看護助手を辞めたい… 辞めたほうがいい理由とオススメの転職先を解説

看護助手を辞めたい!

そう感じている人は少なくないと思います。看護の助手と言いながらも仕事内容は介護職に近く、職場の人間関係も特殊。調べてみると、いろいろな悩みがあるようです。

このページでは、看護助手の悩みや職場での実情を分析しながら、「転職」という選択肢を掘り下げていきたいと思います。

看護助手を辞めたい人が抱える悩みとは?

介護職のような仕事が多い

看護助手という名前からは「看護師のサポート」というイメージがありますが、看護助手は無資格でもOKな仕事だから医療行為はできません。

じゃあどのようにサポートするのかというと、患者さんの身の回りの世話が仕事の中心となるわけです。

必然的に、排泄物の処理やオムツの交換といった介護職みたいな仕事が多くなります。

「わかってはいたけど実際やってみると辛すぎる」という本音を隠しながら働いている人が多いようです。

看護師との人間関係がうまくいかない

看護師のサポートをする仕事だから、当然看護師とかかわる時間が多いですよね。

ただ、看護師の中には無資格でもできる看護助手を下に見る人がいます。そういう人は最初から「良好な関係を築く意思」がありません。

資格というのは、無意識のうちに人間に自信とプライドを与えます。自分は医療現場で働く人間だという自負があるから、身近にいる「無資格で仕事をしている人」にイライラすることがあるし、自分より劣っているように感じるわけです。

人間関係の問題は、どの職種でも退職理由上位に入ります。「そんな理由で辞めたいとか、私は弱いのかな」なんて思う必要はありませんよ。

人員の二極化

看護助手の職場は、新人かベテランかのどちらかしかいないみたいな、中堅が抜け落ちている状態になっている職場が多いようです。ネットを見てもこの二極化問題は結構語られていて、二極化しているせいで看護助手同士の人間関係トラブルも絶えないとか…。

二極化が進んでいるせいで新人が育ちにくいという問題もあるようです。

年齢が離れているベテランに教育指導されるのと、年齢が近い数年上の先輩に教育指導されるのと、どちらが楽で覚えやすいでしょうか。

ベテラン看護助手は、新人と大きく感覚が離れています。

それは、ベテランが新人だったころの状況と今の状況とはかなり違うからです。時代背景が異なるだけでなく、看護助手の仕事の大変さや苦労、そして看護助手個人の感じ方・仕事の価値観も異なっています。

それなのに、ベテラン陣の中には「私たちはベテランだから」と歩み寄ろうとしない人がいます。ベテランであるというプライドが邪魔をして、歩み寄ることが「できない」のだと思います。

これが、新人の看護助手が辞めたくなる大きな要因になっているようです。

看護助手を辞めたい人にオススメの転職先

  • 介護関係の仕事
  • 医療事務
  • 営業事務
  • 接客・サービス業

看護助手としての業務経験を活かすのなら、介護関係の仕事がオススメです。仕事が介護ぽくなってきていることが一番の不満という人には厳しいかもしれませんが、そういうわけではないのなら思い切って介護に振り切ってみるのもアリだと思います。

なんだか判然としない立ち位置にいるよりは、気持ちもスッキリするでしょうしね。

個人的には医療事務や営業事務が特にオススメです。

活かせる経験は、「助手」としてのサポート業務の経験。事務関係の仕事は誰かのサポートをすることが基本です。特に営業事務はその色が濃くて、営業職の影に回り営業活動をしやすいようにサポートすることがメイン業務となります。

医療事務もレセプト業務などでサポートする仕事と言えますし、職場が同じく医療現場になるため馴染みやすいのではないでしょうか。

看護助手としての対人経験を活かして、接客業やサービス業という道を選ぶのもいいと思います。

-仕事の悩み