の次です。

そのように転職活動を行えば、50代からの転職も十分可能だと思いますよ。

最後に…

どの年齢でも共通して言えるのは、「仕事を辞めないで転職することが大事」ということと、「決して妥協しないこと」です。年齢によって転職難易度は変わるけれど、本当に大切な転職活動の本質は変わりません。

自分の年齢にあった考え方・立ち回り方を意識しつつ、質の高い転職活動を目指しましょう。

-仕事の悩み