男は総合職! なんてもう古い。

どうしてか、「総合職 辞めたい」と検索すると女性に向けた話ばかりが出てきます。

まるで男は総合職を辞めたいなんて思わないと言われているように感じるけど、男だって総合職が嫌だということもありますよね。

そう、総合職は男の仕事一般職は…という男女の区分けはもう古いんです。

総合職を辞めたいと感じたら、自分がやりたい仕事をしたらいいじゃないか!

今回は、男性総合職の悩みを分析しつつ、「総合職のくくりの中でより良い職場に転職する」「総合職から一般職に転職する」というパターンを掘り下げていきたいと思います。

総合職はもう嫌だ! という男たちの嘆き

  • 転勤から逃げられないのが辛い
  • 出世競争に嫌気が差した
  • 仕事量と責任の重たさが辛い

総合職を辞めたいと語る男性の意見で、特に聞くことが多いのが上の三つです。

特に転勤に関しては、確かに総合職でいる限りは逃げられませんからねえ。総合職は「自社でじっくり育てて幹部にしたい」という思惑があり、雇用があまり流動しません。そのために、どうしても転勤が多くなるんです。これは、本当にどうしようもないこと。

それがわかっているから、辞めたいんです。

また、幹部候補前提に雇用するという特性上、一般職と比べると出世競争の意識が激しいんですよね。だから、職場内の雰囲気も少しギスギスすることもあるし、「自分が自分が!」と積極的に動くことを楽しいと感じる人じゃないと、続けるのは難しいと思います。責任の重たさも、仕事量の多さも、そういったところに原因があるんでしょうねえ。

転職するなら、それらの理由をバッチリガッチリ解消しないと!

男は総合職なんて、誰が決めた?

総合職を辞めたい理由を、マックス解消するために一番いいと僕が思うのは、一般職への転職です。ほかの総合職に転職するという道もあるにはあるんだけど、細かい仕事量とか仕事の特徴が変わるだけで、総合職全体の習慣なんかからは逃げられませんからね。やっぱり、一番は一般職に転職することだよ。

男は総合職とか言われるけど、そんなの誰が決めたんだ? 僕からしてみれば馬鹿らしい。

総合職と一般職という区分は、たぶん「男女雇用機会均等法」がきっかけで生まれたんだと思います。話に聞く限りじゃ、昔は「男は幹部候補、女は補助」という雇いわけがされていたんですよね。だけど、雇用機会均等法ができたから性別で雇い分けることが違法になった。

そこで、総合職・一般職の区分けを作って、総合職=男という図式を作り、事実上の雇い分けをしたというわけです。そこには、当時「転勤が嫌だ」と言って一般職に就職する人は主に女性だったし、男性は「会社のため」という意識が強く「転勤も辞さない覚悟」があったからだと僕は考えています。

だけど、今は違うんですよ。

男も女も関係なく、「転勤は嫌だ! 事務がいいんだ」という人が大勢いるんだ。「仕事」に対する意識が、昔とは変わった。「会社のため」じゃなくて「個人のため」を考える人が男女ともに増えたから、今は男も一般職に就いてもおかしくありません。

それに、昔に比べて総合職の女性も、一般職の男性も増えているんじゃないでしょうか?

僕の会社にも、結構いますしね。

だから、「男だから」と言われても気にしないことです。自分がやりたいことを、やりたいようにやりましょう!

違う総合職に転職するなら、職場選びを慎重にしよう

道は二つ、総合職というくくりの中で転職をするか、一般職に転職するか…。

総合職というくくりの中で転職をすると決めた人に僕からアドバイスしたいのは、仕事選びよりも会社選びのほうが大事ということです。総合職である限り、その職種が何であっても「仕事量と責任が大きい」「転勤がある」ということからは逃げられません。

ただ、会社によって細かな違いがあります。

転勤が少ない会社もあるし、残業が少ない会社もあるわけです。仕事選びもそうだけど、「今の仕事を辞めたい」というより「総合職を辞めたい」と感じているのなら、会社選びに力を注ぎましょう。なるべく負担が少ない会社を選ぶことが大事ですよ。

それに、会社によっては「地域総合職」という手もありますからねえ。

男だって一般職に転職していいんだ! 事務系も立派な仕事

一般職への転職を考えているんだったら、注意してほしいことがいくつかあります。

まず、給料はどうしても総合職のほうが高くなりがちなんです。一般職は勤続年数に応じて着実に上がっていくものの、総合職ほど個人によって差が出ません。総合職は個人の努力次第で給料がグンッと上がることがあるけど、一般職にそれはほとんど無いと思っておきましょう。

自分の力で稼ぎたいという想いが強いのなら、一般職は向かないな。

コツコツとした仕事が得意な人や、稼ぎよりプライベートを重視したい人には一般職は向いています。

事務やサポート系の一般職も立派な仕事だけど、向き不向きだけはしっかりと考えておきましょう。それを考えず「総合職を辞めたいから一般職」と、安直に決めてしまうのはめっちゃくちゃ危険だから!

転職に不安があるなら転職エージェントを使おう

総合職の枠内で転職する人は、職場探しがうまくいくか不安だと思います。一般職に転職する人は、未経験からだしよくわからないことも多いですよねえ。特に、一般職の中でも事務を考えている人は要注意。事務職は転職市場の中でも特に人気が高い! どこで求人を探しても、営業職などに比べると求人が少ない傾向があるんです。

だから、転職エージェントの非公開求人を頼りにしましょう。

総合職で求人を探す人や地域総合職を狙いたい人も、転職エージェントのアドバイスで「いい職場」を探すことをオススメします。

職場選びと求人探しをプロに託し、自分は自分にどんな仕事が向いているのか、どんな会社がいいのかを精一杯考えること!

それが、総合職を辞めたい男性が転職を成功させる近道だ。