逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃ…ダメか?

我慢するのが美徳みたいなことが言われがちだけど、我慢することは特に美徳ではないと思う今日この頃。あまりに辛すぎることがあったら、逃げた方が得をすることが多いじゃないですか。自分を犠牲にしてまで何を得るの? という話です。

「仕事を辞めたい」と思いながらも、「ただの逃げなのか?」と不安になるあなたはまじめな人なのでしょう。優しく、野良猫なんかに好かれやすい人なんだと思います。

ただ! 逃げちゃダメということはないし、そもそもあなたのそれは逃げなのでしょうか?

少し、考えてみたいと思います。

仕事を辞めるのは、逃げなのか?

仕事を辞めるのは逃げだ、と声高に叫ぶ人がいます。「仕事を辞めたいです」と言ったら、「逃げちゃいかんよ」と返す人もいるだろう。ただ、僕が思うのは「仕事を辞めるとき、ほとんどの場合は『ただの逃げ』ではない」ということです。

大変な思いをしてまで就いた仕事を辞めたいと思うということは、それだけ辛い状況だということでしょう?

余程の破滅願望主義者でない限り、苦労して手に入れた場所・地位を手放すのは惜しいと考えるものです。その口惜しさよりも「辞めたい」という気持ちが勝っているということは、それ相応に辛いということ。

辛いことから逃げているのかもしれないけれど、「ただの逃げだ」と一蹴することはできません。

そんな権利は、誰にもないと思います。だから、仕事を辞めるという選択を取ること自体は間違いではありませんよ。

嫌な環境や辛い状況に身を置き続けること以上に厳しいことはなかなかないし、その状態が続いたらうつ病になりかねません。嫌だ、辛いと思いながら仕事をすることには何の意味も無いと僕は思います。

そんなことを感じながら仕事をしていても、成長しないし成果も残せない。ただダラダラしてしまうだけです。嫌なことからは逃げないと、明るい未来は掴めません。今の環境で戦うのではなく、新しい環境に移るために戦いましょうよ。

しかし、考え方・行動を間違えると「ただの逃げ」と言われても仕方がない状況になってしまうことがあります。どういうケースが「ただの逃げ」になってしまうのか? 建設的な転職とは何か…。

これからじっくりと紹介しましょう。

転職勝組たちの、大前提

建設的な転職をして勝組になった人のことを「転職勝組」、ただの逃げになってしまった人のことを「転職負け組」としましょう。

転職勝組になるためには、大前提となる条件があります。

これは、僕がこのブログで何度も語ってきたことです。その大前提というのが、「仕事を辞めたいと思った理由をハッキリさせること」。転職勝組になれるかどうかは、正直これに尽きます。

この大前提がしっかりできていないと、それだけで負け組になってしまうと言っても過言ではありません。

だって、考えてみて欲しいんです。「どこに逃げればいいか」がわからないと、逃げ切れませんよね。辞めたいと思った理由を知らないと、その理由を解消できる仕事・職場を見つけることができません。逃げる先が見つからないまま走っても、力尽きるだけです。

行き着く先は、同じような辛さのある仕事・職場でしょう。

建設的な転職をするために、あなたが最初にすべきなのは「転職理由を明確にすること」です。自分が今の仕事や職場のどういうところに「辛い」と感じているのかを紙に書いていけば、自ずと見えてきますよ。

答えが見えてきたら、その転職理由をひっくり返してみてください。「給料が低い」は「給料が高い」に、「残業が多い」は「残業が少ない」に。そうすると、あなたが選ぶべき仕事や職場の特徴が見えてきます。

しっかりとした対策を立てる

逃げるからには、対策は重要。

パニック映画やゾンビ映画で、必ずと言って良いほど死ぬ役柄の人がいます。映画を見る人はピーンときたでしょうか。「何も考えず、突っ走る人」です。我先にと対策を立てずに逃げたり、わき目も降らず突っ走ったりするだけの人は、必ず死にます。

必死すぎて「どうしたら逃げ切れるか」を考えてないわけです。「必ず死ぬ」だけにね。

彼らは「ただ逃げているだけ」だし、彼らの行為は「ただの逃げ」でしかありません。一方主人公たちはどうするでしょうか? 対策を立てながら逃げますよね。対策を立てながらゾンビやモンスターと戦いながら、逃げる。

そう、建設的な逃げは「戦い」なんです。

それじゃあ、転職における戦いの準備や計画・対策とは何か?

たとえば、転職エージェントを頼るというのは一種の計画・戦法だと思います。彼らはその道のプロだから、転職者に建設的な意見やアドバイスをくれるんです。求人を紹介してくれるだけではなく、色々な恩恵を得られる。転職活動のスケジュールを立てる手助けもしれくれるから、これで「計画や対策」は完璧です。

選考書類や面接対策といった「武器の準備」も手伝ってくれますよ。

また、大前提で語った「辞めたいと思った理由を知ること」も必要な計画のひとつですね。

転職エージェントを頼っても、その退職理由を軸として転職対策を立てますから。以上、勝つために必要な計画・準備・対策全てを手伝ってくれるため、転職エージェントは非常にオススメです。転職勝組のマストとも言えるかもしれません。

それに、思うんですよ。

ゾンビ映画やパニック映画で死ぬ人のもう一つの特徴は…「人を頼らないこと」だって。

「逃げ」に対する考え方の違い

結局のところ、ただの逃げになってしまう転職負け組と、建設的な転職をして逃げ切った転職勝組との違いは「逃げる」という行為に対する考え方の違いだと僕は思います。「逃げる」ということを、ただの「逃げ」だと考えているから対策を立てないし無暗やたらに突っ走って失敗するんです。

「逃げる」という行為を、幸せや理想の人生を掴むための戦いだと捉える人こそ転職勝組になるのではないでしょうか。

嫌な環境や辛い状況から逃げずに立ち向かい続けるのは、ストイックすぎます。それに、逃げることも戦いのひとつです。戦いながら逃げて、逃げて、逃げまくりましょう。それこそが、転職勝組の考え方と行動であり、人生勝者たり得る条件だと僕は思いますよ。

だから、仕事を辞めたいと悩み続けてきたみんな!

逃げて、逃げて、逃げましょう。

それが「戦う」ということだから。