40代で今の仕事・今の会社を辞めたい…
でも、転職していいものか正直迷う…

十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。

これは、有名な『論語』の中の言葉です。

四十歳になるとあれこれ迷うことがなく、五十歳には天命をわきまえて行動するということを孔子は昔論じましたが、実際現代においては40代でもまだまだ迷う方が多いです。

実際のところ、どうしてか40代になると突然離婚したり泥沼不倫をしてみたりする方が多いように思います。うつ病を発症したりと、精神的に追い詰められる時期でもあるのでしょう。

「あの人がまさか!?」ということが、40代男性には起こりえるわけです。

実際、僕の知り合いやかつての上司にも、仕事にプライベートにと迷っている人が大勢いました。急に転職をした人もいます。

今は八十年から九十年は生きると言われていますから、40代は人生の折り返し地点。

まだまだこれからなんですよね。40歳になった途端「もう半分まできたのか」と達成感に包まれ、一息つく。同時にこれまでの疲れなども襲ってきて、先述したようなことになるのかもしれません。

人生のエアポケットであり、ちょっとした真空なんでしょう。

そんな40代の方の転職活動について、転職経験者の目線であれこれと考えてみました。

そもそも40代で転職は可能?

「今の会社を辞めたい!」という考えに至った40代の方の多くが次に悩むのは、「この歳で転職できるのだろうか」「今の職場で我慢しておいた方がいいんだろうか」ということです。

環境を変えるということは、どの年代でも不安なものです。特に今の会社に長くいる方だと、その不安も一際大きいのではないでしょうか。

結論から言わせていただくと、40代でも転職はできます。

ただし、20代の頃のようにすんなりと…とはいかないかもしれません。

しっかりと転職活動について考えて、対策を立てていかなければ失敗してしまう可能性が十分にあります。

どのように対策を立てればいいのか、その作戦を考えるお手伝いができるようにこれから「転職ガイド」を紹介しましょう。

使うべきツールを見極める

転職活動に使うことのできるツールは、ハローワークの他にも色々あります。

求人情報が多数掲載されている中から、自分で選んで応募する転職サイト

多数の求人情報を掲載していながらも、転職活動のサポートをしてくれる転職エージェント。現在転職者たちの中で主流となっているツールは、この二つです。

僕が転職活動をしたときは転職エージェントにお世話になったので、僕としては転職エージェントをオススメします。アドバイスやサポートが受けられますし、場合によっては条件交渉をしてもらうことも可能です。

担当キャリアコンサルタントが求人探しをしてくれるので、仕事をしながらでも求人情報が得られます。

僕は、転職エージェントを10社くらい使いました。 使いすぎだろうと言われそうですが、確 […]

転職サイトの方が使いやすいという方もおられれば、転職エージェントに頼りたいという方もおられるでしょう。ご自身のスタイルにあったツールを選んでみてください。そこから、転職活動は始まります。

ただ、転職エージェントを使うならキャリアコンサルタントに頼り切ってしまうのはいけません。

自分自身で戦略を立てて、キャリアコンサルタントと協力して転職をするというスタンスで望みましょう。

会社の将来性が不安な方へ

会社の将来性が不安だとか、今より良い条件で働きたいという方は、今と同じ業界・職種で働きたいと考えている方が多いのではないでしょうか。40代になると業界の経験も長くなって、その業界の事が色々と見えてきますよね。

また、自分がいる会社の事情というのも見通せるようになるでしょう。

そこで、多くの方が会社の将来性を危ぶんで転職を志しています。転職市場調査によれば、40代の転職理由第一位が「会社の将来性が不安」で、割合としては全体の17.7%もおられるとのことです。

会社の将来性が不安であるならば、今より安定した会社に転職したいと考えるのが筋というものでしょう。

同じ業界・職種であれば、40代からの転職は決して不利ではありません。その業界や職種での経歴が長ければ長いほど、有利になります。会社が即戦力を欲しているのであれば、若者よりも経験豊富な30代や40代を採用したいと考えるでしょう。

そのような会社を狙っていけば、転職はしやすいです。

即戦力を欲している会社の求人を、転職エージェントのキャリアコンサルタントにそのような求人を探して貰うように依頼するのが良いでしょう。コンサルタントと協力するというのは、こういうことです。

また、同じ業界・職種に転職をするとしてその後のポストについても考えておかなければなりません。

現在と同じポストを欲するのか、とにかく安定性重視でポストは重視しないのか…。

同じポストを欲するなら、その候補者を募集している求人に的が絞られます。ポストは重視しないなら給料が今より下がり過ぎないよう、給料の下限を考えておくことが大切です。

ポストを重視しないほうが短期決着が望めるでしょうが、その分給料が下がる可能性は否めません。給料とポスト、そして会社の安定性全てを望むのであれば長期戦も覚悟しておいた方が良いでしょう。

また、そのような複数条件をかなえたいということであれば、サポートが受けられる転職エージェントの利用をオススメしますよ。

ただ、僕としては「転職をして肩書きが下がったとしても気にしないほうがいい」と考えています。役職や肩書きというのは個々の会社がそれぞれの基準を設けて、それに基づいて「この人なら任せられる」と勝手に判断して付与しているに過ぎません。

それより大切なのは給料が下がらないことです。

安定・肩書き・給料三つ全てを求めるのは、やはり難しいでしょう。肩書きというのは最初から付いてくるものではありませんから、まずは安定性と給料の二つを希望条件として転職をし、入社後に肩書きが得られるよう努力をするというのが順当です。

他にやりたい仕事がある方へ

40代から異業種は難しいのではないかと思われるかもしれませんが、先ほど紹介した転職理由ランキングでは40代の転職理由第二位が「他にやりたい仕事ができた」となっています。それだけ多くの方が、異業種への転職に挑んで成功しているということですよね。

ただ、未経験の異業種への転職をする際に注意すべきポイントがいくつかあります。

まず、当然のことですが給料は著しく下がるでしょう。新卒よりは高い給料が得られるかもしれませんが、それでも新卒の給料に毛が生えた程度となる可能性が大きいです。

現在の職種に通じる仕事であればそれほど下がらないかもしれませんが、まったくの異業種だとキャリアが振り出しに戻るため給料もまた振り出しに戻ります。

当然、上司が年下であることも覚悟していなければなりません。

年下の上司との関係性は難しいらしく、僕の知り合いも「年下が偉そうに…」と嘆いていました。悔しい思いをしてでもその仕事がしたいということでなければ、異業種への転職はあまりオススメできません。

その知り合いは結局、悔しさに負けてその仕事を辞めてしまいました。

そうならないように、心積もりはしっかりとしておいてくださいね。

また、40代で異業種への転職は同じ業種での転職に比べて難しいです。一ヶ月・二ヶ月程度で転職活動が終わらないことも覚悟しておきましょう。一年はかかるつもりでいる方が良いかもしれませんね。

そのため、仕事をしながら転職活動をするのが定石です。

以上の覚悟が出来たら転職活動を始めることになりますが、異業種への転職はアピールポイントを見つけることが肝心だと僕は考えています。今の仕事で培ってきた経験やスキルの中から、次の仕事で役立つであろうものをピックアップしていきましょう。

自分ひとりでその作業を行ってもいいですが、転職エージェントを利用する場合はキャリアコンサルタントにも協力してもらうのが得策です。自分だけでは見つけられないアピールポイントも、他人なら見つけられます。

40代の転職には「覚悟」と「他人との協力」が必要不可欠

40代で転職活動を成功させるには、やはり覚悟と他人との協力が必要不可欠です。よくある転職理由から転職ガイドということで僕の考えを語ってきましたが、全てはそこに繋がっています。

プライドがあるかもしれません。大変かもしれません。

それでも、本当に「転職したい!」と思っているのであればあらゆる覚悟をして他人を頼りましょう。