ブラック企業から転職!面接で転職理由はどう伝えるべき?

ブラック企業を辞めたいと思う人のほとんどは、ネガティブな理由で転職をします。

でも、転職活動のとき転職理由を聞かれたときに、どう答えるべきなのか悩みませんか?

このページでは、ブラック企業から転職する際の転職理由の考え方を解説します。

ぜひ参考にしてみてください!

転職理由「ブラック企業だったから」はNG

転職理由に「ブラック企業だったから」と答える人、実際います。

転職理由を最も簡潔に伝えようとするとそうなるんですよね。それはもうどうしようもないことなんだけど、基本的に「ブラック企業だったから」という転職理由はNGです。あまりに単刀直入すぎます。

ホワイト企業の人事にも、本音トークを嫌う人は大勢います。個人的な体感だと、ホワイト企業のほうがむしろ本音トークを嫌いがちだと感じるんですよ。

ホワイト企業ほどお互いにビジネスライクで付き合おうとし、ビジネスマナーを重視するためです。

どちらにしても、本音トークを好む人であるかどうかはパッと見ではわからないため、本音の転職理由は心の奥に引っ込めたほうがいいでしょう。

面接で語る転職理由の回答例を紹介

「じゃあ転職理由はどう表現したらいいんだ?」ということが知りたいところですよね。面接で語る転職理由の回答例をケースごとに紹介し、転職を決めた理由を適切に伝える練習をしましょう。

同じ業界・仕事の転職理由には、魔法の言葉がある?

ブラック企業だから辞めたいだけで、今の業界や今の仕事内容には特に不満が無いという人は多いと思います。そういう人ほど、転職理由に困るんですよね。違う仕事がしたいということだったら、それ自体が転職理由になるじゃないですか。

同じ業界・同じ仕事に転職する理由なんて、今の会社が嫌以外にはありません。

ただ、転職理由は本音を隠したほうがリスクが少ない。

そんなときに使える魔法の言葉があります。

スキルアップ・キャリアアップです。

たとえば、業界内の違う仕事に転職する場合は「キャリアアップのため、違うセクションも経験しておきたい」という転職理由が浮かびます。

同じ仕事に転職する場合には、「異なる現場を知ることでスキルアップがしたいと思ったためです」「御社にはスキルアップできるような制度が…」という転職理由が浮かぶでしょう。

この二つの言葉を覚えておけば、転職理由には困らない!

「ブラック企業だったから」を遠回しに言う方法

「ブラック企業だったから」という本音を直球勝負で伝えずに、遠回しに伝える方法があります。

「将来性」「やりがい」という言葉を使う方法です。

将来性という言葉を転職理由に組み込む際、どうしても今の会社の話になります。そのときに気を付けて欲しいのが前の会社を責めることなく、「御社の将来性」に惹かれたことを伝えるということです。

そのためには、冷静に分析した結果であるということを示す必要があります。

客観的に将来性が危ういと判断できる材料を探し、それを引き合いに出しましょう。

やりがいという言葉を転職理由に組み込むには、「自分が前の会社の方針に合わない」というように「自分に原因がある」というスタンスを貫くことが大事です。言い方の妙というもので、自分を主語に置くことによって前の会社を批判しているという印象が薄まります。

また、事業内容などからやりがいを語る方法もオススメです。

合う合わないという感覚的なことよりも、客観的な事実として「自分にとってやりがいがあまり得られなかった」ということを伝えられます。

ブラック企業だから成長できたことを語ろう

どんなブラック企業だとしても、自分自身は成長しています。

そういう成長をアピールしたうえで、今後さらにそれを伸ばすために転職が必要だと判断したと転職理由に繋げましょう。

同時に、成長した自分の能力を転職後に発揮して会社の役に立つということも付け加えておくと効果的です。

ブラック企業から転職する転職理由を前向きに伝えるだけじゃなくて、自己アピールにもなります。

ブラック企業から転職する人に共通して言いたいこと

面接で転職理由を伝えるときには、明るく前向きに。

本音トークはなるべく控えたほうがいいんですが、転職理由の本音をポジティブ変換して遠回しに伝えることはできます。面接官は転職理由自体も見ているんですが、相手に良い印象を与える工夫や機転というのも見ているんです。

たぶん、面接官にはあなたがブラック企業だから辞めたということは多少なりとも伝わるでしょう。

ただ、機転を利かせて好印象を与えられるような伝え方が出来たということを、相手は評価してくれます。

また、面接のときにネガティブなことが聞きたい面接官はいません。

転職した後に活躍して欲しいというときに後ろ向きなことを言う奴なんて、信用できないじゃないですか。逆に前向きな人や明るい人は、多少不安があったとしても活躍してくれそうという期待が得られます。

その期待を演出できるように工夫を凝らしていきましょう。

-転職活動
-