「SEの定年は35歳だ」

世間で囁かれている年齢から5年以上の歳月を重ね、気づけば40代。SEの定年35歳説に苦笑いしながら「そろそろ辞めたいな」と思い始めているものの、長年勤めてきた仕事を辞めてもいいものかと二の足を踏んでしまう。

そのような人は、多いと思います。

40代からの転職というのはSEに限らず躊躇してしまうものです。新卒からずっとSEを続けているなら、20年近く同じ仕事を続けてきたことになります。

長年続けてきた仕事を辞めるのには、大きな勇気が必要。ただ、僕は長年続けてきたからこそ「辞めたい」と思ったときが辞め時なのだと思います。

「それはどういうことか」と、色々な疑問もあるかもしれませんね。

40代のSEからの転職について、もう少し考えてみましょう。

40代の転職は難しいのか?

正直言うと、難しいです。

20代と比べるとそれはもう圧倒的に…特に職種を変えるとなると大変ですよ。30代と比べてみても、やはり難度はとても上がってしまいます。

ただ、難しいけど、不可能ではありません。

世の中には40代過ぎて転職している人なんて山ほどいます。それどころか定年後にネクストステージを求めて未経験の仕事をしてみるという人も、いるんですよ。そういう人たちが口を揃えて言うのが「今までやりたかったけど諦めてきたことを、やりたい」ということ。

40代を超えると、人生も折り返し地点になります。だからこそ「過去にやりたかったこと」を思い出す人が多いんです。思い出したら居ても立ってもいられなくなって、思い切って仕事を辞めてチャレンジするという人が大勢います。

「人生の折り返し地点の今だから、やらないと!」

だって、あと40年生きるかもしれないんだから。

勇気を捻り出して、ネクストステージに進みましょう…とは、僕からは言えません。それは「人生を賭けてでもやりたいことがある人」の理論ですから。

30代の人に対して「少し挑戦してみたいんだけど」という程度でも「進め、勇気を持って!」と激励しますが、40代となると話は変わります。

人生を賭けてでもやりたいことが無い場合、SEから転職しやすい仕事に進むしかありません。

SEから転職しやすい仕事とは?

SEから転職しやすい仕事は、SE以外のIT関連職です。

40代なら、豊富な経験を活かして「ITコンサルタント」になるという選択肢があります。実際のシステム設計や構築を行うSEと違い、ITコンサルタントは上流工程。実際にコーディングすることはありませんが、高いIT知識と問題解決力が必要とされます。その分収入も高いです。

SEからのキャリアアップとして、考えると良いでしょう。個人的に一番オススメなのがITコンサルタントです。

また、WEB関係の仕事に就くという選択肢もあります。特にWEBデザイナーはSEの仕事と似ているため、ハードルは低めです。ただ、仕事内容やフローが似ているためにSEで感じていた不満を継続してしまう可能性もあります。

ITコンサルタントが一番オススメ! だけど実際どう?

SEからITコンサルタントを目指す人は、多いです。同じ業界の上流工程ということで、視野に入りやすいんでしょう。

SEからだと100万円以上の年収アップが望める場合が多く、中には300万円もアップしたという人もいます。年収アップを夢見て、多くの人が転職を試みるわけです。

また、若手ならITコンサルタントに転職することでキャリアパスが広くなるというメリットもあります。

ただし! メリットが多いITコンサルタントを目指すには、条件があるんです。

エンドユーザーとの折衝経験と、マネジメント経験の二つがあること。上流工程なので、顧客と野折衝は基本的な業務になりますから、当然その経験が求められるわけです。SEとして長い間仕事をして職場で頼られる存在になると、そういう経験も多いと思います。

また、出来ればマネジメントの経験もあったほうが良いです。40代ならプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーを経験したという方も多いのではないでしょうか。そういった人は、その経験が無い人に比べて圧倒的に有利です。

以上二つの経験があれば、ITコンサルタントへの転職が望めます。

40代からの転職に必要なこと

転職先の職種が何であれ、40代の転職には必要なことがあります。

それは「プラスエネルギー」です。

転職をする際「マイナスエネルギー」を原動力とする人が多いんですよ。会社や仕事に対する不満や不安から転職をするという人は、ほとんどがそうではないでしょうか。「この仕事のこういうところがキツイ・嫌い」とか「会社のこういうところが…」とか。

ただ、そういうマイナスの原動力は転職を難しくします。

特に40代から未経験の仕事への転職となると、会社側は「仕事を吸収できるかどうか」が不安になるんです。マイナスの原動力を少しでも感じると、その不安が強くなってしまいます。この人は消極的な理由で転職をしているから、不安だと。

その不安を払拭するには、信頼してもらわないといけません。

何を?

「必死に仕事をがんばる」という意思を。

この人なら必死になって仕事を覚えてくれるはずだという信頼を得るには、プラスの原動力が必要です。たとえばITコンサルタントに転職する場合、転職者に「上流工程に関わりたいという強い意志」が感じられれば、会社側は安心してくれます。

じゃあ、そういったプラスの原動力を相手に伝えるにはどうしたらいいか?

志望理由を全てポジティブな内容にすることと、自分自身に暗示をかけることによって伝えることが可能です。

人事は面接のプロですから、口先だけポジティブにしても内心にマイナス原動力を持っていれば見抜いてきます。心の底から強いプラスエネルギーを感じられないといけないんです。そのために、「今の仕事が辛いから転職するのではなく、この仕事がしたいから転職するんだ」と自分の心に暗示をかけましょう。

不思議なもので、常にその意識を持つことでそれが本心になります。

「この人のことが好きなのか?」と意識し始めたら、本当にその人のことが好きになったという経験はありませんか? 欲しいと思わなかったものでも人が「これいいよ」としつこく勧めてきたら、結局欲しくなってしまったという経験は?

それらと同じことです。

「俺はITコンサルになりたい! WEBデザイナーになりたい!」

その思い込みが、40代でSEから転職をするために一番必要なもの。あとは自分の進むべき道を見つけて、その道をひたすらに進むだけです。自分に出来る仕事を探して、プラスエネルギーを持つことで40代の転職は可能になります。

難しいことを難しくするのは自分自身、可能にするのもまた自分自身!