もしかして:ノイローゼ。

仕事を辞めたいと思いながら、辛い毎日を過ごしているあなた。最近、不安感や嫌悪感・憂鬱感が強いと感じていることから、自分自身はノイローゼになりかけているんじゃないかと自覚しているのではないでしょうか。

仕事のストレスや人間関係のアレやコレやなどなど…社会人は、とにかくストレスが多いですからねえ。ノイローゼになるのも無理はありません。

「最近、得たいの知れない不安や焦燥感にかられる」
「最近、手足が痺れる、動悸息切れもあるような」

そんな人は要注意! 仕事のノイローゼとは何かを知り、対策しないとヤバイですよ。

そもそも、ノイローゼって何?

「ノイローゼとは何だ? うつとは違うのか?」と、疑問に感じる人も多いと思います。

ノイローゼは、うつ病などの精神病とは別物です。ノイローゼは「神経症」なんですよ。原因として考えられていることの多くは、「環境に対する不適応」「不安感による精神的バランス崩壊」「悩み」「強いストレスやショック」などです。

何らかの原因で精神的バランスが崩れて、神経症として表れるのがノイローゼということですね。

症状としては、「強迫神経症」「不安神経症」「恐怖症」などが当てはまります。

強迫神経症は、強迫性障害とも言いますね。何か特定の行為や考えが抜けなくて、生活に支障がある状態のことです。たとえば…「鍵をかけたっけ?」と、何度も玄関に戻って鍵を確認したり、買い物前に必ず財布を確認したりすること。

そして、その特定の行為のことを「儀式行為」と言うこともあります。

不安神経症というのは、過剰な不安から動悸・息切れ・手足のしびれなどの身体的症状が出ることです。

恐怖症というのは、言わずもがなですよね。「対人恐怖症」「社会恐怖症」などが、仕事関係だとあるでしょうか。疲れ切った営業マンが対人恐怖症になった話とか、社畜がノイローゼになって社会に出るのが怖くなった話とか、よく聞きますしねえ。

また、一時的な症状として「神経衰弱」というものもあります。これは休めばほとんど治るようです。

以上の症状の中で、何らかの自覚症状があるなら、要注意というわけですね。

なりやすい性格とか、あるの?

ノイローゼは状況次第で誰でもなるものだから、一概には言えませんが、「神経症になりやすい」と言われている性格の傾向はあります。僕もネットで調べただけなんですが、神経質な人や完ぺき主義な人は神経症になりやすいそうですよ。

あとは、「傷つきやすい」「心配性」「依存しやすい」「引っ込み思案」「内気」「頑固」「感情的な人」などがノイローゼになりやすいと言われています。そういう人は、色々気にしてしまってストレスが溜まるのかもしれませんね。

完璧主義とか、神経質な人とかは、強迫性障害の症状が出やすいのかなと僕は思います。

当てはまる人は、自分自身の性格に目を向けてみるのも対策の一環としてはアリかもしれませんね。

ノイローゼの原因、自覚ある?

ノイローゼに対処するには、ノイローゼの原因を突き止めないといけません。あなたのノイローゼはどこから? 「私は人間関係から」「僕は仕事がうまくいかないことから」などなど、自分自身にとっての原因があるはずです。

たとえば、「人間関係が原因」という人が取れる対策は、「職場の人間関係に対する認識を変える」「環境を変える」などが考えられます。

仕事がうまくいかないことが原因」という人の場合、「職種または職場環境を変える」ことと「仕事がうまくいかない原因を探る」ことなどが対策になるでしょう。

じゃあ、実際どういう対策が出来るのかをもう少し詳しくみてみたいと思います。

人間関係のに対する認識を変えよう

人間関係が原因でノイローゼになる人の多くは、「自分が悪い」という考えをしているか、「嫌われたくない」という考えをしているかのどちらかだと僕は思うんですよ。というか、人間関係に悩む人の思考自体、その二パターンがメインじゃないでしょうか。

だったら、その考えを変えればいい!

人間関係がうまくいかないのは自分が悪い? 何をバカなことを言っているんだ、誰も悪くない。ただその人と自分自身の考えが合わなかったり、相性が悪かったりするだけです。責任の所在があるとしたら…なんだろう、神?

嫌われたくないという考えも、僕からしてみればバカみたいです。

職場の人に嫌われたところで、何がどうなりますか? 「嫌いな人には仕事の態度が厳しくなるのでは? 仕事がやりづらいのでは?」と思うかもしれないけど、まともな社会人は私情を仕事に挟みません。

もし、嫌われて仕事に支障が出たなら、その責任は相手にある!

また、職場の人間とは別に一生付き合うわけではありません。彼らは友人ではないのだから。友達に嫌われたくないというのはわかりますが、単なるビジネスの付き合いの人に嫌われたくないと考えるのは無駄無駄無駄ァ!

嫌われてもいいんだよ。

それに、「挨拶」「笑顔」「積極的に」を心がければ職場の人間に嫌われる可能性は少なくなります。

僕の持論ですけどね。職場で嫌われる人の特徴は、「挨拶が出来ない人」「笑顔が少ない人」「消極的な人」なんです。自分から動いて仕事をしたり、積極的に笑顔で挨拶をしたら嫌われる心配はご無用。

そういう風に考えを改めたら、ほら、張っていた片意地がほぐれていきませんか?

人と人との関係なんて、相性があるんだから嫌われてもしょうがないし、責任はどこにもないんです。

この考えを持てば、本格的にノイローゼになる前に神経症の進行をストップできると思いますよ。

仕事がうまくいかない原因は何?

仕事がうまくいかないことが原因でノイローゼになる人は、仕事がうまくいかない責任を自分自身に押し付けがちなのでは?

自分が未熟だから、僕が悪いんだ!

だけど、そう考えている人は何かしらの努力をした人のはずです。未熟を自覚したら、人は努力をするはずだから。そこでなんの努力をしようともしないような人は、そもそもノイローゼにならないでしょう。

僕が思うに、努力したけどうまくいかないことの多くは「向いていない」ことが原因なんですよ。

今の仕事が向いていないから、今の職場環境に適応できていないから、仕事がうまくいかないわけだ。

結局、職種や職場環境を変えることが対策になるわけです。

一番の対策は、環境を変えること

神経症の原因は、「環境に対する不適応」と「不安による精神バランスの崩壊」が一番ありがちだと思います。一番の対策になるのは、考え方を変えることと環境を変えることではないでしょうか。

特に仕事でノイローゼになりかけているなら、環境を変えるのは大いに効果があります。

今の仕事に対して、不満や不安があるはずです。自分が向いていないと思う原因があるはず。それらを探し出して、不満・不安・向いていない原因を解消することが出来る仕事や職場を探しましょう。

転職エージェントを使えば、希望条件を満たした求人がたくさん得られます。

とにかく、今出来ることは二つ!

「考え方を変える努力をする」
「転職活動をしてみる」

あなたの神経を犯すストレスから、逃げ出そう!