わかる…!

8時間労働、よく考えたら1日の3分の1だぜ? 実際には24時間起きているわけではないから実質1日のほとんどの時間働いているということに…異常かも。週5日も働きたくないというのもそうですよねえ。1週間の7割だからね、週5日労働。

週5日・8時間労働は長すぎる! これは辛い。

そんな8時間労働は長い、週5日も働きたくないというあなたに働き方をアドバイスしようじゃないか!

「甘えている」という人もいるけれど

8時間労働は長すぎるとか、週5日も働きたくないとか言うと、「みんな残業とかしてもっと働いているんだ。甘えるな!」という反論が返ってきます。この反論は大多数から見たらごもっともな話なのかもしれないけれど、そもそも「日本の当たり前が長すぎるのでは」という疑問があるんです。

僕たち「日本の定時労働は長すぎる同盟」は、その根本に疑問を持ったんだ!

確かに世間一般から見れば、ごくごく普通の勤務時間なんですよ。

しかし、苦痛を感じるものや度合いには個人差がありますよね。大多数が当たり前のようにこなせていることも、辛いと感じる人がいるんです。その気持ちを甘えと一蹴することは、傲慢だと僕は思います。

そういう頭ごなしに「甘えだ甘え」という人の意見には、耳を貸さないほうが人生幸せです。僕は「甘えだ」という言葉が嫌い。それは、集団同調圧力とか精神論とかの塊みたいなもので、旧態依然とした考えのように感じるから。

ただ、辛いと嘆くだけでは何も生まれないし始まらないとは思います。

辛い現状を変える方法を、模索しなければ…!

正社員でフルタイムから逃れるのは難しい

正社員というと、日本国内の企業はほとんどが週5日・1日8時間労働のフルタイムなんです。労働時間を短縮したり、週休3日を正社員に適用している会社は皆無に等しいくらいありません。

もっとフレキシブルに働ける世の中になればいいのに、とは思うものの、それが実現されるのはどれだけ先の話になることやら…。現時点でフルタイム勤務が辛い人が現状を変える方法は、正社員という働き方を見直すことくらいしか無いと思います。

フレックスタイムというものが存在するものの、基本的には週5日勤務が求められますしね。

それに、フレックスタイムを悪用して残業代をごまかす企業も多いし、日本だとまだまだフレックス=短縮労働とはなっていないように感じます。

考えてみて欲しいことがあります

あなたが今、週5日・1日8時間労働が長すぎると感じている理由です。

そもそも「どんな仕事だとしても、労働時間が長い」と感じている人と、「今の仕事が合わないから労働時間が長いと感じて辛い」という人と二種類いると僕は思うんですよ。

前者ならもう正社員という働き方を見直すくらいしか逃れる方法はありませんが、後者なら自分に合う仕事に転職するだけで逃れられる可能性が高いです。合わない仕事をするとそれだけで辛いし、時間も異様に長く感じてしまうものですからね。

もしもそのケースに当てはまるんだったら、転職エージェントに登録してキャリアコンサルタントと一緒に自分に合う仕事を探しましょう。

僕から「自分に合う仕事の見つけ方の目安」をお教えしますね。

それは――。

「自分にできる仕事」「好きとまではいかないが、興味がある物事」「人の役に立つこと」

好きなことだけでは仕事にならず、自分にできる仕事じゃないと辛いだけ。人の役に立つという実感が自分の誇りになり、職業人として働く意味になる。この三つが全部合致した仕事があれば、それがあなたの天職です。

参考にして、転職先を探してみてください。

転職で天職を見つけたら、今の辛い気持ちはかなり変わりますよ。

時間的自由と収入はトレードオフ

働き方を変えて時間的自由を手にしたら、収入は今より下がります。

たとえば週4日労働をして1日5時間程度働いたとしたら、収入は20万円以下になる可能性が高いです。もちろんそれでも稼げる仕事はあるにはあるものの、ナイトワーク系がほとんどというのが現状なんですよ。

昼に健全に働こうと思ったら、時間的な自由と収入はトレードオフです。

正社員という働き方を変える前に、それだけは覚悟しておいてください。

正社員以外の働き方を、考えてみた

時間的自由がある働き方と言えば、アルバイトが基本だと思います。アルバイトには正社員や契約社員のような責任が無く、シフトは基本的にはこちらの自由です。もちろん職場全体に迷惑がかかるようなシフトは組めないし、契約時点で「週にこれくらいは最低働いてくれ」という要望はあります。

ただ、それでも正社員より圧倒的に自由なんですよねえ。

だからこそ、正社員じゃなくて敢えてアルバイトで稼ぐという人が出てくるわけです。

まあ、アルバイトで収入を増やそうと思ったら掛け持ちになるし、結局「曜日は自由にできるけど休みは少ない状態」になることがあります。「休みが多くても労働時間は長い」とか、「労働時間は短いけど休みがほとんどない」とかね。

こういう働き方は、「8時間労働が辛いだけで労働日数は関係ない」という人やその逆の人にはオススメです。

あとは…飽き性のため仕事の時間が長いと感じる人には、バイト掛け持ちで飽きをなかなか来させなくするという働き方もあると思いますよ。

また、パートという選択肢もあります。

パートはバイトに比べると時間的自由度は低いものの、収入は多くなりやすいです。フルタイムの求人が多いものの、週3~4日からOKという仕事もあります。そういう求人を探して応募するようにすれば良いでしょう。

派遣社員はほとんどが週5日・1日8時間勤務なので、あまりオススメしません。

在宅フリーランスは…スケジュール管理が苦手な人は、かえって休みが少なくなりがちです。あと、信頼を培うまでは単価が低めに設定されていることがほとんどなので、最初のうちは稼ぐために仕事の時間を多く取る必要があるかもしれません。

諸刃の剣ですが、フリーランスとして働けるスキルがあればオススメですよ。

正社員以外の働き方を色々考えてきたものの、稼ごうと思えばどんな働き方も労働時間を多くしないと難しいんですねえ。日本社会は「どれだけ貢献したか」「生産性が高いか」よりも、「どれだけ長い時間働いたか」で評価するということでしょう。

週5日も働けないという人は、収入と勤務日数・時間との折り合いのつけ方を考える必要がありそうです。

逆に、そこをじっくりと考えて納得のいく答えを出せたなら、自分なりに幸せな働き方ができるのではないでしょうか。