朝目が覚めて真っ先に思い浮かぶ…「仕事行きたくない」

1日の間で1番気分が沈むのは、朝だ。僕にもそういう時期があった。布団の中で「仕事行きたくない」をひとりで輪唱し、嫌がる心身に無理矢理出勤させ、一体僕はなぜに働いているのだろうと疑問を誰に投げかけるでもなく呟いて…。

どうしてそうなるのか?

それは仕事や会社に原因があるんだ! あなたのカラータイマーが鳴っている。

このまま働き続ければ、大変なことになりますよ。

※もし、吐き気や頭痛といった症状を伴っている場合は、『職場に行きたくない。吐き気が襲ってくる。←これはかなり危険な状態!早めの対処を!』をお読み下さい!

朝に仕事行きたくない気持ちが強いあなたに迫る危険

これは、僕が慕っているお姉さんの身に起きた悲劇です。

お姉さんは実の親元を離れ、知り合いのお婆さん家族のお世話になっていました。僕の実家の近所にある公園でいつもぼうっとしていたので気になり、当時まだ小学生だった僕は「遊ぼうぜ!」と声をかけたことで交流が始まったんです。

僕より7歳上のお姉さんは、高校を卒業してからバリバリ働いていました。総合学科の高校で、進学よりも就職支援に力を入れていたので、高卒から結構良い会社に入ったみたいです。職業はシステムエンジニア。

疲れているだろうに一緒に格闘ゲームをしてくれる…そんなお姉さんが、僕は誇りだった。

しかし、僕が高校1年生のときのクリスマスイブに、お姉さんは天国に行きました。

お姉さんの日記を紐解くと、その原因は「仕事や会社でのストレス」にあったんです。

新卒の頃は「仕事をガンガン覚えるぞ!」と張り切っていて、楽しそうに文章を綴っていました。「どんどんやれることが増えていくのが楽しい」という一節すらあったんですが、2年が経ってそろそろSEとして1人で仕事をすることになった後、日記の文章は一変。

「辛い…仕事行きたくない…ゲームだけして生きていたい。」
「クライアントがまた無茶振り…営業を〇してやりたい。」

4年目に突入。

「朝がしんどい。太陽の光が憎い。」
「吐き気がする。」
「頭が割れる。」

時を経て、亡くなった年。

「休日に病院に。鬱らしい。」
「起きられなくなった。」
「死にたい。」

終わり。

どんどん短く簡潔になる文章に、心を痛めた記憶があります。親のこともあり元々心が弱かったというだけでは説明できないくらい、仕事が苦しかったんだと思う。最初の楽しさを忘れてしまうくらい、会社がクソだったのかもしれない。

以上のようなことがあり、「朝になるとすごく気分が沈む」という人に言いたいことはたくさんあります。

それを敢えてただひとつに絞るとするなら…早めに転職活動を始めておこうということです。

朝に仕事行きたくないという憂鬱な気持ちになるのは、最初はただ少しだけ憂鬱なだけかもしれません。その状態を放置するとあのお姉さんのように「最悪の事態」に発展する可能性もあるんです。

疲れてるんだと思う、辛いんだと思う、合わないんだと思う、向いてないんだと思う。

よく頑張った! お疲れ様! 自分を楽にしてあげてください!

まずは、どこにストレスがあるのかを見極めよう

  • 仕事内容が自分に合わない
  • 職場の人間関係に悩みがある
  • 上司がクソ
  • ハラスメント被害にあっている
  • あまりに残業が多すぎる
  • 成果を出しても認められない

どうして「まずはストレスを見極める必要があるのか」というと…それを正しく理解しておかないと、どういう転職活動をすればいいのかがわからないからです。

そこで、仕事や会社のストレス要因としてよく挙げられるものを集めてみました。上から順に見ていきましょうか。

仕事内容が合わないというのは、それだけで憂鬱になりますよねえ。仕事自体が合わなくて憂鬱なのだから、仕事行きたくないと思うのも当たり前に感じます。僕の周りにも「営業向いてない」と言って辛そうにしている人いますからねえ。

たとえ会社がホワイトだとしても、関係なく辛いのです。

職場の人間関係に関する悩みは、本当に多い。雰囲気が合わないというだけじゃなく、悪口陰口イジメに派閥などなど…枚挙にいとまがありません。

上司がクソなのもね…指示に納得できなかったり、仕事に難癖付けられたり、自分の仕事押し付けてきたりしてストレスが溜まります。

ハラスメントなんて言語道断、逃げないとヤバイ。

残業が多すぎるとか成果を出しても認められないとかも、仕事に行きたくない人にとってはありがちですよねえ。僕のお姉さんのケースは、「残業が多すぎる」「上司がクソ」「人間関係がドロドロ」「成果を出しても認められない」という欲張りセットだったみたいです。

以上を参考にしながら、自分のストレスがどんなものかを分析してみてください。

それを解消するための転職活動が、これからあなたが辿るべき道になります。

転職活動はプロに頼ればいい

以上のようなストレス要因を解消するための転職活動を行おうとしても、それがなかなか難しいんですよねえ。

まず、仕事行きたくないというような憂鬱とした気持ちを抱えながら働いている人にとって、転職活動という労力はかなり大きいです。ただ毎日同じように働きに行くだけでも大変なのに…。

加えて、ストレス要因を解消しようと思えば、「高望み感」が出るんですよね。

「残業が少ない方がいい」「人間関係が合うほうがいい」「向いている仕事がしたい」などなど…複数の条件を同時に叶えることになるから、求人探しがかなり難航します。そのうちに妥協してしまうのが目に見えている。

ただ、妥協するとまた同じストレスに悩まされてしまう可能性があります。

なるべく楽に転職活動をしながら、妥協せずに求人探しをすることが必要です。また、そもそも自分のストレス要因を自覚していないという人は、そこから始めないといけません。

自己分析・楽な転職活動・妥協しない求人探しのすべてを解決する方法が、あります。

転職エージェントを利用すること。

転職エージェントに登録すると、担当者としてキャリアアドバイザーが付きます。

担当者に自己分析の手伝いをしてもらえば客観的な意見が得られ、より深く自分のストレスの原因などを理解できるでしょう。

求人はメールでオススメしてくれるし、面接日程調整や面接対策などをしてくれるから転職活動は圧倒的に楽になります。僕は、休みも自由時間もなかなかないようなブラック企業で働きながら、転職エージェントの助けを借りて3ヶ月程度で転職を終えました。

しかも、「こういう求人がいい」と伝えると、現状のスキルや能力で叶えられる最大限の範囲でそれを満たす求人をオススメしてくれるんです。

朝になると仕事に行きたくないと思うほどに気持ちが沈んでいるあなたの心に寄り添い、妥協することなく、一緒になってあなたが楽しく輝ける場所を探してくれるということです。

これで早めに転職活動ができる! 確実にストレスから解放される!

自分がギラギラと輝ける場所を、探しましょう。