「残業多すぎ。もう嫌だ… 来世は定時で帰れる仕事に就かせてくださーい!」

来世と言わず、これからどうです? 仕事を辞めたいなと思って、転職をするなら、やっぱり定時で帰れる仕事がいいですよね。昔はあった「アフターファイブ」、「定時後は自分のために時間を使うデキるリーマン」、その憧れを現代でも再現したい!

よし、やっちまいましょう。

現代にも、定時で帰れる職場が多い業種・業界・職種があります。同じ会社でも部署によって異なる部分もありますしね。

そんな、定時で帰れる仕事を徹底解説! してみましょう。

メーカー系

残業が少ない、定時で帰れることが多い仕事というのは、スケジュール管理の徹底度合いによるところが大きいです。スケジュール管理が徹底されていれば、残業は少なくなり定時で帰れるようになります。スケジュール通りに進んでいたら、残業する必要が無いという単純な話です。

それを言えば、メーカー系はピッタリ。

実際、少し古いデータになりますが、2013年DODAが行った調査によると、残業時間が少ない業種6位は「医療機器メーカー」としているんです。

自社製品を作るメーカーは、製造スケジュールなどを自社の都合で立てることができます。無茶なスケジュールを組まないため、スケジュールを遵守して仕事しやすいんです。そのため、定時で帰れる日が多くなります。

また、生産系の部署に入るとなおさらですね。

生産となると職場は工場になるわけですが、工場は稼働時間が長いため交代制が基本です。定時が来たら次の時間帯の人が来ます。だから、定時で帰れるわけです。

サービス業は定時で帰れる?

「サービス業は残業多いんじゃないの?」というイメージがある人も多いとは思いますが、実際のところは会社やサービス内容によりけりですね。良い会社より悪い会社の方が目立つため、サービス業=定時で帰れないという印象になってしまっているんでしょう。

スポーツ・健康関連の施設…たとえばジムやスポーツクラブなどは、残業が少ないようです。先ほど紹介したDODAの調査によれば、残業時間が少ない業種第一位! サービス業だと、他には宿泊関係や士業関係がランクインしています。

サービス業が定時で帰れるというのは、「営業時間が決まっている」というのが理由として大きいのではないでしょうか。

営業時間内が仕事時間だから、残業があるとしたら「閉店作業が長引いた」とか「事務作業」とかくらいのものになります。だから、残業時間が短いんでしょうね。常に定時で帰れるわけではないものの、定時で帰れることは多いと思いますよ。

特に、「事務」と「サービス提供者」を分担しているところは定時で帰りやすいです。

それこそ営業時間外にまで仕事が長引く理由が無くなりますから。

また、営業時間が短いまたは極端に長い方が定時で帰れる割合が多いかもしれません。営業時間が中途半端に長い場合は、交代制にするにも労働時間の割合が難しくなりますよね。一般的には8時間働くとされていますが、営業時間によっては分割すると5時間くらいになってしまうというところもあるでしょう。

開店前作業・閉店前作業込みで拘束時間が10時間の店だと、5時間・5時間。なんだか中途半端ですよね。「それなら人件費節約も兼ねて10時間働いてもらおう」ということになるんじゃないでしょうか。

だから、7・8時間程度の拘束時間で分割できるような営業時間の方が残業が少なくなるのではないかという理屈です。

24時間営業なら3交代でちょうど「8時間ずつ」ですからね。

分割する必要が無いくらい短いか、24時間営業など営業時間が長いかのどちらかにした方が良いのかもしれません。

小売業も実は…?

サービス業で語った理屈は、小売業にも適用されます。店の営業時間や会社の方針によっても異なる者の、小売業も定時で帰れる職場が多いようです。営業時間が決まっているから残業時間の上限が生まれ、残業時間が短くなり定時で帰れる可能性も高くなるという理屈。

ただ、サービス業と小売業で気を付けるべきなのは営業時間だけではないように思います。

たとえば、細かい残業が計算されない可能性があるんです。たとえば、営業時間が午前9時からだけど始業時間が8時30分からという場合、始業時間前の30分間は残業代が支払われない可能性があるということ。

「サービスや小売りはサービス残業が多い」と言われているのは、そのためです。

ただ、流石に1時間以上前に出社させる会社はその分の残業代を支払ってくれると思います。毎日1時間以上もカットしていたとなると、結構大きいですから。特に、大手の会社ならそんな派手なことはしないはずです。

「定時で帰れること」を最重要視するなら始業前の時間は許容範囲かもしれませんが、一応気を付けておきましょう。

事務職は定時帰りが多い!

基本的に、ほとんどの業界を通して、事務職は定時帰りが多い傾向がある職種です。部署によっては残業が多いという会社も、事務職は残業が無いということもあります。「残業多いわ」と言う営業職と、「え? 残業あるの?」と言う事務職との会話がすれ違うのを、僕も何度か経験しました。

ただ、事務職は定時帰りが多いの、なんででしょうね?

みんな口を揃えて言うんですよ。だけど、冷静に考えてみると「どうしてだろう」と思いません? 僕なりにその答えを出してみたので、少し語らせてください。

事務が行う仕事と、営業職や他部署の人間が行う仕事と、異なる特徴があるんですよ。営業の仕事は「他の会社の人間が絡む」仕事だけど、事務の仕事は「自社内部」の仕事という特徴!

事務が定時帰りが多い秘密は、そこです。

「他社が絡まない」

どういうこと? と頭にクエスチョンマークが浮かぶ人もいると思います。たとえば、100メートル走を一人きりで走破するのと、二人三脚で走破するのとの違いですよ。二人三脚をすると、相手に合わせてペース管理をしないといけません。

他社が絡む仕事をするということは、相手のペースに合わせるということです。

相手のペースに合わせて納期を早めたり、自分の仕事ペースを乱されたり、「今日中にやらなきゃ」という焦燥感に駆られたり…。

事務職は一人で100メートルを走るようなものだから、自分のペースで走れます。特に緊急性も無いから「残りは明日やろう」も許される。

だから、事務職は定時で帰れる職種!

結局、定時で帰りやすい仕事の傾向は?

結局、「他社が絡まない、または絡みが少ない部署」もしくは「労働時間に上限が設けられている職種・業界」が定時で帰れる仕事ということになります。今回紹介したものは全てそれらに当てはまりますし、先ほどから細かく解説したもの以外にもそれらに当てはまる職種はたくさんありますよ。

その二つの特徴に当てはまる仕事を、まとめてみましょうか。

  • サービス業
  • 小売業
  • メーカー
  • 事務職
  • 経理
  • 総務
  • 法人ルート営業
  • 製造業(工場)
  • 建設業

「メーカーは他社が絡むのでは?」と感じるかもしれませんが、自社で製品開発・製造を行っているのなら他社が絡む部分が少ないです。他社が絡むと残業が多くなる理屈は、他社にスケジュールを左右されることを前提としています。

スケジュールの裁量のほとんどが自社にある場合、定時で帰れることが多いです。

ルート営業を入れているのも、同じ理由ですよ。決められたルートを回るからスケジュール管理がしやすく、他社が絡む営業職にしても不確定要素が少なくて残業が少ないという感じです。

営業界のイレギュラーですよ、ルート営業は。

定時で帰れるかどうかというデータは少ないため、DODAの調査を基軸に話を勧めましたが、そこから見えるのは上記二つの傾向です。DODAのランキングに入っていない職種・業種の仕事だとしても、それらの傾向さえ掴めば定時で帰れる仕事が見つかると思います。

今、あなたが少なからず興味を持っている仕事を思い浮かべてみてください。

その仕事は、二つの傾向に当てはまりますか?

定時で帰りたいなら、「他社にスケジュールを左右されない」または「労働時間に上限がある」のどちらかの条件を満たす職種・業種・部署・業界を探せ!

それが、ヒサダ流・定時で帰れる仕事探し述です。