上がアレだと、営業職は辛い。

営業職は上層部の意向やアレコレによる影響を、もろに受けますよね。企業の収益を担う部署だからか、上も営業に干渉してきます。上が有能だったり自分の性格に合う人だったりすると、すごく働きやすいけど…。

社長がワンマンで上層部みんな社長の言いなり状態だと、営業職は大変な目にあいます。

そんなワンマン社長の元で働く営業マンの悲哀に関する話をしながら、転職をするにはどうしたらいいのかを考えてみましょう。

ワンマンにはうんざり…そんな人は結構いる

僕も営業マンですが、ワンマン社長の元で働いたことが無いので、ネットで探してみたところワンマン社長にうんざりしている営業マンの話をたくさん見かけました。

社長のわがままにどうにか応えようとした結果、満足させられず1年間の仕事が全てパーになったり、達成できるはずのない目標に「イエス」と言うしかなく、連日徹夜で体を壊したり…。

そういった話を色々見ていて、思ったことがあります。

ワンマン社長は愛が度を超しているのではないか? 会社のことを考えるあまりそこで働く人のことを考えることができず、人材を見ずに業績ばかりを見てしまう。だから営業職にはキツく当たり散らすし、無茶な目標を突き付けてくる。

また、自分自身のことも好きすぎる人が多いように思います。

自分の決定は正しいと思い、独断即決。社長が「これはやったほうがいい」と思えば、相談も無しにやると言う。相談をしたとしても、イエスマンにしか相談しないから結局は独断と同じ。

ただ、社長が「やった方がいい」と言ったことを実際にやるのは社員です。そのための取引先確保などは誰がやる? もちろん営業がやります。

ああ…。

もう、うんざりだ。

だったら、どうする?

ワンマン社長の会社は長くはもたない、辞めてまえ

ワンマン社長は会社を見るが、社員を見ない。

そんな会社は、長くはもちません。組織は多様な人がいるからこそ成り立つものです。組織を形作る人のことを考えなくなってしまっては、組織は成り立たなくなります。そして、そういう多様な人の意見を聞かないワンマン社長の会社は、成長しません。

成長しない会社=未来のない会社です。

建物の数はあまり変わらないのに、会社の数は減ったり増えたりしていますよね。新しい会社が毎年のように現れて世間を賑やかすということは、その分会社は減っている。土地や資産に余裕があって雨後の竹の子みたいにニョキニョキ建物や会社が建った時代ではなく、今は限られた土地や資産を奪い合って会社が競争している時代。

そんな時代において、成長しない会社は取り残されます。

成長しないで許されるのは、国有企業くらいです。

ワンマン社長の会社は長くはもたない。うんざりしているのなら、辞めてしまった方が身のためですよ。

転職先がワンマンかを知るには?

転職先がワンマンかどうかを知る方法や基準は、色々あります。

最初に、企業HPを見ましょう。この際、今の社長がその会社の創業者なのかどうかを確認してください。

社長が創業者である場合は、ワンマン社長の可能性があります。「創業した」という自信と「創業者」という肩書が、社長を無意識にワンマン化させるんです。

企業理念も進むべき先も創業者が一番よくわかっている、と創業者は思います。自分自身が創業したという自信から自分の判断が絶対的に正しいと思い込む。だからワンマンになるわけです。

次に、SNSを見ましょう。社長がSNSをやっている場合、SNS内で会社名を検索するとすぐにアカウントが出てきます。そのアカウントの投稿などを見て、社長の人柄を知りましょう。妙に自信過剰だとか、ワンマン社長のにおいが少しでもするなら慎重になるべきです。

また、SNSを見れば社長の性格と自分が合いそうかどうかもわかります。中小や零細の場合は社長との距離も近くなるので、中小・零細を希望している場合はワンマンかどうかに関わらずSNSをチェックすることをオススメします。

そうやって企業研究をしたら、今度は転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用すると、その職場内の雰囲気や働く社員の実態を知ることができます。その上、職場見学を申し出れば、交渉して対応してくれることもあるんです。職場見学が可能な場合、社長が通ったときの社員の雰囲気をチェックしましょう。

妙にピリピリした空気が流れるように感じるのであれば、ワンマンの可能性が大きいですよ。

最後に、面接でもワンマンかどうかを見極めることができます。

最終面接は社長が行う会社も多いですが、その場合は見極めるチャンスです。相手が自分の話をたいして聞かず、自分の話をし続ける場合はワンマンの可能性が大きい。また、社長とその他の従業員が同席していて、同席している従業員の発言権が小さい場合も要注意。

そういった空気感を、営業で培った空気を読むスキルや対人スキルで見極めましょう!

ワンマン社長を見極めるタイミングは、段階的にたくさんあります。確定させることはできないかもしれないけど、「君子危うきに近づかず」を貫けばワンマン社長の会社に引っかかることはないでしょう。

営業職は「会社の業績のため」にあるものだけど、営業職は「社長のため」に働かなくてもいい。

僕ら営業マンは、会社によって活躍できるかどうかが決まります。自分にとってクソみたいな会社で働くと、営業マンは自分の能力を思う存分発揮できませんよね。働きやすい職場で心身共に健康的に働かないと、営業相手に対して弱みを見せることにもなる。

営業は元気でいてなんぼ! ワンマン社長の元から脱出して、元気に働きましょう