彼らは、大人になりきれていないのだ。

仕事を辞めたいと悩む人の中には、会社で悪口や陰口を言われていることが原因という人がいます。組織の中には人の好き嫌いが生まれるのは仕方がないことだけど、悪口や陰口を本人にわかるように言う人が職場内にいると気に病んでしまいますよね。

悪口や陰口を言われると傷つくし、嫌われているとわかると仕事もやりづらくなります。

ただ、僕は言いたい! 悪口や陰口ばかり言う人はくだらないと。

悪口や陰口を気に病まない唯一の方法

僕が思うに、悪口や陰口を気に病まない方法はひとつしかありません。

彼らを見下すか、直接文句を言うかのどちらかです。今、仕事を辞めたいと本気で思っているのなら直接文句を言うのもアリかもしれません。「辞める覚悟」を決めているからこそ、できることですよね。

僕が思うに、陰口を言う人は度胸も勇気も何もありません

直接文句を言いに行くと、それだけで黙ります。職場の外で誰かに愚痴りはするでしょうが、職場内では大人しくなるはずです。

複数人に悪口や陰口を言われているという場合は、その中心人物が一人の時を狙って文句を言いましょう。

ただ、文句の言い方には注意したほうがいいですね。ただただ鬱憤を晴らすだけの言い方になってしまうと、あなたも悪口や陰口を言う人と同等になってしまいますから。

あくまでも冷静に、「そういう態度を取られると仕事に支障が出るから」というようなニュアンスで忠告するんです。

そうしたら、明日から悪口や陰口が聞こえてくることはなくなります。

転職するとしても、スッキリとした気持ちで前向きに転職できるでしょう。

仕事を辞める・辞めないに関わらず、一度は直接文句を言うことをオススメします。内心で見下すというのもアリと言えばアリですが、根本的な解決にはなりません。やはり、直接言ってやるのが一番ですよ。

もしも、悪口・陰口グループが職場の多数派だったら?

もし、悪口や陰口を言っているグループが職場の多数派だったとしたら…悪いことは言わないから転職したほうがいいと思います。

悪口や陰口を言っている人は度胸も勇気もなく、さらに大人になりきれていないガキです。嫌いだと思っても相手の耳に入りそうなところでは悪口を飲み込んで、家の中で人知れず発散するのが社会人というもの。

社会人が「嫌いだ嫌いだ」と言っていたら、仕事になりませんからね。嫌いな人とも仕事をしなきゃいけないのに、自分から仕事をやりづらくさせてどうするんだと。

彼らは未熟なんです。

そんな人たちが職場内で多数派だとしたら、その職場自体が未熟と言えます。

だから、転職すべきですよ。

そんな未熟な人たちに支配された未熟な職場に留まったら、あなたも成長できません。彼らのようなバカ者たちに引きずられて、自分まで未熟者になる必要はないのだから。

最終手段はやっぱり転職しかない

悪口や陰口を言われていて仕事を辞めたいと思っているのなら、一度直接文句を言ってから転職することを僕は断固としてオススメします。

ただ、人間関係から転職を考え始めると必ずこういう不安が出てくるんですよ。

「職場の人間関係が原因の転職って、どうなの?」

その不安・疑問にお答えしましょう。

普通です。

職場の人間関係が理由で転職したいと考え、実際に転職する人はとても多いんですよ。

リクナビNEXTの「退職理由の本音ランキング」によると、同僚・先輩・後輩とうまくいかなかったという人間関係の悩みが3位にランクインしています。このランキングだと給料よりも上のランクなんですよ。

給料や待遇の不満よりも、人間関係の悩みやトラブルの方が転職を志す理由になっていることが多い! だから、人間関係が原因で仕事を辞めたいというのは普通なんです。何もおかしい話ではありません。

ただ、それは「本音」の話です。

本音ランキング以外のランキングを見てみると、人間関係の悩みはトップ10にも入っていません。たとえばDODAの転職理由ランキングを見てみると、人間関係に関することは14位となっています。

1位が「他にやりたい仕事がある」という前向きな理由で、他のトップ10の理由を見てみても「前向きな理由」もしくは、「具体的な理由」に限られているんです。恐らく本音は10位以下の理由に多いんだと思います。

これは、恐らく転職エージェントに語るための転職理由なんですよ。

そして、それはそのまま求人先企業に求める希望条件でもあります。「人間関係が良好かどうか」は大前提に過ぎず、それだけを転職目的にはしていないということです。

だから、「人間関係から転職を考える」のは普通だけど、転職するときは人間関係に始終してはいけません。給料や待遇をアップさせたいということや、違う仕事がしたいということなど、他の希望条件をかなえることをメインに転職活動をしましょう。

そうは言っても、気になる人間関係

人間関係に始終せず、他の希望条件を叶えようと僕は語りました。

だけど、そうは言っても人間関係が気になりますよね。

そこで! 僕がオススメする転職活動の進め方を紹介しましょう。

最初に、転職エージェントに登録します。

転職エージェントには、希望条件として「給料アップ」や「残業が少ない方がいい」などの具体的な転職理由を伝えておくんです。そうすると、その条件を叶えられるような求人を転職エージェントがオススメしてくれます。

中には気になる求人があるでしょう。気になった求人をピックアップしておき、その求人に対して「この求人先企業の職場の雰囲気はどのような感じか」と、転職エージェントに質問するんです。

転職エージェントは、実際に職場訪問をしている場合があります。だから、答えられる範囲で職場の雰囲気なども教えてくれるんですよ。

仮に転職エージェントからの情報量が足りなくても、そのときは社員口コミ投稿サイトなどを使って調べればいいんです。質問したり調べたりすれば、少なくとも自分に合わない雰囲気の職場に転職してしまうことは避けられるでしょう。

あとは、そこからの立ち回り方次第です。

出来るだけ嫌われないよう、元気よく積極的に挨拶しましょう。

僕が思うに、人間関係を良好かつ円滑に進めるには「自分から積極的に元気よく挨拶すること」に尽きますよ。

給料や待遇アップ! 働きやすさも手に入れたところで、積極的に元気よく挨拶して人間関係の不満も吹き飛ばそう! 一石二鳥の転職をするのだ。