Mのマークと言えば、マクドナルドとマリオが思い浮かびますよね。誰もがそれを示す記号として認識しているというのは、凄いことだと思います。

しかも、どちらも世界共通認識! だけど、誰もが知るところで働くというのは、それはそれで辛い面もあるというものですよ。マリオにも悲哀があるのかって? 彼のことは一度忘れてください。

マクドナルドに社員として入社したけど、仕事を辞めたい! そんな人は多いはず。

マリオ…じゃなくて、マクドナルドで働く社員の口コミから、マックの傾向・社風を分析し、そこからどういうところに転職したらいいか、おすすめ転職先を導き出したいと思います!

店舗によって忙しさがかなり変わる

カイシャの評判を見ていると、店舗ごとに状況がかなり変わるようですね。配属先によっては「それほど忙しくもない」と語る人もいるし、逆に「過酷」と語る人もいます。

過酷な例を見ると、「ほとんど家に帰らず店舗に泊り込む人もいる」とのこと。

店舗に泊り込むというのがイメージしづらいですが、24時間営業の店舗だとしたら納得です。さらに、こういう声もありました。「社員は、仕事が終わった後デスクワークをしていることが結構ある」と。声を発した人本人はアルバイトですが、社員を見ると忙しそうにしているなあと感じているみたいです。

その分、年収は業界内だと破格と言えるほど高いようで、忙しくてもたくさん稼げるならいいかと割り切れる人にはよさそう。

幅広い年代の人と働く楽しさと難しさ

マクドナルドは、高校生からご年配の方まで幅広い年齢の人が働いています。僕も客として利用するけど、確かに年齢の幅が凄い広いんですよね。下は高校生、上は60代の方もいるんじゃないでしょうか。

とにかくヤベエ。

ただ、それを「自分自身の価値観が広がる」「ワイワイしていて楽しい」と前向きに捉える人もいます。逆に、「幅広い年齢層のバイトを束ねないといけないのが大変」という声もあるんですよね。

向いている人、向いていない人

マクドナルドは、店長・エリア長を目指して向上心高くがんばれる人には楽しい会社だと思います。幅広い年齢層を束ねる経験と、その中で学べることはたくさんあるでしょう。上を目指す人は、貪欲にバイトからさまざまなものを吸収していくことと思います。

そういう人には、高い給料を払う仕組みもあることですしね。

ただ、逆に仕事の理不尽なところや矛盾を強く感じ取ってしまう人や、幅広い年齢層の人とかかわることがストレスに感じてしまう人には、向いていないと言えそうです。

辞めたいと思っている人で、向いていない人の特徴に当てはまる人は躊躇いなく辞めたほうが人生が好転しそうだ。

マクドナルドが向いていない人にオススメの転職先

マクドナルドみたいなファーストフード店は、どこも似たような傾向があると思います。どの会社の店舗もバイトは幅広い年齢層を雇っているし、忙しさや理不尽なことはあるでしょうから。

だから、まず全体的に言えるのはファーストフード業界はオススメしないということ。

じゃあ、ほかの販売は? というと、ほかに自分が興味を持てるものがあれば販売は向いていると思います。マクドナルドも突き詰めれば販売・接客業ですし、共通点は多いでしょう。

ただ、販売業は売り物に興味が持てないと辛いと思います。

自分が愛せないものを、人に愛してもらうように勧められないでしょうから。よほど器用な人はそれができると思うけど、「ああ俺(私)不器用だわ」という自覚があるなら、売り物は興味があるものを選ぼう。

販売じゃなくて営業に転職したいと考える人も多いと思いますが、営業にも似たことが言えます。

「興味ないけどIT系の求人が多いし、ITかな」と考えるよりも、「求人多いかはわからないけど、この業界いいかもな」という考え方のほうが、向いている仕事に恵まれやすいです。

仕事を好きになる必要はないけれど、「仕事をしていて苦にならない」というのは必須条件だから。

だから、個人的オススメは「興味が持てる業界の販売・サービス業、または営業職」です。

もし、何かを売る仕事や接客業自体避けたいのなら、事務系の仕事という選択肢もあります。特に、正社員ならマクドナルドでデスクワークや事務方の仕事も経験しているでしょうから、馴染みやすいんじゃないでしょうか?

店長の経験があるなら経理系の仕事もよさそうですね。

現場で働いて商品に対して思うことがあったのなら、企画部なんて面白そうじゃないですか? マクドナルド社員からの転職先、案外いろいろなものが思い浮かびそうです。ほかにも、人とかかわりたくないなら警備・ビルメンテナンスなどという選択肢もあります。

とにかく、転職先を決めるときに考えるべきことは、自分に何が向いているかと、何に興味があるかの二つです。

それをマクドナルドを辞めたい理由から考えてもいいし、いろいろな仕事をリサーチしながら考えてもいいわけですよ。もちろん、僕のオススメを検討してみてもいい。

マクドナルドに合わないと感じたら、自分に合う仕事・会社に行こう。

I’m loving it.と言える仕事を探そう!