何かと真剣に向き合うことは、辛く大変なことです。仕事に必死になって向き合う男も女もカッコ良く魅力的だけど、だからと言って限界を感じながらも頑張ると良くないことがあります。

辛いときに頑張ってこそという考え方もありますし、そういった根性論を否定する気も僕はありません。

ただ、仕事と向き合うことに限界を感じたのなら、「頑張る」という選択肢の他に「休む」という選択肢があるのを忘れないようにしましょう。

休むことは、悪いことじゃない

なんだか、「休むことは甘え」だとか「休むことは悪いことだ」というイメージがありますよね。僕が休むことによって誰かに迷惑をかけるとか、怠けていると思われないかとか、色々な不安が頭をよぎります。

ただ、それは自分自身を追い込むための言い訳です。人は辛い道に進むとき、そんな自分を正当化しようとすることがあります。反対に、楽な道に進むときにも言い訳をする人がいますよね。

辛い道に進む時の言い訳も、楽な道を選ぶ時の言い訳も、「真意とは違う道に進んでいるとき」にしてしまうものなんじゃないでしょうか。

本当は休みたいけど頑張る、本当は頑張りたいけど休む…。自分の本当の気持ちに嘘をついているからこそ、自分を裏切っているからこその言い訳なんです。

もし、あなたが「休むのはダメだ」とか「誰かに迷惑をかける」とか言い訳をしようとしたなら、本当は休みたいと思っている証拠になります。

だから、自分を裏切らず、休んでください。

また、休むのも仕事のうちですよ。限界を感じているということは、これ以上頑張れば体調を崩したり、倒れてしまったり、心を壊してしまったりする手前ということです。今休まないと、頑張ることすらままならなくなります。

よし、休もうぜ!

とりあえず、数日休んでみよう

長期間休むことに抵抗がある人は、とりあえず数日間だけでも休んでみては?

有給休暇を数日取得して、思うがまま休んでみよう。有休がなかなかとれないようなブラック企業勤めだったとしたら、身内の不幸を偽りましょう。勝手に死んだことにされる親戚には悪いかもしれませんが、罪悪感より「休めた嬉しさ」の方が勝るので大丈夫ですよ。

僕がそうでしたから。

だから、バレない程度に遠く、数日間休みを取っても不自然ではないほどに近い親戚が死んだと嘘を吐きましょう。この絶妙な距離感が大事です!

数日間休みを取って、何をするかはあなたの自由。

僕は、京都旅行をしましたよ。

旅行が好きなら旅行も良いし、お酒が好きなら朝から飲み歩くのも楽しいかもしれません。翌日も休日だから安心して飲み歩くことができます。ただ、そのときは会社の人が来ないような少し離れたお店を使いましょう。

くれぐれも、会社から近い歓楽街には行かないように、ね。

ゲーム休暇も良いかもしれないし、一日中ネットカフェで漫画を読み漁るのも面白そう! 平日昼から映画をはしごするのも楽しそうですよ。

そうやって自分の好きなことをして、数日間仕事から離れてみてください。

仕事から数日離れると、ストレスもメンタルも疲れも案外吹き飛びます。どれだけお酒を飲んだとしても、アルコールが1日~2日で抜けるのと同じようにね。休むのは、限界だった状態を一旦リセットするには、とても良い手段です。

仕事を辞めるにしても、続けるにしても、エネルギーが必要ですから。

充填、しよう!

休職という選択肢も、無くはない

ブラック企業じゃなければ、ね!

余程ブラックな会社に勤めている場合は、休職という選択肢は無いに等しいかもしれませんね。うつ病の診断書を貰ってくればワンチャンあるかもしれないけど、中には「うつ病なんて気合だ」という根性論を平気でぶつけてくるバカもいますから。

本当に限界だと思い詰めている状態ならうつ病の診断書は案外、スパッとくれます。心の病気は判断が難しいからかはわかりませんが、危険性があったら結構「うつ病かもしれませんね」と言ってくれるものです。

だから、そういう手もある。

普通の会社なら、それほど悩みが深い時点で上司との相談次第で休職はできるものですけどね。

一度辞めて長期的に休むのもアリなんでは?

資金に余裕があるのなら、一度辞めてしまって長期的に休むというのもアリだと思います。家族持ちには難しいかもしれませんが、独身なら守らないといけないのは自分自身だけだから金さえあればなんとかなりますよ。

ただ、どうしても辞めたいなら短期バイトや派遣で食いつなぐというのも手です。

一度バイトとして違う仕事を経験したり、正社員よりも緩いペースで働いたりするのも良いと思います。今の仕事を続けているよりは休めるだろうし、人生経験も増えて復職した際の肥やしにもなるでしょうからね。

何にせよ、辞めたい方には辞めるという選択肢もあるということです。

一度何かを背負うのを辞めるのも、楽しいものだと思います。正社員になるということは、責任を背負うことと同じです。だからこそ向き合う価値があると思うし、だからこそ辛く厳しいこともあると思う。

だから、限界を感じたのなら、一旦背負うのを辞めたら楽になりますよ。

もう一度、背負う気力がわいたとき、また背負い直せばいいんです。

辞めるなら、また背負えるように準備をしておこう

無職になると、今度は仕事に対する気力がわいてくることがあります。仕事を辞める前は「辞めたい」「もう限界だ」と思っていたのに、不思議な話ですよね。再び仕事がしたくなったら、それはもう休まなくても大丈夫という合図。

もう一度背負うことが出来るようになった。

だけど、そんなときに何をしたらいいかわからなくなってしまうと、やる気が削がれるかもしれません。だから、もう一度背負うことが出来るようになったとき、そのやる気を成就させることができるよう、準備しましょう。

その準備とは…転職エージェントに登録だけしておくこと。

転職エージェントに登録すると、転職に関する相談をしたり、求人の紹介を受けたりすることができるようになります。転職を考えている人向けのサービスだけど、「とりあえず登録だけしておく」というのもありなんです。

「今はまだ休みたいけど、そのうち転職しようと思っている」という旨を伝え、いつでも相談できる状態にしておきましょう。

やる気が出たときすぐ連絡して相談し、求人紹介や転職サポートが受けられると便利ですから。

まあ、何はともあれ!

仕事に関して限界を感じているのなら、一度休んでからまた頑張ろう! 休むことも、社会人の勤めですからね。