仕事が辛いとき、「ああもう本当無理」と疲れ切ってしまったとき、音楽が癒してくれる、勇気づけてくれる。

僕はよく、音楽を聴いています。疲れているときには元気が出る曲を聴くし、自分を見失ったときには励ましてくれる曲を聴くんです。人の心に寄り添う音楽を、僕から届けたいと思います。

僕がオススメする、仕事が辛いとき・疲れたときに聴きたい曲を年代・ジャンルごちゃまぜで紹介しましょう!

ファイト / 中島みゆき

中島みゆきの、応援歌。

「勝つか負けるかそれはわからない。それでもとにかく闘いの出場通知を抱きしめて、あいつは海になりました。ファイト! 闘う君の唄を闘わない奴等が笑うだろう」

とても中島みゆきらしいと感じる歌詞なんですが、この綺麗なようだけど泥臭い歌詞が凄く胸に刺さるんですよね。曲のはじめに「あたし中卒やからね。仕事をもらわれへんのやと書いた女の子の手紙の文字は、とがりながらふるえている」というフレーズが入るのにも痺れます。

苦しいし、悔しいけど、心の奥底から闘う勇気が湧いてくる曲ですよ。

結晶星 / KANABOON

「もういいかい? もういいよ」

この曲の歌詞は好きな部分がたくさんあるんですが、一番好きなのはこの短いフレーズです。サビの終わりに繰り返しこの言葉を歌うんですが、凄く勇気が出る言葉ですよねえ。「もういいかい? もういいよ」というのは。

他にも「やめたいならやめればいいじゃん」「君がしたいならそうすりゃいいじゃん」と、「もういいよ」がたくさん詰まった曲です。

もういいかい? 自問自答するときに、もういいんだという選択肢をくれる曲。仕事を辞めたい人、思うように生きたいと悩む人に届け。

ええねん / ウルフルズ

簡単に言うと、ウルフルズがひたすら「ええねん」と肯定してくれる曲です。そんな「ええねん」の歌詞の中から、僕が好きな「ええねんフレーズ」を集めてみました。

  • 笑い飛ばせばええねん 好きにするのがええねん
  • 後悔してもええねん また始めたらええねん
  • ハッタリだけでええねん 背伸びしたってええねん
  • 終わりよければええねん

僕が結構このブログで言っていることが、多いんですよね。特に「ハッタリだけでええねん」というのは、僕も結構言います。たとえば、自信を出すために「10万円財布に入れておく」というハッタリだけでも良いんだと語ったことがありました。

「笑えばいいよ」というのも、ふざけながら何度も語った。

この曲を聴くと、何か辛いことがあったときに頭の中の関西人が「ええねん」と言ってくれるようになります。一度聴けば「ええねん」が頭にこびりつき、離れなくなりますよ。

新興宗教ええねん教団を立ち上げたくなります。冗談ですが。

同じくウルフルズの『笑えれば』もオススメ。「仕事に疲れたらとりあえずウルフルズ」というのが、僕が友達にいつも言うことです。

サザンカ / SEKAI NO OWARI

「夢を追う君へ 思い出して つまずいたなら いつだって物語の主人公は笑われる方だ」

夢を追う人間は、人々から笑われてしまいます。大人になると特に、夢追い人に指をさして笑う人が多いです。ただ、漫画の主人公もアニメのヒーローたちもみんな「笑われてきた人間」なんだと熱く何度も語る歌詞が心をグッと掴みますね。

成功者は、笑われてきた。

挫折して涙が出て悔しくて…。

そんな人に対するメッセージが、たくさん込められていますよ。

希望という名の光 / 山下達郎

「この世でたったひとつの 命を削りながら 歩き続けるあなたは 自由という名の風」

歌いだしの歌詞が一番好きです。働くということは、まさにひとつしかない命を削りながら歩き続けるということなんですよね。だけど縛られているわけではなくて、僕らの命は人生は自由なんだということを思い出させてくれます。

僕はこの曲を聴くと、勝手に涙がこぼれてくる。

山下達郎が優しく歌い上げる歌詞には、希望の光も愛もたくさん詰まっています。疲れているときにも、頑張っているときにも、「まだまだこれから」というときにも、聴きたい曲です。

明日も / SHISHAMO

「報われるかなんて分からないけど とりあえずまだ僕は折れない ヒーローに自分重ねて明日も」

歌いだしからして「月火水木金働いた」という歌詞が、この曲が「毎日頑張る人」に向けた曲であることを思わせますよね。一番はサラリーマン向け、二番は「頑張って学校に行く人に向かた歌詞」になるのも特徴的です。

最後のサビ三連発の盛り上がりと、歌詞の直球さには元気づけられます。そして何気にボーカルがかわいい。

構成的にもメッセージ的にも、全体通して同じことが語られています。

辛いことがたくさんあるけど、泣きながらでもいいじゃん。明日の自分のために、泣きながらでも今日を走ればいい。

そして、明日も。

ショパン前奏曲第15番 雨だれのプレリュード

ショパンが20代後半ごろに書いた曲と言われています。当時、彼は恋人と一緒にスペインで静養中でした。フランツ・リストを通して出会った恋人との愛の逃避行を楽しんでいたんですが、ショパンが結核になり地元住民に追い出されてしまいます。

急いで療養する場所を探し、そこにお気に入りのピアノを届けさせた後に完成させた全24曲の前奏曲。

そのうちの一曲が雨だれのプレリュードです。

地中海のおだやかな気候と、長く降り続く雨を思わせるメロディがなんとも言えずゆったりとしていて癒されます。ただ、どこか切なさが感じられるというのが特徴的なんですよねえ。

癒しの音楽として、こういうクラシックもいいのでは?

ショパンのノクターン

またまたショパン!

雨だれのプレリュードよりは有名な曲ですよね。聴けば「これか」と、だれもが思うことでしょう。

夜を想う曲と書いてノクターン(夜想曲)なんですが、この曲は空が白んできたくらいの時間帯の曲なんです。シチュエーション的には、「楽しく夜を明かしたとき」という感じ。現代風に言えばクラブ帰りです。

ただ、個人的には「金曜夜の曲」のように感じます。

長い残業が終わったときの疲労感と高揚感を、この曲から感じるんですよ。途中少し明るく盛り上がる箇所があるんですが、そこが「明日から休み」という高揚感と似ています。本来は「空が白んできて夜が明けた」という表現なのかもしれませんけどね。

金曜夜とか夜勤明けとかも、ある意味夜明けなので間違いではないのか?

とにかく、仕事終わりに聴いてみてください。

癒しと、明日からの活力を貰えますよ。