歯科衛生士を辞めたい… 転職先選びの方針とおすすめ職種を解説

狭い職場での人間関係、給料の低さなど、歯科衛生士ならではの辛さがありますよね。

このページでは、歯科衛生士を辞めたいと思っている人の転職先選びについて考えてみたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください!

歯科衛生士を辞めたい!よくある理由5選

歯科衛生士を辞めたいと嘆く人は、ネットを見ただけでも大勢います。その悩みを見ていると、多くの人に共通しているものばかりなんですよね。しかも、歯科衛生士の職場じゃなくてもよくあるような悩みも多いんです。もちろん、中には歯科衛生士ならではのものもあります。

  • 人間関係の悩み
  • 給料が安い
  • 有給が取りにくい
  • 院長がワンマンで働きにくい
  • 仕事に何の魅力も感じない

人間関係の悩みをトップに挙げる人が多いんですが、これはどんな仕事でも似たようなものです。転職した人の多くが、転職理由の上位に「人間関係」を挙げています。

ただ、歯科衛生士は特に人間関係に悩まされる傾向が強いようです。歯科衛生士の職場である歯科医院は、とても狭い職場ですからね。一般企業にはたくさんの部署があって、部署に与えられたオフィスも結構広く開かれている場合が多いです。

人間関係が狭く限られてくると、自然と人間関係が濃く深くなっていきます。人によっては触れられたくないような部分に触れられることもあるし、濃く深い付き合いになると嫌な面も目立つ。だから、人間関係トラブルがよく起こります。

実は、これは歯科衛生士ならではの悩みなのかもしれませんね。

また、個人でやっている歯科医院が多いため、職場として洗練されてないところが多いようです。

有給休暇の取得や福利厚生などの基本的な部分が抜け落ちていたり、従業員の給料を低くしたり…。個人経営にありがちなワンマンになることも多く、一般常識的な職場とは異なる特徴を持つ歯科医院が多数あります。

歯科医院というのはコンビニの数より多いと言われているくらい乱立しており、そのほとんどが個人規模のところです。

歯科衛生士からの転職先探し。不満解消に心血を注ごう!

歯科衛生士から転職するときの転職先選びは、不満を解消させることに心血を注いだほうがうまくいくと思います。たとえば、有給の取得などが可能でなおかつ未経験から転職しやすい仕事ということで、一般事務を選ぶというような選び方ですね。

まず、自分の「これは絶対解消したい!」という不満点を決めましょう。次に、それを解消するためにはどういう仕事を選んだらいいのかを考えます。

ただ、その仕事を探すというのが難しいんですよねえ。どんな仕事があるか、その仕事はどういう特徴があるのかを知らないとわかりませんから。しかも、歯科衛生士が転職先の候補に入れられる仕事かどうかも考えないといけないわけだから、ここが難関。

この作業は転職エージェントに任せてしまいましょう。

転職エージェントに「こういう求人がいい、こういう求人が嫌」と伝えると、それを反映させた求人を紹介してくれるんです。

また、自分の経験やスキルを伝えることで「こういう仕事が視野に入れられますよー」ということも教えてくれます。転職エージェントを使うと、転職先選びはかなり楽になりますし、的を射たものになるはずです。

歯科衛生士が長所を活かして働ける転職先候補

転職エージェントに相談して自分に合う転職先を探すという方法を紹介しましたが、僕もいくつか「歯科衛生士が長所を活かして働ける(と思う)転職先」を考えてみました。

たとえば、歯科衛生士の「コミュニケーション能力」を活かして営業職やカウンター販売に転職。

営業や販売関係の仕事は未経験からの転職者も多いし、コミュニケーション能力があれば十分転職先の候補に入れられます。給料が低い・人間関係のトラブルが起こりやすいなどの不満を解消することができるんです。

ほかには、総務・事務・営業事務などサポート的な役割を担う仕事が合うと思います。歯科衛生士の仕事も、サポート業務ですからね。業種は違うし、仕事内容は異なりますが、サポート業務に求められる力を既に持っている人が多いと思います。

歯科衛生士からの転職先なんて選択肢が少ないでしょ? と思う人は多いかもしれませんが、実はそんなことはないんです。広い視野を持って転職先を探しましょう!

-仕事の悩み