絶対に訴えてやる!

残業代を出さない会社は、絶対に許せません。「訴えること」の重大性は、とても良くわかります。実際には泣き寝入りする人が多い現状が、ブラック企業の心を肥やすんですよね。訴える人が少ないから、残業代未払が蔓延する。

請求も大事!

だけど、あれの方、大丈夫? 準備、できてますか?

残業代の出ない会社を訴えるには

詳しく語るとキリが無いので、僕からの説明は簡潔にとどめます。

最初に、証拠を集めてください。論より証拠ですからね。「証拠と言われても何がいいかわからない」という方は、とりあえず「雇用契約書」などの労働条件や就業規則が記載されている書類と、タイムカードや勤怠記録など始業・終業時刻を証明する資料を集めましょう。

就業規則とタイムカードを照らし合わせ、実際の残業時間を計算して「実際に支払われた残業代とかみ合わないではないか!」というわけですよ。

その後、会社と直接交渉したり通常訴訟や労働審判などによって残業代を請求します。

「証拠があるから訴えてやる! お前らに勝ち目はないぞ!」と言うと、賢い会社なら訴訟や労働審判に持ち込まなくても支払ってくれるかもしれません。コンプライアンス無視を会社全体で行っているようなバカな会社だと、それでも支払わないでしょうが。

そうなったら、訴訟に持ち込むのもアリですね。

ただ、未払残業代請求は2年で時効が来るということに注意してください。

「まだよくわからない」という方は、労働問題弁護士ナビの労働問題コラムを見てみることをオススメします。近くの弁護士を検索することも可能、弁護士に悩みを投稿することも可能な便利サイトです。

訴えることより大切なのはアレの準備

訴えるということは、とても大変なことです。リンク先の記事を読んでもらった方には、なんとなくその大変さがわかってもらえたかと思います。

残業代が出ないことに対する訴訟に関して説明するだけで、あれだけたくさんの項目を語らないといけないわけですから。

また、書くのは簡単だけど、実際するとなると難しいです。

証拠集めすら、ままならないことが多い。

タイムカードが捏造されている会社も少なくはないし、業務用メールは定時後使わないことをルールとしている会社もあるでしょう。実際の退社時間を証明できたとしても、「勝手に残っていただけ」「遊んでいたのでは?」などと言われれば言葉もありません。

証拠がたくさんあれば有利だけど、無ければ労働者の不利です。

当然、訴えるには時間もお金もかかります。

僕としては、「訴えることも大事」だけど、「転職の準備をすることがもっと大事」だと思うんですよ。訴訟の勝ち負けに関わらず、どの道仕事を辞めたいわけじゃないですか。辞めたいというか、辞めることを決めているから訴訟を考えているんでしょう?

訴訟も大事だけど、失われた過去は取り戻せません。

訴訟に労力と意識を向けることによって、転職活動が疎かになってしまえば本末転倒です。両方成功させなければ、未来はありません。残業代を取り戻すことが出来たとしても、その先の未来が暗ければ無意味です。

どの道、残業代を取り戻したら転職するのだから、準備だけでもしておきましょう。

残業代が出る会社に転職するには?

残業代が出る会社に転職するには、転職エージェントを利用するのが効果的です。

求人情報を見るだけだと、残業代の有無なんてわかりません。求人情報は企業が考えるものだから、残業代を出さないなんて書くはずがないですよね。実際の残業時間も残業代も霧の中に隠し、自らをよりよく取り繕う企業が多いです。

だからこそ、転職エージェント。

転職エージェントを使うと、求人情報に掲載されていない実際の情報を知ることが可能なんですよ。彼らは求人掲載企業のことを、調査していることがあります。「どんな雰囲気のオフィスか」「コンプライアンスはどうか」などの情報を、データとして保有しているんです。

だから、「残業代の有無」もわかる。

残業代が出る会社なんて当たり前の条件だけど、その条件を伝えることによって残業代を出さないブラック企業を避けることができます。それに、彼らは「転職を成功させる」ことを目的としているから、そもそも明らかなブラック企業はオススメしてきません。

それでも「まだ信用するには足りない」と思うなら、口コミサイトを併用しましょう。

オススメされた求人先企業の評判を調べることによって、残業代の有無やブラックかホワイトかなどがわかりますよ。

また、「訴えたい」と思っている人だからこそのメリットもあるんです。

「求人をメール紹介してくれること」

訴訟の準備と転職準備を並行する場合、訴訟の準備で忙しくしている間に、担当キャリアコンサルタントが頑張って求人を探してきてくれます。時間が空いたときに求人を読み、「応募するかどうか」を決める。応募後の選考日時も、キャリアコンサルタントが交渉してくれます。

それに、訴訟の準備の合間に求人を読むことによって、訴訟と転職両方のモチベーションが保てるのではないでしょうか。

僕は「転職準備」の後に「訴訟の準備」を勧めましたが、同時にやることも転職エージェントを利用すれば無理ではないわけです。

訴訟も転職も味方が重要

訴訟をするとき、僕は弁護士を付けることをオススメします。弁護士を付ければ、簡易裁判に持ち込まなくても未払請求が成功する可能性が高いです。弁護士のアドバイスがあれば、証拠集めも捗りますよ。

「こんなものが証拠になるなんて思わなかった」という盲点的なものも、中にはあるでしょうからね。

それに、弁護士という強力な後ろ盾が居れば会社も「事の重大さ」を理解するはず。残業代を出ない会社を訴えて、未払い残業代が戻れば、人によっては弁護士費用を差し引いても大きな利益になるでしょう。

そこで得た「未払い残業代を勝ち取ったという経験」と「未払いだったお金」の両方の利益によって、転職先企業でまた心機一転頑張ることが出来ると思います。

訴訟も転職も、心強い味方が非常に重要。

訴訟などと並行して、転職エージェントを利用しましょう! それが、訴訟の準備をしながらできる最大限の転職準備だと思います。

失った過去は取り戻せないが、失った金を取り戻し、明るい未来と温かい懐を手に入れましょう!