受付の仕事は、女性にとって花形というイメージがありますよね。

人と関わる仕事でありながら「企業や店の顔」として重要な仕事をし、大きなやりがいを持って働くことができるのではないか? と、受付の仕事に未経験から転職してみたいという人は多いと思います。

そんな人のために、受付の中途採用に挑むにあたり、知っておくべきことをまとめてみました。

※受付の仕事ならではの大変さや退職理由 → 受付の仕事を辞めたい!悩みを解決できる転職先は?

そもそも受付の仕事とは?【仕事内容・給料】

受付の仕事はすごく表面化しているものの、表面化しているからこそ表面しか僕らは見えないし見ない。そもそも受付の仕事とはどういうものなのかを、裏の部分まで掘り下げてみましょう。

1.受付の仕事が活躍する職場と仕事内容

受付の仕事というと、次のようなものが思い浮かびます。

  • 企業受付
  • 美容室・ジム・フィットネススタジオのレセプション(受付)
  • ホテルのフロント

企業受付の仕事は、来客者の出迎えと取次をするだけではありません。お客さんを施設の中に案内してお茶を出す仕事、会議室の予約や電話対応・荷物の搬入出の手伝い・簡単なデータ入力などがあり、かなり業務の幅が広いんです。

一般企業で働くため、基本的にはその企業の定時で働くことになります。残業は入力作業が残っているときには多少なりともすることになりますが、基本的にはありません。休日は土日祝日と安定しています。

美容室・ジム・フィットネススタジオのレセプションの仕事内容は、電話対応・予約管理・受付・会計がメインです。場合によっては、スタッフの勤怠管理や備品の在庫管理・売上管理などのマネジメントの役割と事務の役割とを担うこともあります。

また、次回予約を促すことも大事な仕事です。レセプションは、リピーター獲得に命をかける経営陣にとって大切な職種と言えるでしょう。

ホテルのフロントの仕事内容は、予約管理・電話対応・チェックインとチェックアウト作業・データ入力が基本です。ときには備品の貸し出しや、周辺施設に関する問い合わせなども行います。

フロントの業務範囲はホテルによってかなり幅があるので一概には言えませんが、上記の仕事はどのホテルにもある基本業務なので覚えておきましょう。

2.受付の給料は大体どれくらい? 正社員もある?

企業受付の給料は、年収250~300万円の間が多いです。年齢層が20代中心とかなり若いのも特徴的ですね。給料よりも安定して定時で帰ることを優先する人たちに、かなりの人気があります。

また、僕の取引先に聞いた話では、制服がかわいいという理由で中途採用求人に応募する女性も多いそうです。

美容室などのレセプションの給料は、月給にして17~25万円、年収にして250~300万円と企業受付とあまり変わらない水準となっています。美容室の正社員の場合、ボーナスは美容師より少ないものの、店によっては見習い美容師より年収が高いこともあるんです。

ホテルフロントの給料は、ホテルの規模や業績・ランクによって大きく変わります。

平均年収250~300万円というホテルもあれば、平均年収800万円というホテルもあるんです。

受付の仕事の中では、ホテルフロントが最も給料水準が高いと言えるでしょう。

受付の仕事への転職を考えるときのポイント

受付の仕事と言っても職場によっては仕事内容が変わり、年収も変わります。受付に未経験から転職してみたいという気持ちが少しでもあるのなら、受付の仕事のことをもっと知りましょう。これが、受付の仕事への転職を考えるときのポイントすべてです。

1.受付に向いている人の性格は「落ち着いている人」

  • 物腰が柔らかい人
  • 落ち着いている性格の人
  • 感情的ではない人

以上のような性格の人は、受付に向いています。

受付の仕事にとって大切なのは、相手に不快感を与えないことです。そのために物腰柔らかな雰囲気が必要となるし、感情を表に出さない冷静さも必要となります。ただ、それは最低限のことでしかないんです。

不快感を与えないだけじゃなくて、相手の気持ちをほっこりさせることができればもっと良いでしょう。

そういうことができる人はクレーマーを生みにくく、逆にリピーターを生みます。レセプションやフロントには特に大切な素養です。

企業受付においても、その企業の評判を高める要因になるのではないでしょうか?

性格面以外にも受付に向いている人の特徴があります。

  • ビジネスマナーがある
  • 臨機応変に動ける
  • 人間観察と分析が得意
  • 英語力
  • 事務処理能力

ビジネスマナーは必須として、来客の特徴に応じて臨機応変に動けるというのはかなりの強みとなります。そのために人間観察と分析を行うことができると、人によって変幻自在に対応を変えることができ、向かうところ敵なしです。

英語力は特にホテルのフロントに求められます。

外資系企業や商社など外国の会社ともかかわることがある企業の場合は、企業受付にもTOEIC700点程度の英語力が求められるんです。

また、パソコンのシステムやExcelなどを用いた簡単な事務処理ができるのも、強みになります。

以上が、受付の仕事に向いている人の特徴です。

2.受付からのキャリアパスはあるの?

企業受付からだと、秘書部門に転職する人が多いですね。転職だけじゃなく、英語力などを高めて異動する人も大勢います。

ジム・美容院などのレセプションは転職で違う接客業に就くケースが多く、その職場や職種に関するキャリアパスはあまり用意されていないイメージですね。ただ、中にはマネジメント経験を活かして飲食店の店長候補などの求人に応募する人も多いようです。

レセプションの仕事を踏み台にすることも考えると、キャリアは広がると思います。

ホテルフロントは、その中でリーダーのような役職があるだけでなく、コンシェルジュという「宿泊者のサポート」を専門的に行う仕事にキャリアアップするケースも多いです。

また、単純にホテルのランクを上げるために再転職する人も大勢います。特に女性だと「フロントとして長く働きたいけど、上は目指したい」という人が多いのか、そういう傾向がありますね。

以上のようなキャリアパスを意識して転職先を選ぶと、今後の人生の見通しが立ちやすいのではないでしょうか。

質が高い受付の中途採用求人をたくさんゲットするには

受付の仕事の中途採用求人は、非正規雇用がかなり多いです。

その中で正社員求人をたくさんゲットするだけでも少し大変なんですが、ホワイト企業などの質の高い求人を豊富に得るとなるとかなり骨が折れます。

しかし、転職エージェントを利用すると結構簡単なんです!

自分が受付の仕事に転職するべきなのかというアドバイスも得られるし、あなたが「こういう求人が欲しい」と言えばそれに沿ったものをオススメしてくれます。面接対策もしてくれて、トータルで転職のサポートをしてもらえるんです。

受付の仕事への未経験転職を目指すなら、転職エージェントを使い、まずは相談からしてみましょう。