IT系企業は、残業代が出ないのが当たり前という風土がありますよね。特にエンジニア関係は忙しすぎる!!

忙しくて残業代が出るならお金がガンガン貯まるという楽しみもあるかもしれないけど、忙しい上に残業代も出ないなんて最悪だ。

会社員は「時間」と引き換えに「お金」を得ているけど、残業時間に関しては完全に時間を無駄にしているとしか言いようがありません。対価がもらえない労働をすることには何の意味もなく、そんな会社辞めて然るべきだ!

そこで、IT業界の風土に関して営業職ながらIT企業に関わっている僕が、語りたいと思います。

IT業界の残業代が出ないのはそもそもどうしてなの?

IT業界は残業代が出ないのが当たり前の業界。

どうして、そんな状態になってしまったのか? 僕は考えました。そして、ひとつの単純な答えを見出したんですよ。呆れかえるほど単純な答えですが、ある意味IT企業特有の問題だと思います。

それは…忙しすぎるからだ!!

IT企業やソフトウェア開発関係の忙しさを「デスマーチ」と呼ぶくらいですからね。本来は健康を顧みずに捕虜を連れて歩くことをデスマーチと呼んだんですが、IT企業に関しては「健康を顧みず奴隷のようにソフトウェア開発をすること」をデスマーチを呼ぶ。

期日も工数も人手も足りない!!

万策尽きた状態でもなお働かければならず、残業や泊まり込みは当たり前。労働時間があまりにも長くなり、働かせすぎて残業代を支払うと人件費がとんでもないことになるから、残業代を支払うことができない。

それが、IT企業で残業代が出ないのが当たり前となっている原因だと思います。

ホワイトな職場だって、あるんだよ?

IT系の会社は残業代が出ないのが当たり前になっているから、どこもブラック企業のように感じられますよね。ただ、実際には全ての企業がブラック企業というわけではありません。ホワイトな職場だって、ちゃんとあるんですよ。

だから、残業代が出ない会社に居座る必要はありません。IT系のホワイト企業に転職することで残業代を得ながら、健康的に働くこともできるんです。その可能性があるなら、転職しちゃった方が良いんじゃないでしょうか。

ただ、ホワイトな職場を見分ける方法だけ知っておかないといけません。

ホワイト企業を見分ける方法、その1

固定残業代や裁量労働制を導入している会社を避けよう。

裁量労働制や固定残業代というシステム時代は悪いものではないと思いますが、それを利用する企業に悪い企業が多いんです。裁量労働は本来「正確な労働時間の把握が難しいから」導入するもので、何も悪いものではありません。

固定残業代に関しても、残業をしなくても残業手当を固定でもらうことができるというメリットがあるんです。固定残業代分を超えた残業をしたら、別途残業代を支給しなければならず、働いている側にデメリットは無いはずなんですよね。

ただ、IT企業で裁量労働や固定残業代を導入している会社の多くは、残業代を払わないために導入しています。基本給を低くして固定残業代を設定することで人件費を抑えているわけですね。

当然、超過した場合の残業代も支給しません。

だから、裁量労働や固定残業代という言葉を求人や説明会・面接などで見かけた場合、その会社を避けるようにするのが無難です。

ホワイト企業を見分ける方法、その2

常駐開発をしているIT企業は、避けよう。

常駐開発を行っている会社は、大抵偽装請負をしています。経営者たちは「グレーゾーンで頑張っているんだ」と言い張りますが、グレーではなく完全に黒です。完・全に法律違反!!

必ず偽装請負になるわけではありませんが、数として多い傾向にあるということです。本来客先常駐というのは「業務請負」という形と「特定派遣」という形とがあります。

業務請負というのは、クライアントから業務命令を直接受けているわけではなく、成果物を提供する場合に当てはまる形態のことです。クライアントから仕事をもらって、自社開発をするということですね。本来「請負」という契約形態は、こういったものを指します。

本来は仕事を持ち帰って自社開発をするのが「業務請負」なんですが、IT企業ではセキュリティ関係の都合上客先で作業をすることが多いです。ただ、クライアントの社員が業務命令を行うことは禁止されているというややこしい契約形態なんですよ。

特定派遣というのは、クライアントから業務命令を直接受けていて、契約内容が「派遣」となっている場合に当てはまるもの。提供するのは成果物ではなく、労働力です。

その二つを理解した上で「偽装請負」は何かというのを見てみましょう。

偽装請負とは、クライアントから業務命令を直接受けて労働力を提供していながら、契約内容が「請負」となっている場合に当てはまる違法就労のことです。

ただ、以上の説明だけだと偽装請負が労働者に与える悪影響は何かがわかりませんよね。それをこれから説明しましょう。

偽装請負による労働者側のデメリット

偽装請負の場合は、契約形態が請負となっています。成果物を納品することによって報酬が支払われると言う形の契約なので、残業をしたとしてもクライアントに支払い義務が無いんです。

実質的には労働力を提供しているんですが、表向きには請負となっているためそういうことになってしまいます。特定派遣なら「労働力の提供」なので、労働時間に応じた報酬を支払わなくてはならなくなる。

偽装請負をする会社というのは、「相手に負担をかけさせず成果物を納品したい」という思惑があるんですよ。

だから、偽装請負=サービス残業当たり前ということになります。少しでも偽装請負の疑いがある会社は、避けましょう。

ホワイト企業の見分け方、その3

固定残業代や裁量労働を採用していないこと、偽装請負をしていないこと。

この二つだけでホワイト企業を見分けることもできますが、偽装請負に関しては実際に働いてみないとわからないですよね。そこで、ホワイト企業の見分け方「その3」として転職エージェントを利用することをオススメします。

転職エージェントを利用すれば「偽装請負」に関して実態を知ることもできるし、固定残業代や裁量労働を採用していない求人を探してきてもらうこともできるんですよ。担当キャリアコンサルタントは、保持している求人先企業に関して訪問するなどして実態調査を行っていますから。

また、その他に重視する項目があるとしても、出来るだけそれを満たした求人を探してくれます。

転職エージェントを使って、残業代が出ないブラックから脱出し、ホワイト企業に転職しちゃおう!

違法就労をすることも受け入れることも、ダメ、絶対。