データ入力の仕事は、未経験者でもできる仕事の代名詞です。

バイト・派遣・正社員・在宅ワークと働き方の選択肢が多いのも、データ入力の魅力だと思います。そんなデータ入力の仕事に少なからず興味があるのなら、仕事内容や適正・給料などなど基本情報とそれ以上のことを知っておかないと損!

転職することは簡単だけど、自分に合う求人を見つけるのは意外と一筋縄ではいかないデータ入力…。

転職成功のための全知識を、紹介しましょう。

データ入力の仕事内容とやりがい、給料や適性をまとめてみた

データ入力の仕事は、単純作業が苦にならない人なら「楽すぎ」と感じるほどに楽な仕事です。

どんなことをするのかというと…。

企業にとって必要な情報をPCに入力することが主な仕事です。ただ入力するだけではなくて、誤字脱字が無いか見る程度の簡単な校正なども必要になります。データは数字・文章などさまざまな形式です。

具体的にどのようなデータをどのように入力するのかは、企業によって大きく変わります。

また、会社によってはデータの入力作業だけでなく「電話対応」「書類作成等の事務作業」を兼ねることもあるので注意が必要です。求人の仕事内容の項目をよく見てみると、そういったことが書いてあるので注意深くチェックすることが大切ですよ。

この仕事の楽しいところは、「コツコツ積み重ねること」じゃないでしょうか。

パズルやジェンガ・LEGOやナノブロックなどが好きな人には、向いていると思います。ちまちまとした作業が好きなよゐこ有野さんタイプには楽しいし、やりがいがある仕事です。

逆によゐこ濱口さんタイプには向いていません。

そんなデータ入力の給料ですが…年収相場は200~300万円程度となっています。決して高い給料が得られる仕事ではないものの、未経験から挑戦しやすいところや社会復帰の足掛かりにしやすいところなど魅力は大きいです。

正社員なら、福利厚生が充実している会社や業績が安定している会社(ボーナスが多い会社)に転職することで、満足度は高くなるのではないでしょうか。

データ入力Q&A! 転職する前にチェックしておきたいすべてのこと

データ入力の仕事は、ただ未経験から転職を成功させるだけなら簡単です。ただし、「タイピングに不安がある」「男性である」「在宅に興味がある」という人は、知らなければならないことがまだあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

Q1:データ入力の仕事はタイピング遅い人でも大丈夫?

タイピングがどの程度遅いのかにもよりますが、文字入力を1分間に80文字以上入力できれば基本的には問題ありません。数字だけのテンキー入力なら150文字は入力出来てほしいところですね。

優遇されるようになるのは、文字入力1分150文字以上からだと思います。

データ入力にとってタイピング速度よりも大事なのは、「無駄がないこと」です。

  • エンターキーや変換キーを頻繁に押す
  • 速く打とうとし過ぎるあまりミスをしてしまう
  • ショートカットキーを覚えようとしない

以上のようなことがなければ、仕事をする上で問題になることはありません。変換キーを頻繁に押すのはかえって変換ミスを生むのでアウト。ミスがあるとやり直しが増えるので、これもまたアウトです。

ショートカットキーは使えるタイミングに使わないと、タイピングが遅い以上のタイムロスになることがありますからねえ…。

また、タイピングが遅いことを自覚している人は大丈夫とも言えます。

自覚している人はタイピングが速くなるようにするにはどうしたらいいかを考えたり、調べたりして実践できますよね。そうして努力する姿勢があれば、問題なくデータ入力の仕事に取り組むことができるでしょう。

Q2:データ入力の正社員、男の需要はある?

仕事内容とそれに対する適性だけを見るならば、男だろうと女だろうと関係がありませんよね。

だからデータ入力の正社員求人も派遣求人も、男の需要はあります。ただ、女性が多い仕事だということは認識していないといけません。

男女比の偏りにより、職場における男性の立場が弱い可能性があることや、人間関係が面倒な可能性があることなども念頭に置いておきましょう。

そのうえで「データ入力がしたい!」と思うのなら、挑戦してみてもいいと思います。

Q3:データ入力の仕事を在宅でするには?

データ入力の仕事を、未経験から在宅で行うことはできます。

在宅でデータ入力を行うとなると、多くの人がクラウドソーシングサイトを使うでしょう。入力件数1件あたりに単価を提示しているクライアントもいれば、時給を提示しているクライアントもいます。

1件あたりの単価の場合は10円前後が一般的ですが、「リストアップするだけで1件3円」という案件も多いです。

案件選びによって収入は大きく異なりますし、在宅でなるべく多く稼ごうと思えばタイピング速度は一般的に求められる以上に必要になります。タイピングが遅いと自己評価する人であれば、正社員や派遣・アルバイトのほうが稼げるでしょう。

また、在宅の場合はデータ入力だけで自立した生活を送るのはほぼ不可能に近いです。

自己管理を徹底して1日に8時間程度拘束するとしても、1日5000~7000円の稼ぎにしかなりません。休日を取らずに30日続けたところで、15~21万円となります。

ただ、1日8時間拘束を30日続けるのはあまりに現実的ではありませんよね。そのため、データ入力の仕事を在宅で行うだけでは、自立した生活は送れないということになります。

ライティングの仕事と兼業するなどの対策を考えなければいけないでしょう。

副業として取り組むのなら、ありですね。

求人探しのコツをお教えします!

データ入力に未経験から転職すること自体は、とても簡単です。求人数が多くはないことだけがネックとなりますが、採用率は低くないでしょう。タイピングスキルもそれほど高度なものを求められるわけではありませんし、PCスキルも基礎の基礎で問題ありません。

中学・高校の授業でPCに触った人なら理解できるツールを使いますから。

しかし、「電話対応したくない」「男女比が偏り過ぎないようにしたい」「事務作業との兼業は嫌だ」という人が自分の希望する求人を見つけるのは簡単ではないんです。

そういう人は、転職エージェントを使えばうまくいくと思います。

転職エージェントには非公開求人と公開求人の両方があり、求人数はかなり膨大です。非公開の中には大企業の求人や中小でも質の高い求人が多く、自分の条件に沿うものを見つけやすい。

しかも希望条件を伝えれば、その条件に合う求人だけとマッチングしてもらうこともできます。

データ入力に未経験から転職するにあたり、自分なりの条件がある人は転職エージェントを使おう! あとは、転職後に慣れることに努めるだけです。