テレビの裏方と言えば、AD! というイメージがありますよね。

近年、バラエティ番組でたまたま顔出ししたADが準レギュラーのようになっているのをよく見るから、裏方と言い切れない面も出てきたのかもしれないけど、基本は裏方。ディレクターのさらにアシスタントということで、人と番組を支える側だからこその悩みというのは大きいと思います。

ADを辞めたいと思っても、不自然じゃないのかもしれませんねえ。

ただ、アシスタントディレクターから転職するときは考えることがいろいろあります。たとえば、転職先選びが悩ましい! そんな話をじっくりお伝えしましょう。

ADの仕事は向いていない人にとってはとても辛い

一般企業で働くサラリーマンの多くは、「OJT」を受けています。「基本的にこれしてれば間違いないよ」というものを教えてもらったり、その仕事で起こるトラブルの定番対処法などを教えてもらったり、結構マニュアル化されている部分が多いんですよ。

ただ、テレビの仕事は違います。

「これをしてれば間違いない」というようなものは無く、番組によって、日によって動き方が変わってくるんですよね。だから現場を見て臨機応変に動かないといけないし、場の流れや雰囲気を読んで能動的に先回りして動かないといけないわけです。

特に、アシスタントディレクターはみんなのサポートをする仕事。裏方というのはやることがとても多く、しかも細々とした用事が多いんだ。

そういうことが向いてない人にとっては本当に辛いものですよね。自分が「向いてないなあ」と感じるのなら、場の流れを見て臨機応変に動くような仕事じゃなくて、ある程度マニュアル化されている仕事やある程度ルーティンな仕事を転職先にするほうがよさそうです。

ADを辞めるべきかを決める判断基準

根性と覚悟…ッ!

冗談かと思うかもしれませんが、冗談ではありません。確かに僕はこのブログ内で冗談みたいなことを交えるのが好きだけど、これは冗談じゃないよ。ADから転職するかを決める判断基準は、根性と覚悟だと本気で考えています。

ADの仕事は、とてもとても過酷な仕事です。

昔ながらの職人の修行期間のような感覚で、労働基準法なんか無視してブラック企業ばりにガンガン働かされます。しかも給料はそんなに良くはありませんよね。ブラックということは承知の上でADになったんだとは思います。

ただ、思った以上にブラックだったとか、ついていけると思ったけど無理そうだとか、そういう感じで辞めたいと考えているんでしょう。この仕事は人一倍の根性と覚悟が必要だと、僕は感じています。

ここから先、テレビ業界で働いて働いて、そして働いて上を目指す根性と覚悟がありますか?

人の何倍もの根性と、テレビ業界で上を目指すんだという確固たる覚悟が無い限りは、僕は転職をオススメします。

逆に、それがある人は、辞めたいと感じたとしても負けずに頑張ってみましょう。ADのまま終わるのは、あまりに悔しいじゃないですか。

「ADを辞めても、転職なんて無理」というのは真っ赤なウソ

ADを辞めても、転職なんて無理だよと言ってくる人がいると思います。「アシスタントディレクターの仕事はつぶしがきかない。役立つことなんて何にもないよ」というのが、転職は無理と語る人の理屈なんですよ。

だけど、僕はそれにビシッと「異議アリ!」と言いたいんだ。

ADの仕事は、ほかの仕事で役立つ能力・素養を育てているんだよ。たとえば、こういうもの。

  • 場を見て動く力
  • 能動的に仕事をする(しようとする)ことができる
  • 人のサポートが得意
  • コミュ力

基本的に多くのサラリーマンの仕事は、受動的なんですよ。上司に指示されて仕事をすることがほとんどだから、能動的に動こうとしなくても最低限は生きていけます。ただ、能動的に動ける人のほうが上司から好かれるし、出世もできるんです。

たとえば営業職なら積極的に外回りをしたり、積極的に自分から「あの地区の営業は私が引き受けます」と上司に進言したりすることでほかの人よりも稼げるようになります。それで成功するかは置いておくとしても、「能動的に動こうと思える」だけで一種の能力なんですよ。

だって、それができない人は多いんだから。

また、ADとしての経験から「サポート業務」に対する適正があると判断されます。たとえば、事務系の仕事がいいなあと考えているのなら、営業事務が向いているんですよ。営業職のサポートをする、言わばアシスタントディレクターのような仕事だから。

コミュ力があると判断されるのも、転職活動では強いですね。

実際の能力が伴っているともちろん強いけど、イメージだけでもADは好感触だと思います。転職先もいろいろ考えられるし、面接の受けも決して悪くはないんだから、転職できないわけがないじゃないか!

ADで培った能力を活かせる転職先を探そう

  • 営業職
  • 営業事務
  • 接客業やサービス業
  • WEB業界

個人的にオススメな仕事を考えてみたら、上の四つが浮かびました。

能動的に動く意識が身についていることから、営業職は本当にオススメです。給料も良くなるし、何より能動的な人ほど成功する仕事ですからね。ADと大きく異なるのは、サポートする側というよりも最前線で利益を生み出す側に回るということです。だからこそ、ADの仕事の不満を解消できるということもあると思うし、楽しいこともあると思います。

また、能動的に動く・場を見て動くということなら、各種接客業やサービス業も転職先に入りますねえ。

接客とサービスの基本は「周りを見て適切に、能動的に動くこと」ですから。

能動的に動くことよりもサポート業務の経験を活かしたいのなら、事務系が視野に入れられるけど、一番オススメしたいのはさっきも紹介した営業事務です。最前線で働く営業職のサポートとして、営業所内で書類整理・作成や電話対応などを行います。一般事務よりは給料が高い傾向があるため、給料の面からもオススメですよ。

WEB業界というのは意外かもしれませんが、最近はテレビ業界もWEBを気にすることが多いためか、テレビ業界からWEB業界への転職を考える人は少なくありません。WEB業界にもディレクター職はありますし、勉強すれば未経験だとしても受け入れるという土壌が業界全体にあるから、比較的転職先にも選びやすいでしょう。

地固めが固い!

勉強し続ける意欲があれば、WEB業界は楽しいと思いますよ。

僕が思いつく限りでも、これだけの転職先があるんです。転職エージェントに聞いたら、たぶんもっと多くの転職先の候補を見出してくれると思います。ADを辞めたいのなら、アシスタントディレクターの経験を活かせる仕事を探しましょう!