整体師を辞めたいと思ったら、まずは「職場を変えるだけで解決できないか」を考えてみることをオススメします。

整体師には、さまざまな悩みがありますよね。その悩みの中には「整体師を辞めず、職場を変えるだけで解決する悩み」もあるんです。

これから、どのような職場に転職することでどのような悩みを解決できるのかということを語っていきたいと思います。

その後で、整体師以外の転職先候補も紹介します。

ぜひ参考にしてみて下さい。

まずは「よくある整体師の悩み」を整理しよう

  • 技術不足を感じる
  • 職場の人間関係が辛い
  • 患者さんとのコミュニケーションが苦手
  • 給料に満足できない

以上が、ネットでよく挙げられている整体師の悩みです。

技術不足を感じるというのは、整体師だけじゃなく「技術で生きている人」の多くに共通する悩みでしょう。

技術を磨けばいいという話ではあるけれど、それは簡単にできることではありません。

技術を磨くということは、自分自身が努力すればそれでいいということではありませんからね。

職場環境に問題があったり、自分の磨きたい技術分野の職場ではなかったりすると技術は磨けなくなります。

方法は後程語りますが、転職したほうが技術を磨きやすいということがあるんです。

人間関係も、会話の悩みも、待遇も…転職することで解決する可能性が高いのではないでしょうか。

これから、「職場を変えることで悩みを解決する」「整体師の経験を活かして違う仕事に就く」という二つの方向で転職活動について語りたいと思います。

職場を変えることで悩みを解決しよう!

1.給料の悩みを解決しよう

エステサロンに転職することで給料の悩みは解決する可能性が高いのではないでしょうか。

整体院に比べると、エステサロンは若干給料が高い傾向があるんです。

整体院で働く整体師の給料相場は月給18~20万円前後だと言われています。年収にすると300万円前後です。給料が低い職場では200万円台になることもあります。高くても350万円くらいでしょうか。

もちろん整体師として成長し、顧客を直接受け持つようになれば、もっと稼げるようになるでしょう。

ただ、平均的には給料が高いとは言えませんよね。

一方、エステサロンは年収300~400万円あたりが相場だと言われています。サロンによってはシフトを自由に入れて歩合制でたくさん稼ぐということも可能です。

以上のことから、エステサロンに転職することで給料の悩みが解消される可能性が高いと僕は考えます。

2.会話の悩みを解決しよう

整体院やカイロプラクティック院などに転職すれば、会話の悩みは解決する可能性が高いです。

エステサロンやスポーツジムは会話を重視しますが、整体院やカイロプラクティック院などはその傾向がありません。

エステサロンは「会話による癒し」も大事です。スポーツジムは「会話により相手がどんなトレーニングを必要としているのか」を見極めることが求められます。だから客との会話に悩まされることになるわけです。

一方、整体院やカイロプラクティック院は「体の調子を整えること」を重視しています。

だから、ガッツリと筋肉をほぐしたり骨盤矯正をしたりするのが基本ですよね。

体の状態によっては悲鳴をあげるほどの激しい痛みを伴うこともあります。

これは僕の体験による感想ですが、ガッツリ施術を受けているときに会話を楽しむ余裕は患者にもありません。

整体院やカイロプラクティック院では会話より技術が重視されると言えるでしょう。

以上のことから、整体院やカイロプラクティック院であれば、客や患者との会話に悩むことは少なくなるのではないでしょうか。

3.技術不足の悩みを解決しよう

技術力が高い整体師が多い職場に転職すると、技術を磨きやすくなります。

高い技術を持つ整体師から教わることで、技術を磨けますからね。

もちろん、技術の共有を積極的に行っている職場を選ぶ必要はあります。技術の共有が積極的に行われることが多いのは、人間関係が良好な職場や研修を行っている職場です。

人間関係が良好な職場では、研修がなくても互いの技術を磨くため「自分はこういう風にしている」と話し合うことがあるでしょう。これは整体師だけじゃなく、どんな技術職にも言えることだと思います。

たとえば、IT系エンジニアなら「こういうときはどういうコードを書いているのか」ということを教えてもらうことができるわけです。

また、研修を行っている職場では人間関係の善し悪しにかかわらず、技術の共有が行われます。

技術力が高い整体師が多い職場を選んだうえで以上の二つの基準で求人を絞りこむ…。

そうして転職することで、高い技術を学ぶことができるのではないでしょうか。

整体師の経験を活かせる転職先候補

1.介護職

整体の知識は介護の仕事にも活かせます。

整体の知識というのは「身体バランス」や「骨格・筋肉」などに関する知識ですよね。

介護には「身体介助」が必要不可欠です。

身体介助をするには、人の身体のバランスや加齢による筋肉の衰えなどを知っている必要があります。

だから整体の知識を活かすことができるわけです。

また、介護整体というものを行う介護施設もあります。

介護整体というのは高齢者が自立した生活を送ることができるように、整体によって体の調子を保つことを目的としたものです。

整体の知識がある介護職になる。介護整体を行う整体師になる。介護整体もできる介護職になる…。整体師の介護職への転職には、こういったさまざまな可能性があると言えるのではないでしょうか。

2.プライベートジムのインストラクター

整体の仕事には、カウンセリングが必要不可欠ですよね。

そのカウンセリング経験を活かすことで、プライベートジムのインストラクターへの転職に有利になるのではないでしょうか。

プライベートジムでは、顧客それぞれに合ったトレーニングメニューを組んでいます。顧客の体の調子、ジムに通う目的、達成したい目標、自宅のトレーニング設備などなど…。メニューを組むためにはさまざまな情報が必要です。

だからカウンセリングが重要になります。

それに、トレーニングを開始してからも、トレーニングに関する顧客の悩みなどを聞くことがあるでしょう。

以上のことから、カウンセリング経験はプライベートジムのインストラクターにとってとても重要なものである、と言えます。そして、カウンセリング経験を持つ整体師はプライベートジムのインストラクターに向いている可能性が高い、というわけです。

3.人材コーディネーター

人材コーディネーターは整体師のカウンセリング経験を活かせます。さらに、カウンセリングの経験と技術を今より高く身につけることができるんです。そこからキャリアが広がっていきます。

人材コーディネーターは、求職者と求人先企業とをうまくマッチングさせる仕事です。マッチングを行うには求職者がどのような人物なのかを知っておく必要があります。性格、能力、資格、希望する職種、希望する待遇などをカウンセリングによって聞き出さなければならないんです。

そして、それらに合う求人先企業を瞬時に判断して紹介するのが人材コーディネーターの仕事なんですよ。

もちろん、整体師が行うカウンセリングとは少し異なります。

人材コーディネーターは求職者にカウンセリングして、その希望を叶えるだけではダメです。企業にも求職者に対する希望がありますからね。求職者と企業という異なる立場の希望を一致させなければなりません。

患者の希望に合う施術を行う整体師とは、違います。

ただ、それは今持っているカウンセリングの経験と技術をより高めることに繋がるのではないでしょうか。

技術がより高次元なものになることにより、人材コーディネーターとしての地位が上がります。それだけじゃありません。高いカウンセリング能力が求められる仕事への道も拓けます。たとえば、コンサルタントなどです。

カウンセリング経験を活かしたキャリア形成を考えるのなら、人材コーディネーターをその第一歩として転職先候補に含めると良いのではないでしょうか。