職人気質な性格は、それを活かすことができる仕事においては強い武器になります。逆にその性格を活かせない仕事では「煙たがられるだけ」になってしまうかもしれません。

この記事では、職人気質な人におすすめの仕事や、転職先を選ぶ際に重視したいポイントを解説しています。

ぜひ参考にしてみて下さい。

あなたはどんなヒト? 職人気質な自分を理解しよう

一般的に言われている職人気質な人の特徴

  • こだわりが強い
  • ひとつのことへの集中力が高い
  • 複数のものごとを同時にこなすのは苦手
  • 几帳面
  • 完璧主義
  • 自他ともに厳しい
  • 頑固
  • 義理堅い
  • 口下手、人間関係不器用

以上が一般的に語られる「職人気質」の特徴です。

職人気質と一言で済ませていますが、その言葉の中にはこれだけ複数の性格的特徴があるんですよ。そのため、あなた自身がどのような性格を持っているのかを分析することが、自分に適した仕事や職場を選ぶための第一条件になります。

あなた自身の職人気質な部分を分析しよう

自分自身が職人気質になるのはどういうときかを振り返ってみましょう。

まず、仕事でこだわりが強いひとは「仕事の何にこだわる傾向があるのか」を知ることが大切です。技術的な部分なのか、利益的な部分なのか、それとも他の何かか。

分析するには「今どれくらいこだわっているか」を都度意識しながら仕事をすることが大切です。その上、「こだわりの強さ」を何段階かで評価するとより詳しい分析になります。

難しい場合は「何に妥協できないか」を考えるのも効果的ですよ。

さらに、先ほど挙げた職人気質の特徴のどれに当てはまるのかを考えてみてください。

自分の性格を把握するには職場の人に聞くのもひとつの手です。ただ、職場の人相手だと遠慮が入って忌憚のない意見を聞くことができない可能性があります。

人の手を借りずに性格を把握するには、自分自身のこれまでの経験を洗い出すのが効果的です。仕事でうまくいったこととうまくいかなかったことを洗い出してみてください。そして、「うまくいったのはなぜか」「うまくいかなかったのはなぜか」を考えるんです。

その原因の中に「性格的特徴」が含まれることがあります。

たとえば、「客に仕事が丁寧だと褒められた」のであれば「几帳面で仕事へのこだわりが強い」という性格的特徴が原因として挙げられますよね。

こういうふうに自分自身の職人気質な部分を分析することで、仕事選びと職場選びが楽になります。

そして、実際に仕事と職場を選ぶときには、「自分自身の職人気質な部分を活かせる仕事と職場を選ぶ」ということが大切ですよ。

職人気質な人の仕事選びのポイント

1.好きになれることから仕事を選ぼう

職人気質な人には「ひとつの物事に集中しがち」「こだわりが強い」という傾向があります。

そのため、「職人気質な性格を活かす」ことを考えるなら、「好きになれること」を仕事にするのがベストです。

好きになれることなら集中してこだわって仕事をすることを苦に感じません。むしろ、楽しいと感じるでしょう。ストレスを溜めにくくなります。そして、こだわることが楽しいと感じるため、さらにこだわるようになるんです。

結果的に、大きな成果をあげることができるのではないでしょうか。

そのために、まずは「自分はどんなことに興味があるのか」「どんなことが好きなのか」を分析してみてください。これは過去に熱中した経験があるものをジャンル分けすると、見えてきます。

そして、分析した結果をもとに仕事を絞り込みましょう。

2.技術追求ができる仕事を選ぼう

好きになれることを仕事にするだけでは、まだ足りません。

職人気質な人にとって大切なのは、職人気質な性質が会社や職場に利益を運んでくるということです。

好きな仕事だとしても「こだわりすぎると煙たがられる」ような仕事であれば、あなたは居心地の悪い思いをすることになりかねません。

こだわる傾向のある職人気質な性質が利益を生む仕事というのは、「技術追求ができる仕事」です。

たとえば、プログラマーですね。

プログラミングというのは手だけ早くても意味がありません。エラーが続出してしまうプログラムだと余計に手間が増えます。他の人が扱いにくいプログラムだとメンテナンスが困難になってしまうんです。

丁寧にこだわりながら仕事をすることが、会社にとっての得になるんですよ。

そのため、職人気質な性質を思う存分発揮させて伸び伸びと働くことができるのではないでしょうか。

もちろん、技術的な仕事は転職をする際に技術を学ぶ必要があります。

ただ、自分に合う仕事に就いて伸び伸び働けるということには技術習得の苦労以上のメリットがあるんです。会社により貢献できるようになり、待遇が上がる可能性があります。そして、仕事を楽しむことができるようになりストレスが軽減し、人生がより豊かになるんです。

さらに、技術追求ができる仕事は「こだわりたい人」にとっては楽しい仕事でもあります。

技術をどんどん磨いて追求することで、仕事のクオリティが上がる。できる仕事の幅も増えていく。そうすることで自身のこだわりがより強く研ぎ澄まされるわけです。楽しくないわけがありませんよね。

だから、職人気質な人は「好きになれる分野の仕事」の中から「技術追求ができる仕事」を選ぶと良いのではないでしょうか。

3.職人気質な人に向いている可能性が高い転職先

  • プログラマー
  • デザイナー
  • イラストレーター
  • ライター
  • パン屋
  • 料理人
  • 設計職
  • 企画職

以上が職人気質な人に向いてる可能性が高い転職先の例です。もちろん、人それぞれの職人気質の特徴や興味分野によって選ぶべき仕事は変わります。これはあくまでも前章で紹介した一般的な職人気質な特徴に合う「技術的な仕事」の一例に過ぎません。

そのため、鵜呑みにしすぎるのではなく参考として捉えてもらえると嬉しいです。

プログラミング技術、デザイン関係の知識、画力、文章力、調理能力などなど…。上記の仕事の多くが「一度身につけて終わり」ではなく、「常に高めていく必要がある」技術追求ができる仕事となっています。

企画職に関しては技術追求をする仕事とは言えないかもしれませんが、「こだわり」が大切な仕事です。

企画書を会議で通すには企画をどんどん詰めて磨いていく必要があります。さらに、企画が通った後も磨き続けることになるんです。企画職は「こだわるのが仕事」と言えます。

以上のような仕事を参考にしながら、自分に合う仕事を見つけてみましょう。

職人気質な人が働きやすい職場選びのポイント

職人気質な人は自分に向いてる職業に就くことができれば、楽しく働きながら会社にも社会にもより貢献できるようになります。僕が思うに、楽しく働きながら会社や社会に貢献することは職業人としてとても大切なことです。

ただ、職人気質な人が転職時に追求するべきポイントはもうひとつあります。

職場選びです。

技術追求ができる仕事を選べば職人気質な性質は歓迎される可能性が高いとは言え、会社によっては職人気質的な働き方を煙たがる場合もあります。

たとえば、薄利多売をしたがる会社は職人気質な人を邪険にしがちです。薄利多売に大事なのは「そこそこのクオリティの成果物をたくさん納品すること」ですからね。いちいちこだわられては利益があがりにくいので、煙たがられてしまうんです。

そこで、「会社の価値観」を調べて転職する必要があります。

クオリティを重視することが利益に繋がると考える会社か、薄利多売の会社か。選ぶべきは前者です。

だけど、会社の価値観は求人を見るだけだとわかりません。

こういうときには転職エージェントが役立ちます。

転職エージェントは求人先企業のことを徹底して調べているんです。その会社の価値観やどういう人材を求めているかなどの情報を抱えています。そのため、「職人気質な自分が歓迎される価値観の会社かどうか」を質問すれば、求人先企業が自分に合う会社かどうかがわかるんです。

仕事をこだわって選び、職場もこだわって選び、職人気質な自分を思う存分に活かせるように転職しましょう!