30代で未経験の仕事に転職することは無理じゃない!

ただし、難しいということは事実です。20代の頃と比べれば能力は確かに衰えてしまいますし、30代の転職者に企業が求めることと未経験転職がしたいということとは、食い違ってしまいますから。

無理じゃないけど難しい30代からの未経験転職…。

それを成功させるための方法などを、じっくり紹介しましょう!

対策をしっかりすれば30代でも未経験の仕事への転職に成功する!

30代から未経験の仕事に転職し、成功を掴むには転職をするための対策をしないといけません。段階的に対策することによって、転職成功の確実性は上がる! 就きたい仕事が決まっている人もそうでない人も、しっかり対策しましょう。

対策1.まず、どうして30代未経験が難しいのかを知ろう

まず、どうして30代からの未経験転職が難しいのかを知ることが大事です。これを知ることで、対策方法も見えてきます。

30代からの未経験転職が難しいのは、企業が30代未経験者の採用に積極的ではないから。じゃあその理由は何なのか? 箇条書きにしてみました。

  • 30代は給与ベースが高くなってしまうため
  • キャリア形成に不安があるため
  • 新しいことを覚えられるの? という疑問があるため
  • そもそもどうして今更…と思ってしまう
  • 柔軟性が無さそうだから

給与ベースというものが、企業にはあります。多くの会社には、20代より30代のほうが高くなるような給与ベースが設計されているんです。そのため、30代を採用するにはコストが高くなってしまうということから「即戦力が欲しい」というのが企業の本音ということ。

じゃあ「20代並の給料でいいよ」となるかもしれないけど、企業としてはあまりそういうことはしたくないんです。

年功序列的な考え方が若干残っていて「経験が無い」と知っていても、30代に20代の給与を与えるというのには消極的になってしまいます。それに、イレギュラーを作ると後々面倒なことになるという日本的日和見主義もありますからねえ…。

だから、企業からすると30代未経験者というのは少しめんどくさいんです。

また、新しいことを覚えられないだろうという不安や、特に30代後半からだと長期的なキャリア形成が難しいのではないかという不安もあります。

あとは「どうして今更未経験の仕事に挑戦するのか」という疑問ですね。これに関しては、未経験の仕事に挑戦したい理由や、「その仕事がしたいんだ!」という熱意などを明確に語ることで解決します。

柔軟性に関しては、エピソードを交えてアピールするしかないでしょう。

対策2.未経験だけどキャリアは活かせないだろうか? 考えてみよう

未経験の仕事だとしても、今までのキャリアや経験を活かせるケースがあります。同じ業界の違う仕事ということなら特にそうだし、仮に業界が異なっていたとしてもそういうケースはたくさんあるんです。

たとえば、営業職からタクシー運転手になるとします。

営業職として培ったビジネスマナー・コミュニケーション能力は接客に活かせるし、営業力を成績向上に結び付けることができるというアピールもできるでしょう。

就きたい仕事が決まっているかどうかに関わらず、まずは自分のキャリア・経験・能力の棚卸をしてみてください。それに合う仕事を探したり、興味がある仕事の中からそれらを活かせる仕事を探したりすると転職を成功させやすくなります。

対策3.やりたい仕事に関する資格取得も視野に入れよう

やりたい仕事に関する資格があるなら、取得するのも手です。

資格を取得しなければ働けない仕事をするなら当然取得しないといけません。ただ、そうじゃなくて「この資格を取れば仕事に役立つ」という資格があるなら、取得するに越したことはありません。

資格取得のために勉強をして新しいことを覚え、実際に資格を取得するという結果を出した。

そのことが30代未経験者に対する「新しいことを覚えられない」「柔軟性がない」などの不安を覆すことになり、転職を成功させやすくなるんです。また、資格自体が転職を有利にしてくれるので一石二鳥!

転職後の給料も違ってきますよ。

対策4.転職エージェントを使おう

最後の対策ポイントは、転職エージェントです。

転職エージェントを使うことによって、そもそも採用されやすい仕事も教えてくれるし、希望職種がある場合はその職種の求人の中から可能性が高いものを教えてくれます。転職の相談もできるし、自分の適正年収もわかるし…。

30代前半・30代後半関係なく、未経験の仕事に転職したいなら必須のサービスです。

30代から未経験でも転職しやすい業界・職種をまとめてみた

もうすでに就きたい仕事が決まっている人もいるかと思いますが、「とりあえず未経験の仕事がしてみたい」という人も多いと思います。そういう人に向けて、30代からでもできる仕事をまとめてみました。

タクシー・バス業界は、人材不足にあえいでいます。

特にタクシー業界は高齢化が凄まじく、30代だとしても若手扱いです。タクシーに乗るには第2種免許が必要ですが、「第1種免許取得から〇年」という条件を満たす人には2種免許の取得を支援するという求人がたくさんあります

バスドライバーは大型2種免許を自分で取得する方法もありますし、会社の養成制度を使う方法もあります。

養成制度のある会社は、免許取得費用を負担してくれることも多いので、養成制度を使うのが一番いいですね。

タクシーもバスも未経験から挑戦しやすく、面白い業界ではないでしょうか。

製造業は職種にもよりますが、年齢制限があまりないことが多いです。アーク溶接特別教育やガス溶接技能講習を受けておくと、溶接関係の作業ができるようになり、選択肢の幅が広がります。

飲食は30代からでもキャリア形成をしやすく、出世も望める業界です。調理の部門から独立する人も多いし、そのまま雇われ店長などになる人も多数います。

運送は運転免許があれば転職は比較的簡単、警備は資格不要で年齢も経歴も不問という会社が多いです。

あとの仕事に関しては、定番ですよね。介護の場合、資格は働きながら取得することになります。30代なら若手なので、重宝されますよ。

30代で未経験職種への転職に成功させる方法のまとめ

30代で未経験の仕事への転職に成功させる方法と、おすすめ職種を紹介してきました。

結局のところ、未経験の仕事に転職したいなら「その職種に対する強みを見つけること」と「資格取得をすること」の二つが大事なんだと思います。

30代未経験者に危惧されていることの多くは、それだけで覆せる。

あとは仕事選びですね。その仕事に就きたい理由を明確に話せるよう、本当に興味が持てる仕事の中から選ぶことが大切です。

以上のことにさえ気を付けていれば、30代からでも未経験の仕事に転職して成功を掴める! 臆することなく挑戦して、自分の人生をどんどん面白くしていきましょう。