「俺、めっちゃ無能!」

僕は、ずっとそう思っていました。仕事ができないダメ人間だって…。

だって、身内がみんな「お前はそそっかしい」とか「ちょっとドジなところあるよね」とか言うし、実際ブラック企業に勤めてから仕事ができないことを実感していたから。

でも、転職してからは「僕は仕事ができない」とは思わなくなりました。

これは、仕事ができないダメ人間だと思い込んでいた僕が「実はそうでもなかった」と気づく話です。

この話を読んで、同じような悩みを抱えている皆さんが解決の糸口を見つけ出してくれたら嬉しいです。

仕事できないという思い込みの発端

「仕事ができない」と最初に思い込んだのは、学生時代でした。学生時代って、普通もっとギラギラしてると思うんです。

勉強に遊びに大忙しで、「将来は大企業でバリバリ仕事してやる!」って。根拠の無い自信に満ち溢れている人を、僕は何人も見てきました。

でも、僕は違ったんです。

大学一年の頃こそ将来に明るい展望を持つ、根拠の無い自信に満ちた典型的な現代の若者でした。

ただ、大学二年の夏に友人が入っているサークルの手伝いをしたときに「仕事ができないかもしれない」と感じたんです。

そのサークルの手伝いはもう、ボロボロ。

新入生がしっかりとやれていることを、僕はできなかった。

僕はここに居てはいけない…。

結局戦力外通告されて、お手伝いをクビになるという情けない結果になったんですよね。友人に頼まれたのに、友人から「やっぱりお前いいよ」と言われてしまった。

その経験から、僕は心のどこかで「僕は実はだめなやつなんじゃないか」と思うようになったんですよ。

そして社会人になって…

心のどこかで不安を抱えながら入社した会社は、なんとブラック企業。

毎日毎日仕事に追われているのに、成績はなかなか伸びない。先輩や上司との仲はそれなりに良好ですが、それは仕事後のこと。仕事中は怒られることも多かったんですよ。

自分で仕事術を見出してそれを使ってはいましたが、それでやっと他の人と同じレベルになれたような感じです。

他の人が僕のような仕事術を見つけていれば、僕はそれに食らいつくことは難しかったでしょう。

ああ、僕は仕事ができないダメな奴なんだ。

心の隅のほうに芽生えていた不安の芽が、花を咲かせてしまいました。

黒く暗い花です。

極力その花に気づかないように仕事を頑張りました。ただ、見て見ぬふりをしていても一度気づいてしまったものを放っておくことはできません。

ブラック勤務で疲れていることもあり、心が曇っていくのを感じました。

空があまり青く感じられなくなったんです。

しかし、そんな僕に「転職」という好機がやってきます。仕事ができないダメなやつだと思いながらも、「それならなおさら転職してやろう」と決意しました。

この職場がダメなだけで、別の職場なら自分の能力を活かせるかもしれないと思ったんです。

その考えは、見事にビンゴでした。

環境が変わって一転、仕事できるキャラに

転職してから、前の職場で見出した仕事術も応用しながらホワイトな環境で今はバリバリ仕事を頑張っています。

ホワイト企業に転職して一ヶ月経った頃、前の職場よりも仕事がしやすいことに気づいたんです。

僕は営業の仕事に対するノウハウは一年分培っていましたし、ブラック企業で無駄に長い時間働いた経験から経験年数よりも多くの経験を得ていました。

そうしてホワイトな職場で働き出して、それらの経験をフル活用したとき、前よりも「好感触だな」と感じる機会が多くなったんです。

そして、怒られる機会は減りました。

あ、僕は仕事ができないダメな奴じゃないんだ!!

僕はここに居ていいんだ!!

どこからか「おめでとう」と聞こえてきそうですが、僕の当時の心境はまんまシンジ君です。

自分で自分に拍手喝采しながら、「おめでとう」と言ってやりたくなりました。周りの景色が一気に開けていくような感覚を覚え、空がよりいっそう青く感じたのを覚えています。

「仕事ができない・こなせない」という悩みは転職で解決するかも

「仕事ができない」と悩んでいる人の多くは、きっと本当に「仕事ができない」のではないと思います。

その職場での仕事が向いていないだけです。職場環境が悪いから仕事のパフォーマンスが落ちることもあるでしょうし、その職種自体が向いていないから仕事ができないように感じるということもあるでしょう。

いずれにしても、「仕事ができない」という悩みを解決するには転職が一番の近道です。

逃げ道のように感じる人もいるでしょう。

逃げ道じゃありません。

仮に逃げ道だったとしても、「逃げるは恥だが…」って言うじゃありませんか。その先に明るい未来が待っているとしたら、その道を選ばないほうが恥というもんです。

転職をして、仕事ができないダメな奴ではないということを自分自身に知らしめてやりましょう。

本当の意味で何の仕事もできないような人は、この世にはほとんどいません!!