40代独身男性という言葉の響きだけで「なんか転職大変そう」と感じてしまいますよね。

しかし、転職が大変なのはどの年代でも同じことなんです。

転職を成功させるためには「自分のステータスに合った戦略を立てること」が大事! そのための考え方などを、僕から紹介したいと思います。

転職を成功させたい全ての40代独身男性へ…これが転職成功の秘訣です!

40代独身男性の転職における不安要素にQ&A形式で答えを出します!

40代独身男性が転職を考えるときには、その年齢や独身というステータスから大きな不安を伴うと思います。不安を抱えたまま転職活動をすると、大抵うまくいきません。転職は自分を売るということだから自信が大事! 自信がつくように、不安要素に対してQ&A形式で答えを出してみました。

1.40代独身男性の転職は不利?

転職に不利になるかどうかというのは、40代という年齢からくる不安と、独身というステータスからくる不安の典型例だと思うんです。

これに対する答えを出すのは、結構難しいんですよ。

何かと比較して不利か有利かを決めますよね。20代と比較したら確かにそれは不利になる場面もあるのかもしれませんし、50代と比較したらそれは有利になる場面もあるでしょう。ただ、転職というのはそういうことではないんだと僕は思います。

40代が若い人と同じ土俵で戦えば、転職に失敗するのは当たり前です。

転職に失敗してしまう40代の方の多くは、若い人と同じ土俵で戦おうとしている。そうなると当然不利です。柔軟性もフレッシュさも学習能力も体力も若者には勝てません。

ただ、違う部分は勝っているではありませんか。

経験です。

社会人としての経験、ビジネスマンとしての経験、今の業界や職種に関する経験…さまざまな経験がありますよね。それは20代にも30代にも勝るものです。そう考えると、40代の転職は決して不利なんかではないと思えてきます。

戦う方法を間違えさえしなければ、むしろ有利になる!

じゃあ「独身」というステータスを考えたときにはどうなのか?

既婚と比べて不利かどうか…。

既婚と比べて独身が不利というイメージがあるのは、「既婚者は家庭を守るために必死に働くのに比べて…」という理屈ですよね。

このイメージに基づく40代独身男性の不利さを覆すには、違うイメージをぶつける必要があります。

たとえば、「仕事一筋頑張ってきた」というイメージです。40代まで独身な男性というステータスを活かして、仕事にとことん打ち込んできたという姿勢を面接時に見せましょう。これで守るものが…責任ある行動を…みたいなイメージに打ち勝てます。

要は…40代独身男性の転職が不利かどうかは、戦略によって決まる! ということです。

2.年収は下がる?

40代独身男性が転職をすることで年収が下がるかどうかも、転職が有利か不利かと同じく一概には言えません。

たとえば、未経験の業界の未経験の職種に挑戦するなら一時的には下がります。ただ、20代と同じ給料になることはありません。その企業には年代別に年収ベースというものがあり、そこから大きく逸脱する例を作りたくないんです。

その企業が考えるあなたの年齢での年収ベースの、最低額で雇われることになるでしょう。

あなたが転職先に選びたいと考えている業界や職種の平均年収の40代の相場より少し低い程度です。

逆に年収が上がるケースもあります。

今の業界内で転職を行う場合です。職種まで同じだとしたら、ほぼ確実に年収をアップすることができます。40代の経験という武器が活きるわけです。

仮に職種が異なるとしても、年収が上がることがあります。業界が同じであれば、職種が異なるとしてもキャリアは無駄になりませんからね。その経験を違う角度から使うことができるため、今以上の年収が得られる可能性は高いです。

3.40代から未経験分野に転職できる?

40代独身男性が未経験分野に転職するには、簡単ではありません。

しかし、転職できないとは言えないのが事実です。

たとえば求人数が多く未経験者をたくさん受け入れている業界や職種であれば、年齢も独身というステータスも関係なくなります。意外とすんなり転職できることでしょう。タクシー業界や運送業界などがそれに当てはまりますね。

あとは…自分のキャリアをどう捉えるかが大切です。

過去の経験をどのように使い、それを超えようとするかによって未経験の仕事に転職できるかが決定づけられるのではないでしょうか。

未経験の分野にも必ず、自分の経験が通用する部分があるはずです。それを探せば、40代が未経験の職種に転職するのは決して不可能な夢物語ではなくなります。

40代独身男性が転職するときに意識しておくべき2つのポイント

40代独身男性が転職に不利というのは幻想! さあ転職しようということなんですが…。このまま勇み足で転職をするのは待ってください。40代独身男性が転職するときには、意識しておくべきポイントが2点あるんです。

1.若手の多い会社を選ぶ

40代の転職者は「同じような40代が多い会社のほうがいいのかな」と考えがちだと思います。恐らくどの年齢でも自分と近い年代の人が多い会社を選ぼうとするのではないでしょうか。

ただ、待ってください。

40代は敢えて若手が多い会社を選ぶことに、大きな意味があるんです。

若手が多い会社というのは、ビジネスの経験が豊富な人が少ない傾向があります。平均年齢自体が若い職場は特にそうで、ビジネスマンとして成熟していない人たちで仕事を回している。効率化も職場のマネジメントも成熟していない現場…。

だからこそ40代を必要としています。

マネジメント役として!

需要がある会社というだけでなく、マネジメント役としての需要が高いため待遇も良くなる可能性が高いです。転職が楽になりつつ待遇も良くなるというのはまさに一石二鳥! 鳥の群れも全力で逃げるレベルの話ですよねえ。

だから、若手だらけで働くことが大きなストレスにならないのなら、敢えて平均年齢が若い会社を転職先として選んでみてはいかがでしょうか。

2.転職は過去を活かすよりも超えること

先ほど「過去の経験をどのように使い、それを超えようとする」ということに、少しだけ触れました。僕は、転職というのは過去の経験を活かすよりも「過去の経験を使って今を超えること」だと思うんです。

特に、経験豊富な年代になればなるほどその意味合いが濃くなります。

たとえば、僕の知り合いは営業の実績を活かしてコンサルティング会社に転職をし、営業当時の年収の倍の年収を稼ぐようになりました。当時が600万だったので今は1200万円程度。転職したときの年齢は43歳でした。

まず「営業経験を使い、より高次元の仕事をするためコンサルになった」という時点で今を超えている例だと思います。その経験と実績をコンサルとして働くうちにレベルアップさせ、年収を倍にしたのも今を超えた例です。

転職するということは、過去の経験を超えること。

これを意識すれば、キャリア全体をハッキリと俯瞰しやすくなります。

まずは自分にどのような経験があるのかを洗い出し、その経験を使ってそれを超えるためにはどうしたらいいかを考えてみてください。その選択肢の中には、今の業界で働くこと以外にも業界や職種を変えるということもあるでしょう。

その選択肢にあるものを選べば、40代独身男性の転職成功率はもっともっと上がります。

これは…独身だからこそできることとも言えるでしょう。

過去の経験や今を超えようとするのは、今よりさらに高い足場にジャンプすることと同じです。守るべき家族がいるのなら、仮に転職成功率が高くなる行為だとしても、なかなかジャンプに踏み切ることができません。

独身だからこその転職成功術! 今のうちにやっておかないと損ですよ。

転職先の厳選方法! 専門機関を使って賢く転職しましょう

ここまでの内容をまとめると、40代独身男性の転職を成功させるためには転職活動の戦略・転職先選びの戦略が大事ということではないでしょうか。

その戦略をしっかり立てるために、転職先を厳選するために、転職エージェントという専門機関を使うことを僕はオススメします。

転職エージェントを使えば自分のキャリアの掘り起こしだけでなく、転職先選びや転職の戦略立てなどを手伝ってもらうことができるんです。求人の質も高く、自分の可能性限界までジャンプすることができます。

40代独身男性転職成功の秘訣…まずは専門機関を味方につけて、恐れずにジャンプすることです!