残業代は出ないのが当たり前と語る経営者や上司陣は多いです。

ネットを見ていても、「残業代が出ないのは普通だ」とか「残業代を出したくない」とか経営者側の身勝手な意見を多数見かけます。中には「退職した社員に残業代請求された、訴えられた、怒りが収まらない」なんていう話も…。

無茶苦茶ですよね。残業代が出ないのが当たり前? 待て待て待て。

残業代が出ないのがおかしいんじゃーい!!

そもそも、残業代は払うもの

残業代が出ないのはおかしいと思う一番の理由は、労働基準法に反してないかということです。

労働基準法では、所定労働時間を超えた場合に残業代を支払わなければならないとしています。具体的には1日8時間を超える労働をした場合、1週間で40時間を超えた労働をした場合などですね。

たとえ休憩時間中の電話対応や来客対応、着替え時間や仮眠時間のために所定労働時間を超えたとしても、残業代は払わないといけません。これらは裁判で「労働時間だよ」と認められていますからね。

法律で決められていることなのに、払わないというのは筋が通らない。

だから、会社は悪知恵を働かせるんです。

管理職にしてしまおうとか、みなし労働制にしてしまおうとか…。ただ、管理職で残業代を支払わなくても良いというのは難しい問題で、人件費を抑えるために管理職に任命するという場合には十中八九「残業代を払わなければならない」んですよ。

もう少し詳しく、管理職やみなし労働制について説明します。

名ばかり管理職には残業代を払わなければならない

残業代を払わないという目的で、悪戯に管理職に任命する会社があります。この場合のほとんどは実際には管理監督者としての仕事をしておらず、名ばかりです。そんな名ばかり管理職の場合には、会社は残業代を払わないといけません。

名ばかりの場合、労働基準法に定められている管理監督者の基準に合わないんですよ。労働基準法で管理職として認められるための要件とされているのは、次の三つです。

  • 会社の経営方針・重要事項の決定に口出しをすることができ、労務管理上の指揮・監督権限を持っている
  • 出退勤等の勤務時間に関して裁量を持っている
  • 平社員と比べて、賃金等の待遇が管理職にふさわしいものであること

たとえば、管理職と言われながら会社の方針に口を出すことができないのなら管理職とは呼べません。管理職でありながら、平社員の頃と給料が変わらない場合にも、管理職とは言えないわけです。

だから、名ばかり管理職は管理職じゃないんだ!!

残業代払え! ということになりますね。

え? みなし労働認められないよ?

残業代を抑えるための会社側の悪知恵としてよく挙げられるのが、みなし労働時間制の導入です。

ただ、それもまた、認められない会社が多いんですよ。

みなし労働時間制が適用される範囲というのは、結構限られています。事業所外で業務を行うことがあり、なおかつ具体的な指揮監督が及ばないため労働時間の算出が難しい場合のみ適用されるんです。

携帯電話などで指示や命令を受けている場合は、労働時間を算出することができるため、みなし労働時間制は適用されません。

また、社内で訪問先や帰社時刻などを指示されて仕事をし、その後帰社するという場合にも適用されないんです。とにかく「労働時間の把握ができる」と判断されれば、適用範囲から外れることになります。

それだけじゃありません!

みなし労働時間制は、固定残業時間を過ぎたら別途残業代を支払わなければならないんです。

「みなし労働制だから残業代は絶対に出ないよ?」

そんなことを言う経営陣が居たら「経営者として甘すぎるだろ」と一蹴してやりたいですね。

残業代を出さない会社はダメだよ

ここまで法的根拠で語ってきましたが、ここからは個人的な意見が入ります。

僕は、残業代を出さないような会社は長くは続かないと思うんですよ。サービス残業の多くは部署独自で行われているものであって、会社側は残業代を払いなさいというスタンスでいます。特に大手の場合はそうです。怒られちゃいますからね。

それを部署の管理職があの手この手でごまかして、サービス残業させるわけだ。

ただ、意図的に残業代を払わないとする会社もあります。

そういう会社の言い分は「残業代を払わなければ、生産性が上がる」というものです。残業代を貰うためにダラダラ仕事をすることがなくなるから、みんな早く帰るようになるのではないかという理屈。

完全に同意はできないですが、一理はあります。

確かに、残業代を貰うためにわざと仕事をゆっくりする人たちもいますからね。そういう人たちは残業代が出なくなったら早く仕事を終わらせて、早く帰るでしょう。ただ、だからと言って残業代を無くしてしまうと社員の不満は募ります。

残業代が出ないことに納得できず辞めてしまう人が多いでしょう。

残業代を減らすということは人件費を抑えたいということですから、辞めた人員の補填も積極的には行わないと思います。残業代を出さないため社員は残業をしたがらなくなり、人員補填も十分に行われないため仕事量はどんどん減っていくでしょう。

そこで「サービス残業を無理にでもさせる」という方向になっていくのですが、そこでまた人がたくさん辞めていくわけです。

結果、会社は破綻します。

残業代を支払わないことは、様々な悪影響を及ぼすんですよ。

だから、会社ぐるみで「残業代を払わない」としている会社なんてダメだ! どうせすぐに危うくなりますよ。

残業代が出ないのはどう考えたっておかしいんだから

色々理由を語ってきたけど、残業代が出ないのはどう考えたっておかしいんですよ。僕がこうやって語らなくてもいいくらい、誰でもわかっているはずなんです。法律に「払えよ」と言われているのに払わないなんて、脱税と同じだ。

そんな会社や職場は、そう遠くない未来崩壊するでしょう。

特に今は徐々に「残業を減らそう」「サービス残業を根絶しよう」という動きが見えてきています。その動きを作り出した若者が社会人になり、その後ろ姿を見た子供たちが社会人になっていくんです。

今後ますます、サービス残業は減るでしょう。それどころか、残業自体も減るはずです。

今の会社にいても明るい未来は望めないだろうから、今の会社が崩壊する前に転職したほうが良いのではないでしょうか。

残業代が出ない会社にいると、心も体も疲弊して懐も寒いままです。残業代が出る会社に転職すれば、仕事に対するモチベーションも上がって心も体も温まり、懐も温まるでしょう。

転職エージェントを使えば、残業代が出る会社を絞ることもできます。

残業代が出ないのは、誰がどう考えてもおかしい! そう思ったのなら、じーっとしてないでドーンと行動してみようぜ!