上司嫌いな人、超多いですよねえ。

嫌いな上司のせいでストレス溜まりまくり。中にはもう我慢の限界を超えてしまって、会社を辞めたくなってる人もいるのでは?

僕もブラック企業にいた頃は嫌いな上司が社内のそこら中にいました。

今回は僕の経験を踏まえつつ解決策をアドバイスしたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください!

嫌いな上司との付き合い方、ストレス発散法など

「嫌いな上司をなんとかしたい」と思ってる人は、上司との付き合い方を工夫することでそれほど気にならなくなるかもしれません。

相性ってありますからね。その上司の言動が「ちょっと嫌なヤツ」程度なら、以下の対処法を試してみてください。

※「ちょっと嫌なヤツってレベルじゃねぇぞ!」「もう我慢の限界なんだよ!」っていう人は、この章を読み飛ばしてもらってOKです。

主観を排除して、客観的に観察する

あなたは「嫌い」という主観がバイアスになり、上司に対して必要以上に嫌悪感を示すようになっています。一度人のことを嫌いだと思うと、その人が何をしていたとしても「なんだこいつ」と嫌悪してしまうことがあるんですよねえ。

一旦、意識的に嫌いバイアスを解除して、客観的に上司のことを観察してみましょう。

常に主観を排除して嫌いバイアスを無くすのは現実的じゃないですが、意識して少しの間祖れを解除することはできます。客観的に相手を観察することで、嫌いな上司にも「良いところ」があることに気づいたりして、憎めなくなることがあるんですよ。

もちろん、全く見つからない人もいるけどね。

人間は一長一短。

嫌いなところと同じくらい、嫌いじゃないところを見つけてみては?

反面教師にして、自分の経験値にする

上司の嫌な言動も、苦手な行動も、無能だと思うところも全部全部反面教師にしましょう。反面教師にすることで、好きにはなれなくても、上司の嫌なところが全部自分の経験値に変えることができるようになります。

考えてみてください。

上司が嫌なことをするたびに、自分の経験値が入ってレベルアップするということを。「またあの上司バカなことしてるよ! 自分はこうしないようにしよう」タラララッタッター(ドラクエのレベルアップ音)みたいな感じになるんですよ!

なんだかワクワクしてきません?

次はどんなことをするんだ? と。

反面教師にすることで、心の余裕も生まれます。心も仕事も成長することができるということですよ。

第三者を介入させる

苦手な上司と話すのは、ストレスになりますよね。だけど、上司が嫌いでも全然話さないというのは現実的では無いと思います。

だったら、上司とうまく付き合うために、第三者を介入させてみれば良いんですよ。どうしてもあしらえないような重要な要件のときに、たとえば先輩を介入させて意見を乞うと同時に仲介人になってもらうんです。

チーム仕事をしている人には特にオススメの方法なんですよ。

こういう、第三者を仲介させるのはチーム仕事のほうが圧倒的にやりやすいです。意見を乞うとか中立を保つとかいう大義名分も作りやすく、先輩も了承してくれやすいと思います。

仕事の効率だけを考え、割り切る

仕事の効率化に人間関係というのは欠かせないものですが、何もそこまで深くかかわる必要はありません。嫌いな上司に対しては、仕事に関する報告・連絡・相談だけをシンプルかつ淡々と伝えるだけにとどめておきましょう。

嫌いな上司のあしらい方として僕が思うのは、相手を人間として見ているからストレスが溜まるんだということ。

上司とうまくやるコツは、人と接しているという意識を持たず、仕事をしているという意識だけを持つことです。たとえば、相手は業務システムだと思うようにするとか、上司はお客様だと思うようにするとかね。

そういう風に割り切ると、仕事の効率を人間関係に妨げられることなく、ストレスも減らして働けるのではないかと思います。

嫌いな上司を呪ってみる

簡易呪術というものがあります。

紙で人形(ひとがた)を作り、上司のフルネームとわかる範囲の個人情報を書くんですよ。あとは針をひらすらブスブスと刺していくだけです。

古典的にワラ人形もいいですよね。Amazonには、なんと「ワラ人形セット」というものが売られています。ワラ人形・五寸釘・手袋・握りやすい石がセットになっているんです。

呪ったところで死にはしません。

死なないけど、スッキリはします。呪った後に上司を観察して、上司に何か困ったことがあれば「僕の呪いがきいたな」と思うと楽しくなります。

職場内で上司を嫌う気持ちを共有する

上司を嫌う気持ちを共有することにより、上司から受けるストレスは結構減ります。

死んでほしいと思うほど嫌いという気持ちは、そうそう簡単に起こるものではありませんよね。そんな気持ちにさせる上司を嫌いな人は、確実に職場に大勢います。上司の愚痴を軽くしただけで、それに激しく同意する人は多いはずです。

そうして上司を嫌う人の輪を作り、互いにストレスを減らし合いましょう。

嫌いな上司を徹底的に追い込む

社会的に抹殺!

その上司は、ハラスメントともとれるようなことをしているのではないでしょうか。その言動・行動を記録して上司の上司に報告することにより、上司を社会的に抹殺することが出来ると思います。

また、残業の誤魔化しを本社に黙ってしているようなら、その証拠も取り報告しましょう。

ハラスメントや会社の意向にそぐわない残業誤魔化しなどがあれば、当然のように解雇もあり得ます。

少なくとも減俸・降格や左遷は免れないでしょう。

上司が嫌いすぎてもう限界!という人は転職活動を始めておこう

上司の人間性や言動に明らかな問題がある場合は、上記の対処法だけでは太刀打ちできません。

すぐ怒鳴るとか、報告連絡相談するだけで機嫌悪そうな態度をとるとか、モラハラ発言をしてくるとか、ズル賢くて自分の利益しか考えてないとか、人格的に問題がある上司。

そんな上司と毎日のように接していると、自分が思っている以上に心がダメージを受けているんです。

最悪の場合、うつ病などの精神病を患ってしまう可能性もあります。

というか、そんな上司が野放しにされているような会社も疑うべきかもしれません。この会社に将来性はあるのか?この会社で働き続けたらまた別の問題で悩まされることになるんじゃないか?

…とにかく、今できる最大の防御は「転職活動を始めておくこと」です。

「転職」という切り札を持っておくのはとても大切なことです。いざというときには余裕を持って辞めることができるし、切り札があるという安心感からストレスをため込まずに上司とうまく付き合うこともできるかもしれませんからね。

嫌いな上司とおさらばするために転職! コツは?

上司が原因で転職するなら、次の職場は「自分が嫌いなタイプの上司がいない職場」を選ばないと意味がありません。

そこでまずは、自己分析。

あなたはどういう人が嫌いか? どういう上司とコミュニケーションを取りたくないと思うのか?

そして、そういうタイプの人間が集まりやすい組織にはどういう特徴があるのかを考えます。

組織の雰囲気や特徴というのは、結構人間関係やその人の人間性に関係してくるんです。類は友を呼ぶという感じで、嫌な雰囲気だと感じる職場には、嫌な人が集まります。

特に、上司というのはその会社に結構長くいた人がなるものですよね。その会社に長く居るということは、社風とか会社全体の特徴に共感しているということと言えます。もしくは、洗脳されてしまったか…。

だから、嫌いなタイプの人間を知ることで、自分に合った会社の方向性が見えてくるわけです。

たとえば、あたりがきつい人は嫌だと感じるなら、「体育会系の雰囲気・ノリの職場は避けたほうが良いかも」、やる気がない上司が嫌なら、「少しガツガツした雰囲気のある体育会系の職場を選んだほうが良いかも」といった具合です。

そして、実際に転職先を探すときは、転職エージェントを使いましょう。

転職エージェントに関してはコチラの記事を読んでみてください↓