介護事務への転職に興味がある人にまず言いたいこと。

「介護事務は、特殊な事務」です。

介護業界はこれからどんどん需要が高くなっていく将来性のある業界。そこで働く介護事務にも同じようなことが言えます。だから介護事務への転職に興味があるという未経験者は、実際かなり多いんじゃないかと思うんですよ。

ただ、介護事務の持つ「事務職」としての特殊性と、介護事務に転職するための事前知識だけは転職を決断する前に知っておきましょう。

そのお手伝いを、させていただきます。

介護事務とは【仕事内容・給料・労働環境】

最初に、介護事務とは何かということをじっくりと簡単に説明したいと思います。介護事務の仕事が事務職としてどのように特殊なのか? 年収や労働環境は? これを見ればそのすべてがわかる!

1.仕事内容

  • 介護報酬請求
  • 労務管理
  • 予算管理
  • 備品購入と修繕
  • 電話対応と来客対応
  • その他雑務

介護事務は、一般企業で言うところの総務に近いです。

上から順に見ていきましょう。

介護報酬請求業務
は、介護事務の中で最も存在感の大きな仕事です。

介護保険を利用することにより、介護を受ける利用者の負担は料金全体の1~2割になります。残り8~9割は介護給付として事業所に支払われるわけですが、その金額を算定することが介護報酬請求業務の内容です。

介護事務はその金額を算定した後に介護給付費明細書を作り、介護報酬の請求を行います。請求業務と言いますが実際に請求を行うのは月に一度です。日常業務としては、明細書づくりがメインになります。

介護報酬請求業務を進めながら、施設職員の労働条件通知書作成などの労務管理を行い、施設の予算を管理して財務状況を把握し…。

そのうえ電話対応と来客対応までするわけだから、大変な仕事ですよねえ。

ただでさえ業務範囲がとても広い仕事なんですが、介護職員たちから「何でも屋」のような扱いを受けることが多いです。

その他雑務には、本当にさまざまな仕事が含まれます。

「ごみ捨て」だとか「レクリエーション準備の手伝い」だとか…。

デスクワークだけではなく、あちらこちらに駆けずり回ることもあるわけです。介護報酬請求が特殊な仕事ということもありますが、そういう意味でも事務職の中では比較的特殊な仕事と言えるのではないでしょうか。

2.労働環境と給料

基本的には、その日やるべき事務処理を片付ければ仕事が終わりという感じです。介護施設勤務ではありますが「利用者がいる限り仕事をする」というようなことは、特にありません。夜勤などもないです。

勤務時間は9時~17時または18時が一般的。

イレギュラーが無い限りは残業もあまりありません。

月末月初に、介護報酬請求の作業により残業が少し発生するくらいですね。ただ、この作業をしているときに請求内容に誤りがあったとなると残業はかなり長くなります。遡って修正しないといけませんから。

また、自分が関与していないところでも介護現場にトラブルが起こればその対応で残業をすることがあります。

残業は「基本的になし」なものの、「無い」と言い切れないのが介護事務の実態というわけです。

休日は連携機関であるところの病院や役所もまた土日休みということがあり、介護事務も土日に休むのが一般的。

年収は、300万円前後が平均となります。

未経験の場合は、スタートが18万円程度ということも多いですねえ。介護福祉士の年収基準よりほんの少し低い程度となります。

↑こちらの記事で、よくある退職理由や悩みなどを紹介しています。

介護事務の仕事に転職するための事前知識

介護事務の仕事は幅が広く専門的な割には、それほど給料が高くはない。ただ残業はあまりないので安定的に働けるという特徴があるということでした。そんな介護事務に「ますます興味出てきたぞ!」という人のために、未経験から介護事務に転職するための予備知識を説明したいと思います。

1.介護事務に向いてる人はどんな人か

  • コミュニケーション能力が高い人
  • チームプレイが好きな人
  • 並行して作業を行うのが得意な人
  • 数字に強い人
  • 几帳面な人
  • 地道な作業が得意な人
  • ボランティア精神のある人

介護事務は介護職の人と連携をしたり、介護報酬請求の関係で役所と連携したり…何かとコミュニケーションをとる機会が多いです。介護事務はソロプレイでは成り立たず、チームプレイヤーが必要とされています。

コミュニケーション能力は、必須です。

また、さまざまな作業がある中で作業を一時中断して違う作業を行い、また元の作業に戻るという事の繰り返しになることが多々あります。そういうのが得意な人は、介護事務にとても向いてる人と言えるでしょう。

予算管理や介護報酬請求など経理的な仕事も多いため、数字に強いというのも必要な適性ですし几帳面な人だとなお良いです。

基本的には事務作業なのでかなり地道な作業をコツコツこなすことになります。

ジグソーパズルやゲームのレベル上げ、プラモデル制作などが好きな人には合うでしょうね。

雑用も多いためボランティア精神が無いと苦痛に感じる場面も多いです。

以上に当てはまる数が多ければ多いほど、あなたは介護事務に向いてる人と言えるのではないでしょうか。

2.資格は必要? 難易度は?

介護事務の仕事をするのに必ずしも資格が要るということはありませんが、あった方が良いことは確かです。

介護事務の資格には主に、「介護事務管理士」「介護事務実務士」「ケアクラーク」「介護保険事務士」「介護保険事務管理士」などがあります。なんだかものすごく種類が多いんですよねえ。

この中からどれを選ぶのがおすすめか…。

個人的には、介護事務管理士が良いと思います。

介護事務管理士は、介護報酬請求業務に関する知識をメインに学ぶための資格です。マークテスト方式による学科試験と、実技によるレセプト作成と点検作業とが試験内容となります。

認知度が高い資格のため、未経験者が転職するときに持っていると「お!? いいねえ」と好印象です。

未経験から介護事務に転職するときに最大の不安材料となるのは、専門知識。そこを補える資格なので、転職前に取得しておきましょう。

受験資格は特にナシ! 誰でも挑戦できますよ。

転職エージェントに相談してみよう

実際に介護事務に転職するときには、資格を取得して「向いてる人の特徴」を参考にアピールポイントを探せばバッチリだとは思います。

ただ、実際に転職するかどうかを決めるときには「本当に自分がこの仕事に合うのか」などさまざまな疑問があるでしょう。自分だけで判断すると見落としがちになることも多く、誰かに相談する必要があると思います。

どうせ相談するならその道のプロに…転職エージェントに相談しましょう。

転職すると決めた後も「比較的条件の良い職場」を簡単に見つけることができたり、面接対策をしてもらえたり利点が多いですよ。

未経験から介護事務に転職してみたいと少しでも思うのなら、今すぐ動き出そう!

まずは相談と資格の検討から…!