「上司が嫌いです」と語る人、超多いですよねえ。

上司嫌いのストレスが溜まりまくって、辞めたいと思い始める人もまた多いと思います。上司が嫌いで仕事に行きたくないとか、上司が怖いから嫌だとか、パワハラがあってもう限界だとか、理由はそれぞれ色々あるでしょう。

そんなあなたに、僕からアドバイスしたいことがあります。

嫌いな上司、どう対応する? 対処法を考えてみた

上司が嫌いと感じている人は、上司が好きと感じている人よりも圧倒的に多いと思います。それでも仕事を続けられる人と、続けられない人がいるわけですが、その違いは何でしょうか。

僕が思うに、「ただ嫌いなだけ」と「上司が明らかに問題ある人で、嫌いになった」という違いだと思うんです。前者の人は仕事を続けられるけど、後者の人は仕事を続けられなくなって、辞めたいと悩む…。

だから、嫌いな上司がいる状況で、対処法というのはかなり限られてきます。

辞めたいほど上司が嫌いすぎる人が取れる対処法というのは、上司から逃げることくらいです

仕事をする上で、上司と関わるということは絶対に避けられません。強気な人はそれでも無視し続けるという方法を取ったり、上司を告発したりするんですが、多分これを読んでいるあなたはそういうタイプじゃないと思います。

だったら、逃げるしかない。

転職、しましょう。

上司が怖いという人に伝えたい、このまま働くデメリット

上司が嫌いという人の中には、上司が怖いと感じている人も多いと思います。

失敗したら怒鳴られるとか、報告連絡相談するだけで機嫌悪そうに感じるとか、人格的に問題がある上司は怖いですよね。上司のあたりがきついというのは、それだけで胃がキリキリと痛むような感覚になります。

僕が思うに、きつい上司と仕事をするのはデメリットしかありません。

上司が怖いから、何かあったとしても報告できないじゃないですか。報告したら小言を言われたり怒鳴られたりするわけだから、どうしても報告連絡相談を避けようとしてしまいます。社会人の基本を避けることで、仕事は円滑に進まなくなるわけです。

強気な人は、敢えて報告連絡相談もせず、上司が苦労しても無視するということを考えますけどね。

「強気な人半端ないって! 上司にめっちゃ歯向かうもん…。そんなんできひんやん、普通。」という具合だわな…。

また、パワハラがもう限界だという人は特にデメリットが大きい。

「もう限界」と自覚しているときって、自分が思っている以上に心がダメージを受けているんですよ。人間は多少のダメージは「忙しさ」とか「日頃の小さな発散行為」とかで忘れることができます。

小さな発散行為というのは、たとえば「お酒を飲む」とか「アニメを見る」とか「ゲームをする」とかですね。好きなことをすれば、小さなダメージくらいは癒える。

そのときにはダメージが小さいから、あまり自覚できないことがあります。

自覚したとしても「まだ助かる、まだ助かる、マダガスカル」と、思えるんです。

「もう限界」というのは、ダメージを自覚するときの最上位の言葉ですよね。これ以上は無いと感じるから限界だと嘆くんだから、今のダメージは病気になるくらい大きなものと思いましょう。

うつ病になるリスクも高いです。

「上司が嫌いで仕事行きたくない」と感じている人も、ヤバイ。

今すぐ転職活動を、始めておきましょう。

転職エージェントに登録して、相談するだけでもしておいたほうがいいですよ。相談する中で心を癒しながら、転職活動の方向性を固めていくんだ! 自分を守るために、そして自分が活躍するために。

上司が理由でもう仕事に行きたくない! そんな人のための辞め方

上司が理由で、もう仕事に行きたくない! そんな人は、退職届を上司に直接提出するのも辛いと思います。

退職届というのは、相手が受け取ってから14日後に辞められるという効力を持った書類。退職願よりも上位のもので、「辞めたいんですが」じゃなく「辞めます」という宣言です。ただ、パワハラ上司とかだと、これを破り捨てることがあります。

そういうこともあるし、また、上司にどうしても会いたくないという心の事情もあるし…。

郵送するのが、一番です。

内容証明郵便で送りつけると、「何日に送りました、届きました」という記録が残ります。それから14日後には、あなたは自由の身! You are freedom! YEAH!

その14日間というのも、有給を消化するなどして、なるべく出勤しなくて済むようにすると上司とほとんど会わないで仕事を辞められます。

オススメなのが、人事を味方に付けておくことです。どうしても上司のことがもう限界だから、なるべく会わないで仕事を辞めたいということをしっかり伝えましょう。人事を味方に付けると、上司も強い態度には出れませんから。

ただ、人事を味方につけるのが難しいなら、一人で退職届を出して、一人で有給申請してもOKです。

とにかく、上司が嫌いでストレスが限界に達しているなら、上司と会わないで辞めること!

転職活動以前に、あなたの心を守るために一番大事なことです。

嫌いな上司がいない職場に転職! 注意点は?

上司が嫌いだから仕事を辞めたいのだから、転職するなら「自分が嫌いになるようなタイプの上司がいない職場」を選ばないと意味がありません。

まずは、自分自身をとことん分析しましょう!

あなたはどういう人が嫌い? どういう上司とコミュニケーションを取りたくないと思うのか、どういう上司なら幸せに働けるのか…。嫌いなタイプと好きなタイプを分けて、自己分析し、その内容をどこかに記録しておいてください。

そのあと、そういうタイプの人間が集まりやすい組織というのは、どういう特徴があるのかを考えます。

組織の雰囲気や特徴というのは、結構人間関係やその人の人間性に関係してくるんです。類は友を呼ぶという感じで、嫌な雰囲気だと感じる職場には、嫌な人が集まります。

特に、上司というのはその会社に結構長くいた人がなるものですよね。その会社に長く居るということは、社風とか会社全体の特徴に共感しているということと言えます。もしくは、洗脳されてしまったか…。

だから、嫌いなタイプの人間を知ることで、その人が集まりそうな会社を避けることができるわけですよ!

たとえば、あたりがきつい人は嫌だと感じるなら、体育会系の雰囲気・ノリの職場は避けるべきだと思います。

逆に、やる気がない上司が嫌なら、少しガツガツした雰囲気のある体育会系の職場のほうが、上司にも同僚にも馴染みやすいんです。

しかし!

嫌いなタイプから、避けるべき職場の特徴を考えるのは、正直難しい…。「ハンパないって! そんなんできひんやん、普通」という感じなんですよねえ。

だから、転職エージェントを使いましょう。

あなたを担当してくれるキャリアコンサルタントは、色々な会社と色々な人・上司を見てきています。

「こういうタイプの人がいない会社、どういうところなんですか?」と質問すれば、その経験やデータから適切な答えを教えてくれるはずです。そして、求人ごとに職場の雰囲気などをよく聞いておけば、あなたが嫌いになるような上司がいない職場に転職できます。

嫌いな上司と、転職でおさらば!

その難易度は高いように見えて、意外とそうでもありません。

上司が嫌いすぎる? ストレスたまる? 辞めたい? 何も躊躇うことはありません。上司が嫌いだから辞めるというのは、立派な転職理由です。

転職して、上司とも同僚とも円満な関係を築き、明るく仕事をしましょう!