保育士からの転職先として選ばれることも多い、ベビーシッター。契約社員という働き方が多く、時間と曜日を自由に選べるという魅力などから人気の職業です。家事や育児と両立させるために正社員や契約社員で働くという人も、多いと思います。

保育士から転職先として選ばれることも多いベビーシッターですが、ベビーシッターもまた大変な仕事!

難しい年齢の子どもを扱うからこそのトラブルがあれば、雇用に関する悩みも尽きません。

ベビーシッターを辞めたい! ベビーシッターから転職したいという人は、いったいどうすればいいのでしょうか?

悩みを解消しつつ、経験を活かして働きやすい転職先を考えてみたいと思います。

ベビーシッターの仕事の難しさ

生後半年から12歳くらいまでの幅広い年齢層に対応する、ベビーシッター。個人の家・託児所・企業・イベント会場など、その活躍の場所もまた幅広いですよね。個人の家で仕事ができるという特徴から、中には個人開業して頑張る人もいます。

そんなベビーシッターだからこそ、難しい仕事なわけですよねえ。

たとえば、生後半年など物言わぬ年齢の子の面倒をみるという、難しさがあります。お子さんが何を考えているのか、何を欲しているのかを経験と感覚でつかまないといけません。それに、見張っていないと怖い年齢の子も多いです。

怪我をさせる恐怖と、怪我をさせてしまったときのトラブルはもう…。それを一度経験するだけで、「ベビーシッター辞めたいなあ」と感じてしまいますよねえ。

また、個人宅に派遣されるタイプだと、家事を任されることもあります。子どもの世話をする仕事なのに、家政婦と同じことをしているという職種と仕事内容のギャップ! そして、手間! 辛いところです。

大切な子どもを扱う仕事だからこそ、お客さんとの人間関係もかなり難しい…。

本当、難しい仕事だ。

雇用の不安定さと、待遇の低さ

ベビーシッターは、パート・派遣が基本、比較的安定していても契約社員という形が多いです。正社員として求人を出しているところは少なく、正社員になったとしても「契約社員と同じような待遇で、無期契約になっただけ」というのが実情。

正社員になる意味あるの? と思わざるを得ません。

探せば月給25万円から30万円程度という職場もありますが、そういう好待遇のところは「ベビーシッターの研修教育」も業務内容に入っていたり、家事代行サービスと併せて提供していたりします。

ベビーシッターの仕事に集中したいと思うと、どうしても待遇は低くなる。

待遇を上げようとすると、仕事の幅が広くなり悩みが増える。

そもそも求人が少ないから待遇改善は難しく、雇用もなかなか安定しているとは言い難い。仕事の悩みに加えて、こういう実情があるわけで、それならもう辞めたいなら辞めてしまったほうが良いんではないかと僕は思います。

ベビーシッター辞めたほうが、あなた幸せなんじゃない?

悩みを解消しながら、経験と得意を活かして働こう!

ベビーシッターの仕事の悩みを解消できて、なおかつ子どもと関わる仕事をしてきた経験を活かせる転職先を考えてみたんです。

たとえば、子ども服ショップ店員・おもちゃ屋さん店員などの「販売・接客業」がありますよね。子どもと関わりながら接客ができるし、預かるわけじゃないからプレッシャーもトラブルもありません。

問題は「給料が低いところが多い」ということと、「正社員の求人はそれほど多くない」ということですね。しっかり探せばそれなりに見つかりますし、僕の体感だとベビーシッターより正社員求人が多いです。

給料は初任給が22万円前後というところが多い印象があります。

ほかには…英語が得意なら子ども英会話教室、子ども塾の先生、子ども向け習い事教室など、スクール系も良いのでは? 子どもにかかわった経験以外の、自分の得意分野を活かして働けるというのはとても面白いものですよ。

得意を活かすことは、楽しいんだ。どれくらい楽しいかというと、運動が得意な子どもにとっての運動会くらい楽しい!

現職系の仕事以外だと、絵本の出版社で働くとか、子ども向け商品の企画・営業をしてみるという手もあります。ベビーシッターとして子供と触れ合ってきた経験は、企画や営業に必要なユーザー分析に役立つはずです。

ベビーシッターから転職するとき、転職先は「違うタイプのベビーシッター」とか「子どもの面倒をみる仕事」に偏りがちになるように感じます。

だけど、それだと今の悩みの大部分を引き継いでしまうじゃないか! と、僕は言いたい。

悩みを解消しながら、経験を活かす道はたくさんあるんだ。子ども関係の仕事と言っても、その幅は広い。視野を広げて、ベビーシッターから転職しましょう。

求人少ない問題は、転職エージェントで解決!

ベビーシッターから転職するとき、正社員求人少ない問題にぶち当たることが多いです。

ショップ店員も、スクール系の仕事だってパートや契約社員が多いから正社員求人をひとりで探すのはちょっと難しいんですよね。絵本出版社や企画営業などは正社員が基本だけど、そもそも会社の数自体がそれほど多くはないため求人少ない問題というのは、やはりあります。

また、「こういう福利厚生が欲しい」「育児と両立したい」という人も多く、求人条件にはこだわりたいところだと思うんです。

そういう問題は、転職エージェントでまるっと解決するんだ!

転職エージェントを使うと、非公開求人と言って「比較的条件がいい」求人を紹介してもらえます。求人検索機能で公開されていないものだから、求人検索と合わせるとゲットできる求人の数が増えるわけです。

また、求人内容を細かく質問したり、「こういう条件があると嬉しい」と相談することができます。

ベビーシッターから転職するのは、少し難しいという誤解があるかもしれません。確かに、視野が狭ければ「子どもと関わる仕事なんて、これくらいしか」と保育士かベビーシッターかの二択を迫られ、職場を変えるだけで妥協しがちです。

視野を広げ、じっくり腰を据えて満足できる転職先を選ぶこと。

それが、ベビーシッターを辞めたい人が人生を明るい未来に導くための、条件だ!