30歳を境にして、SEを辞めるかどうか悩む人は多いです。

「辞めたい!」と強い気持ちを持って辞める人もいれば、「辞めるべきか」と思って辞める人もいます。30代はどの仕事をしていても「今後のキャリア」を考え始める年齢ですから、辞めたいと思うのは当然と言えば当然でしょう。

ただ、「辞めてもいいのか? 辞めてどうするんだ」という葛藤もあると思います。

そこで、30代で仕事を辞めたくなっているSEがどうすべきかを、僕なりに考えてみました。

SE辞めて、何がしたいかを考える

SEを辞めたいと思う理由は、たくさんあると思います。激務で体力がもたないからSEから管理側に移行したいとか、デスマーチがあってしんどいからとか…。ただ、そういう理由はなんとなく後ろ向きですよね。

30代の転職で大事なのは「体力がしんどいから辞めよう」とか、そういう後ろ向きな発想ではありません。

自分は何がしたいのか、です。

30代で未経験転職をするとなると、大きな壁が立ちはだかります。それは「この人は積極的に仕事を覚え、吸収できる人だろうか」という、採用側の不安です。それを払拭するのが「仕事に対する情熱」。情熱を感じれば、この人なら大丈夫だろうと採用側からすれば安心できます。

ただ、情熱が無いと分かれば即NGが出るんです。

何か情熱を注げるような仕事はありますか? やりたいことはありますか?

「営業をやってみたい!」「フリーに憧れがある」「いっそラーメン屋とかやるの熱いと思う」などなど、自分が情熱を燃やせる「やりたい」と心から思えることがあるのなら、思い切って転職してしまいましょう。営業がやりたいなら営業職に転職すればいい、フリーになりたいならなればいい。

30代・40代になると、本当にやりたいことを諦める人が多いです。それで消極的な理由で転職をして、結局内定を得るのに苦労する。それは「情熱」が感じられないから、当たり前なんですよね。30代以降の転職を難しくしているのは、自分自身の意思なんです。

僕は、30代だからこそ自分のやりたいことをやるべきだと思います。30代は挑戦するのに最適な時期なんですよ。20代の頃より社会が分かっていて、40代より体力も記憶力もある。40代になると体力や記憶力などを考えれば挑戦するのは難しく、おいそれとオススメできません。

だから! やるなら今!

本当にやりたいという情熱があれば、受け入れてくれる会社は必ずある。情熱を燃やせる仕事なら、未経験でも仕事を覚えられるし必死になれる。だから、本当にやりたいことをするために転職すべきです。

「でも家族がいるから…」と渋る人は、自分の仕事より家族を優先している証拠なので、SEの仕事をキープするしかないでしょう。

SEが30代でフリーになる道はある?

個人事業主として会社に雇われ、常駐する形で仕事をするフリー。派遣会社経由でSlerなどに入って仕事をするフリー。自分で屋号を掲げてビジネスを始めるフリー。SEから独立するには、それら三つの道があります。一番多いのは会社に個人事業主として雇われるタイプでしょう。

ただ、「SEの仕事を辞めたい」人には、もうひとつの道もあります。

SE仲間を募って人材派遣ビジネスをスタートする道です。人材派遣ビジネスはSEを会社に送り込むビジネスで、事業所も不要で比較的ローコスト低リスクで始められます。人脈がたくさんあれば、面白いビジネスになるでしょう。

SEを続けるならフリーになる道はたくさんあるし、SEの仕事をやめる場合にもフリーになる道はありますよ。

挑戦挑戦と言っても難しくない? 成功率を高めなきゃ!

僕は「挑戦しようぜ! 情熱燃やせるなら転職してもいいぜ!」と語ってきましたが、実際挑戦するのは簡単ではありませんよね。難しいと言い切れませんが、簡単とも言い切れません。挑戦するのにも勇気が必要なものです。

だから、成功率を高めましょう。

例えば、転職エージェントに登録することで成功率を高めることができます。豊富な情報や知識を、担当のキャリアコンサルタントから得られるから成功率が上がる。応募書類や面接のアドバイスをしてくれるから、成功率が上がる…。

転職エージェントを使えば、いろんな方向から転職成功率を上げることができます。

あなたの挑戦したいという気持ちを汲んで、一緒に道を模索してくれるでしょう。相手も人間です。情熱を持って挑戦したいという強い熱意のある人には、自然と熱の入った転職支援をしたくなるもの。挑戦したい理由などを明確に語れば、力になってくれると思います。

また、自分がやりたい仕事に関する情報を自分でも集めてみましょう。

具体的な仕事内容や必要とされるスキルや知識などを知り、自分の能力の中で役に立つものが無いかを探るんです。面接時にそれをアピールすることで、転職成功率を上げることができます。転職後のミスマッチを防ぐことにもなりますしね。「やりたかったけど、実際はイメージと違った」ということもありますから。

そうやって成功率を上げる取り組みさえすれば、挑戦も決して不可能ではなくなります。

30代でSEを辞めるなら、自分が情熱を燃やせる仕事を探して成功率を高めるための取り組みをしてください。他にやりたい仕事が見つからないなら、他の仕事をしても辞めたくなるだろうから、SEを続けるのが一番いい手ではないでしょうか。