人間関係はドロドロ! お給料はそれほど! 移り変わる仕事にヘトヘト! YEAH。

失礼しました、医療事務を辞めたいラップが出てしまいました。医療事務の活躍する職場は多く、求人数も結構多い。数ある事務職の中において比較的専門性の高い仕事だけど、専門性と仕事内容の割に言うほど給料が高くない。

世の中、世知辛いのじゃ!

新卒入社1年目だけど、辞めたいのじゃ!

だったら、自分が辞めるべきかどうか、そして辞めた後のことを考えてみましょう。

医療事務の辛いところをまとめてみた

  • 女性が多く、人間関係の悩みが多い
  • 看護師との人間関係
  • 責任が重大
  • 仕事の内容が新しく変わることが多く、対応するのが大変
  • 残業が多い
  • 給料が良くない

医療事務は、近年少しずつ男性の雇用も増えています。とはいえ、全体的に見ると女性が多いことは事実! 実際、僕が病院に行くと女性ばかり目に入りますからねえ。地域にもよるんでしょうが、僕がかかりつけにしている病院はほぼ女性ばかりです。

別に女性のことを悪く言うつもりはありませんが、女性ばかりだと人間関係がドロドロしてくることがありますよね。

実際、ネットを見ると「人間関係ドロドロして疲れる」と愚痴を漏らす医療事務の人が多いように感じます。お局さんにキツクあたられたり、業務上の必要事項を教えてもらえない嫌がらせとか同僚による陰湿な嫌がらせとかが蔓延る職場も多いようですね。

また、人間関係を言えば看護師との人間関係に悩む人も多いです。職種が違うと立場が違うため、相容れない部分もあり看護師と医療事務の関係がうまくいかないことは仕方がないかもしれません。

医療事務は、もしかしたら、一般事務の数倍はコミュ力が必要なのかもしれないですねえ。

ただ、人間関係以外にも悩みはあります。レセプト業務という責任重大の仕事をするためのプレッシャーとか、残業が多いとか…。あとは、レセプトに入力する内容が細かく変更されることが多く、それに対する対応とか。

その割に給料は決して高くはないというのも、辛いところですねえ。しかも、残業代が出ないことが多い!

少しでも「うんうん、そうなんだよなあ」と思う人は、新卒だろうと入社1年目だろうと転職して良いと思います。

「医療事務から転職」の王道ルートとは?

一般事務かなー、やっぱ。「一応事務職は続けたいけど仕事量多いとか残業多いとか辛いし、医療関係の人間関係馴染めない性格だし」そこらへんを考慮すると一般事務が最良と色んな人が言う。休日も120日以上あって友達と遊びやすい。

医療事務、休日が土日じゃないことも地味にストレスになりますしねえ。休日が少ない病院の勤務だと、医療事務の休日も少なくなるし…。

給料は医療事務より少し下がりますが、仕事量・責任の重さとのバランスは良くなります。給料が低い高いというのは単純な額だけじゃなく、そういうバランスによって計るものですからね。額は低くなったとしても、仕事が楽になったら「前より良いな」と感じるものです。

また、辛い仕事をしていた時には「ストレス発散に飲もう」と毎日コンビニで酒とツマミを買っていたような人は、仕事が楽になると給料に関わらず生活が楽になることがあります。ストレス発散に使わされていた金を、他に使えますからねえ。

ネットを使って医療事務から一般事務に転職した人の声を見てみたら、一番のメリットは「気が楽になる」「リラックスして仕事が出来る」ということだそうです。

給料は最初こそ低いかもしれませんが、勤続年数に応じて平均くらいには上がってきます。新卒1年目の男性なら30代後半くらいで年収400万円近くにもなれる可能性があるため、決して悪くはないでしょう。

医療事務の悩みを解消できる事務以外の仕事とは?

新卒1年目なら「経験を活かす」よりも、「悩みを解消する」ための転職をしたいところですよね。医療事務の悩みを解消できる『事務以外』の仕事を僕なりに考えてみたので、簡単に紹介したいと思います。

  • 営業職
  • 企画職
  • 製造系

個人的にオススメなのが、一般事務以外だと上記三つです。

営業職は事務から転職する人が多く、転職先として選びやすいということが理由のひとつ。女性ばかりの職場特有の悩みから解消されるし、仕事の責任と給料は釣り合っているし、残業に関しては職場選びさえしっかりすればそれほど多くはないし…。

案外、いいと思います。

企画職も似た理由からオススメ! 営業に向いていないと感じる人は、企画職を選ぶというのもアリです。

事務とか営業とかよりも、思い切ってオフィスワークから離れたいというのなら製造開発系も良いんじゃないでしょうか。

まだまだ新卒入社1年目、第二新卒として転職することになるあなたには、選択肢が豊富に用意されています。事務職繋がりということから一般事務に転職するもいいし、営業職や企画職に転向するのもいいし、製造もいいでしょう。

あとは、転職エージェントを使って非公開求人を得たり、自分の希望条件に沿う求人を紹介してもらったりしながらホワイト企業に転職することで、新卒医療事務の悩みは解消できると思います。

仕事は、仕事内容と給料のバランスと向き不向きを見て選ぼう!

職場は、人間関係と職場の雰囲気と残業時間を見て選ぼう!

新卒1年目の医療事務からの転職は、その二つによって成功に導ける。