自衛隊、本当にきつい仕事だと思います。

僕の昔からのネット友達に、自衛隊行ったけど辞めて民間に転職した人いるんですよ。彼が言うには「自衛隊は割に合わない」とのこと。

自衛隊を辞めたいならシャバの仕事に転職したほうがいいのだろうか、後悔はしないのかなどなどネットでの調査と友人から聞いた話とを交えながら語りたいと思います。

自衛隊を辞めたい諸君、刮目せよ!

よくある自衛隊を辞めたい理由、後悔しない?

友人は自衛隊の仕事は割に合わないと感じたと語りましたが、結構そう思っている人は多いんですよ。

たとえば、自衛隊は残業しても残業代が出ません。特に自衛隊と言ってイメージする「自衛官」はどれだけ残業をしても残業代が出ないという、超絶ブラックなんです。一方自衛隊は自衛隊でも事務官なら残業代が出ます。

おおう…。

しかし、残業代が出ないというのは序の口。

割に合わないと感じる理由を、ザックリミッチリと箇条書きにしてみたいと思います。

  • 集団生活がしんどい
  • 生活の規律が厳しすぎる
  • 圧倒的激務…!
  • 訓練超しんどい
  • 残業代云々の前に、給料そんなによくない
  • 世にいうパワハラは当然
  • アルハラもあるよ
  • 転勤が多すぎる(幹部)
  • 出世したら残業が増える(幹部)
  • 整理整頓が出来なければ教官に荒らされる(教育隊)

自衛隊全体の不満から、幹部や教育隊の不満まで数多くあります。基本的には「生活と仕事がキツすぎる」ということを辞めたい理由としているんですよね。圧倒的に激務で、訓練がたくさんあるし、訓練の後も片付けしたり備品を磨いたり当番をしたりして、残業になるわけです。

残業代も出ないし、そもそも給料はそんなに高くない!

自衛隊は国民を守る仕事と考えると、給料はあまりに割に合わないんじゃないか。公表されたデータは無いものの、自衛官は年収600万円から750万円くらいが平均だと言われています。

高いように見えるけど、拘束時間と業務内容とを考えると…ね?

また、パワハラ・アルハラが当然という組織のあり方にも疑問を投げかける人は多いです。

さらには、幹部になると転勤があまりに多いとかデスクワークが増える分残業が多くなるとかいう不満も積み重なります。幹部を辞めたいと語る自衛官、多いです。

教育隊もきついよねえ…。

整理整頓がしっかりできていないと教官に荒らされるとか、就寝時刻までベッドに乗ったらダメとか規則がおかしい!

自衛隊を辞めることに躊躇っている人の中には、後悔しないかどうか不安な人も多いと思うんですが…。

自衛隊を辞めた友達は本当に楽しそうだし、友達の元同僚も今は辞めて人生をフィーバーしているようです。

自衛官を辞めたという人で、後悔していると語る人を僕は知りません。

自衛隊を一年で辞めるのはいいの?

下っ端自衛官(失礼)は、2年契約ですよね。

自衛隊を一年で辞めるのは良いのか? 当然の疑問です。

実際、2年契約なのに満了を待たずに辞めてしまう人は多いんですよ。辞める人が多いということは、辞められるということ。相談の末、しっかりとした手続きを踏んで退職をするのなら、一年で辞めることには特に問題はありません。

どうしても続けられないと思ったら、任期満了を待たずに辞めてしまうのもアリですよ。

また、一般曹候補生として入隊したなら、入隊後2~3年の間に道を選ぶ機会が与えられます。

「曹、幹部となり職業軍人として働き続ける道」と、「転職する道」の二つです。一般曹候補生を辞めるなら、このタイミングを待つ人も多いと思います。

就職援護が利用できますしねえ。

ただ、一般曹候補生も途中退職はできます。

続けられないと判断したら、途中退職をしたほうが良いのではないでしょうか。

自衛隊辞める手続きはどうする?

自衛隊を依願退職するときには、退職日の半年くらい前に退職の意思を伝えることをオススメします。規則だと「1カ月前でOK」と決められているんですが、足りないんですよ、時間が。

まずは、希望する退職日を余裕を持って上司に伝えてください。

退職を認めてもらいやすくするために、年度末とか転属シーズンの前とか区切りの良い時期を退職日にするという手があります。

自衛隊を辞めるときには、所属部隊の人事、上級舞台の人事まで全部調整してもらわないといけませんからねえ。人事が「調整しやすいよ、ありがたい」と感じるような時期を設定すると手続きがスムーズに進むと思います。

退職日を伝えた後は、転職エージェントを使って転職活動を始めておきましょう。

せっかく余裕を持って退職日を伝えたんだから、利用しない手はないぞ!

転職先が決まったら、各所に報告・相談をします。

勤務予定とか休暇の消化予定を副隊長や小隊長・人事などと相談して、退職日までは演習・訓練にもしっかり顔を出しましょう。

それから被服や装備の返納予定を調整し、返納を行います。休みを消化している間に返納するのが楽じゃないでしょうか。

後は、辞めた後の家探し! これ重要。

住所変更の手続きもして、退職日になったら退職! そして転職先と相談して決めていた入社日に出勤して、晴れて民間企業人となるわけです。

自衛隊を辞めるときの言い方

自衛隊を辞めるときの言い方が地味に大事!

「向いてない」「人間関係が辛い」「仕事辛すぎ」「給料割に合わん」「私生活が無い」というのを理由にすると、めちゃくちゃ引き止められます。僕の友人の体験談です。こういう感じで、引き止められます。

  • 任期あるんだから、それまで頑張ろう?
  • 配置換えしたらいいんじゃない?
  • 休んでリフレッシュして来い
  • 転職先は? あるのか?

自衛隊を辞めるときの言い方、一番いいのが何か、ここから見えてきませんか?

「転職先が見つかったので辞めます」
「他にやりたいことがあるので辞めます」

要は自衛隊じゃもうダメなんだというのを、ハッキリ伝える必要があるということ!

これをしっかり意識しておいてくださいね。

自衛隊辞めて警察という道を考える

自衛隊経験が活きる仕事ということで、自衛隊辞めて警察に転職しようかと考える人は多いです。

自衛隊辞めて警察に転職するメリットは、たくさんありますよ。

  • 拘束時間が自衛隊より短い
  • 自分の家に住める
  • 転勤が全国じゃなく、県内にとどまる
  • 何故か警察のほうが給料高い

警察も民間企業と比べたら拘束時間が長いけど、自衛隊よりは圧倒的に短いです。というか、自衛隊より拘束時間が長い仕事なんてありませんよね。生活を管理されていることを考えると、生活時間も拘束時間と言えそうだし。

しかも警察は自分の家に住めるし、転勤も県内だけ!

給料も高い。

残業とか当直とかで給料がね、伸びるんですよ警察は。自衛隊は元々そういうのが組み込まれて年収600万円とかだから…。

警察として上のほうにいくと年収が800万円を超えますよ。


ただ、休日日数や長期休暇の長さは自衛隊のほうが上。

そのバランスをどう考えるかによって、警察に転職すべきかどうかが決まります。メリットは大きいものの、誰にでもオススメできるわけではありません。

民間に転職するときのポイント、良い転職先を見つけるには

自衛隊から民間に転職するなら、給料は一度ガクッと下がります。

なるべく給料を重視するのなら、営業職などの利益を生み出す仕事に就きましょう。民間企業というのはとにかく、利益利益利益です! 利益を生み出すことのできる人材が高給取りになり、残業も少なくなって待遇が良くなる仕組みになっています。

だから、職種はとにかく「営業」「企画」など利益につながる仕事を選びましょう。

個人的に、元自衛官は営業に向いていると思います。

頭を悩ませてデータとにらみ合いする企画より、体を動かしてコミュニケーションをとる営業のほうが自衛官として身に着けたものを活かせるんですよ。

体力・実直さ・信頼感などなど、ね。

関連記事:自衛隊から民間企業に転職【注意点と転職先の選び方を解説】

あとは、転職エージェントを使うことが大事!

営業などの利益を生む仕事にはブラックな職場が多いから、それを避けるために転職エージェントに登録しておきましょう。自衛隊にいながら転職活動をするためにも必須ツールだから、最早自衛官から転職するのに必須と言えます。

最後に、シャバもシャバでしんどいということは覚悟しておいてくださいね。