イエスマンしかいない会社に未来はない!その理由と転職活動のポイントを解説

イエスマンしかいない会社で働きながら漠然とした不安を感じている人は多いと思います。

その不安は正しいです。イエスマンしかいない会社はとても危険なんです。

今回はその理由を語りつつ、同じ失敗をしないための転職先選びのポイントを掘り下げていきたいと思います。

イエスマンばかりの会社は組織崩壊の可能性大

イエスマンしかいない会社は、組織崩壊する可能性がとても高いと言われています。

組織を正しく運営するために重要なのは、アイデアと問題点・解決策です。イエスマンばかりだと新しいアイデアが生まれません。

上司の意見が絶対的という感じになって、若い人材のフレッシュな意見が職場から消えるんです。社長のイエスマンばかりになると、社長の絶対的ワンマンになります。

しかも、イエスマンばかりだと問題点とか指摘できないんですよね。問題点があったとしてもそのままGOしてしまい、解決すべき問題を放置したまま仕事が進みます。するとどうなるかというと、仕事が失敗する可能性が高くなるわけです。

そもそも、若い人材の意見が通らない職場に、有能な若い人材は育ちません。

有能な若い人材が育たないということは、今の上層部が年を食って衰えてしまえば会社組織は急激に弱体化するということです。十年後は、今の会社はもう潰れている可能性すらあります。

イエスマンしかいない会社に居続けるということは、自分自身の未来を蔑ろにしているのと同じです。

早めに転職しましょう。すぐに転職しないにしても、いつでも転職できるように転職活動を始めておきましょう。

イエスマンしかいない会社からの脱出!転職先選びのポイントは?

風通しが良い職場を狙おう

会社組織にとって大切なのは意見交換。

そして、意見交換が活発な職場で働くほうが圧倒的に楽しいんです。自分の意見が通るかもしれないとワクワクするし、やる気が出ます。

風通しの良い職場にはいろいろな特徴があります。

たとえば、若い管理職がいる会社とか、男女ともに活躍している会社です。

若い管理職がいるということは、若くして評価されている人が多いということ。若くして評価されるということは、その人の意見が通る余地があるということなので、風通しが良いと言えます。

男女ともに活躍している会社というのも、似た理屈です。

社長との距離が遠い会社を選ぼう

社長との距離が近ければ近いほど、みんなが社長の顔色を伺おうとしますよね。中には気さくな社長がいて顔色を伺うことをしない会社もあるかもしれませんが、稀だと思います。

普通社長が近くにいたら、下手なことは言えなくなるし社長の言うことになんでもイエスと言っちゃうのがサラリーマンの性です。

結果、イエスマンが量産されてしまいます。

中小企業の中でも小規模の会社に発生しやすい現象なので、中規模以上の会社を狙うのが得策ではないでしょうか。

ただ、小規模の企業の中でもベンチャー企業は比較的イエスマンが量産されにくいです。

社長のアイデアだけで成り立っているようなベンチャーも中にはありますが、ベンチャーは縦社会の重圧が他の組織より弱く、誰もが対等に意見を言うことで成り立っている節があります。そうじゃないと、ベンチャーは生き残れません。

奇抜・斬新・卓抜としたアイデアを出し続けることが、ベンチャーの生きる道だから。

基本的には中規模以上の会社を勧めたいんですが、小規模を狙うなら、ベンチャーがオススメですよ。

イエスマンになる道を選ばなかった自分に自信を持とう

イエスマンしかいない職場にうんざりしていると感じるあなたは、イエスマンの彼らよりも優秀だと僕は思います。

ビジネスマンには、確かに上の人の顔色を伺うことは大事なことなんです。上の人をうまく立ててやることができる部下というのは、出世します。ただ、人を立てることとイエスマンになることというのは似て非なることなんです。

そこを同一視する人は、優秀とは言えません。

優秀なビジネスマンというのは、上の人を立てながら自分の意見を言う人です。相手の顔を潰すことなく、相手の顔色を伺いながら自分の意見を言う。相手の機嫌を損ねたり、嫌味にとらえられたりしないように上手く。

そういう世渡り術というのは、イエスマンばかりの職場では学べません。

自分の意見を人に述べ、改善案をもらい、自分と同僚・先輩・上司とで高め合うことができる職場。そんな「将来性がある職場」を求めて、自信を持って転職活動を始めてください。

転職活動の方法については、以下の記事を参考にしてみてください↓

-仕事の悩み