連休明けには、魔物が住んでいる。そして、もうじきやってくる…。

『ゴールデンウィーク明け~仕事を辞めたい大波警報~』が! 大波が来ますよ、とびきりのビッグウェーブがね。

冗談はさておき、大型連休の後の仕事って憂鬱ですよね。ただでさえ毎週日曜日の夕方のアニメで憂鬱になってくるのに、数日休んだ後とかもう行きたくないに決まってるじゃないですか。

仕事辞めたいと思うのも当然ですよ。

実際、毎年新卒入社の社員がGW明けに何人も退職しているという話を聞きます。

普段から仕事を辞めたいと思っている人は、GW明けに今まで以上により鬱々とした気持ちの波が押し寄せてくるでしょう。

その波に備えて、今からやっておきたいことを僕なりに考えてみたので紹介します。

実際に仕事を辞めると仮定してみる

GW明けに大きな仕事辞めたい欲がやってきて、それに任せて本当に仕事を辞めるかもしれません。

実際GW明けに行動をするかどうかは別として、どうせそういう感情を抱くなら前もって「GWあけたら辞めるかもしれない」と仮定しておきましょう。

「どうせ辞めるだろう」「辞めると仮定しよう」

そんな風に考えると、少し楽になります。

実際連休明けに辞める人は、普段から辞めたいと考えている人です。普段考えていないけど連休明けに憂鬱になる人は、結局辞めません。

それなら「どうせ辞める」というつもりで連休を過ごしたほうが、気楽ですよね。

結果本当に辞めるなら、今が辞め時だったというだけの話です。

結果辞めないのなら、まだ辞め時ではないというだけの話。

それだけなんですよ。

辞めてからどうする?

辞めると仮定したら、次に考えることは「辞めてからどうする?」ということです。

働きながら転職活動をして辞めたいのか、辞めてしばらくゆっくりしてから転職したいのか…。

転職をするとしたら次はどんな仕事・職場がいいのか…。

考えることはたくさんありますよね。それを考えて、自分が進むべき方向の情報を集めましょう。

転職活動をするなら希望条件を設定して、それに合う求人を集めるんです。

転職エージェントに登録してしまうと本当に辞めたいかどうかに関わらず「後に引けない感覚」になるので、今はやめておきます。

そうなると、嫌でも「乗るしかない、このビッグウェーブに」ということになりかねません。

実際にビッグウェーブが来て「辞めたい」が「辞めよう」に変わってから、転職エージェントに手を出すほうが良いでしょう。

今からやっておくべきことは、転職サイトでの求人集めです。いい求人があればメモをしたり、コピーをとったり、お気に入り登録しておきます。

辞めないならそれを心とパソコンの履歴の奥底に追いやって、お気に入り登録などを消してしまえばいいだけの話です。

そして、いざ辞めるとき予め方向性が決まって、なおかつその情報が集まっているとスムーズに行動に移せます。

やっておいて損はないわけです。

本当に自分がやりたいことは何なのか考えてみる

GW中は、自分がやりたいことをやることができる期間です。

旅行をしたり、一日中ゲームをするのを数日積み重ねたり趣味に遊びに大忙し。GW前の今から楽しみにしているという方も多いでしょう。

その期間に便乗して、「自分がやりたいことは何か」について考えてみると良いのではないでしょうか。

このとき「やりたいけど出来ていないこと」を考えるともっといいですよ。

これは仕事に関することとプライベートに関すること両方です。

もしも仕事に関することのほうが多ければ、やりたい仕事をやれるよう転職を考えるといいでしょう。恐らくそういう人は仕事人間なんだと思います。

逆にプライベートに関することのほうが多い場合、仕事内容よりも職場を変えるのがいいかもしれません。

プライベートでやりたいことができる時間とお金を確保できる職場への転職を考えるんです。そういう人はプライベート重視の人でしょうから。

僕は完全にプライベート型ですね。一番の転職理由が「自由な時間が欲しい」でしたから。

もし、やりたいけど出来ていないことがほとんど浮かばなかったのなら、転職する必要は無いかもしれません。

仮定に仮定を重ねて具体性が増す

仕事を辞めると仮定して、転職をすると仮定した。

そうすると次に仮定すべきは「スケジュール」です。

転職活動をいつから開始するか、いつまでには終えたいかを仮定します。

そして転職活動の過程をしっかりと考えるんです。「この日までに終えたいから、この日には面接を受けていかないとな」と逆算します。

そうして仮定に仮定を重ねていくと、具体的な転職スケジュールの出来上がりです。

これをGW明けまで大事に持っておいて、GW明けにビッグウェーブが到来して「辞めたい」が「辞めてやるこんちきしょー!」に変わったときに使いましょう。

そうならなかったとしても、「結局要らなかったなあ」と思うだけですからね。

【まとめ】連休明けは仕事辞めたい度の試験

GWのような大型連休明けは、あなたがどれだけ仕事を辞めたいと思っているかが試される試験です。

本気で仕事を辞めたいと思っているのであれば、GW明けに行動に起こそうと決意します。まだ余裕がある状態なら、仕事が続けられるかもしれません。

いずれにせよ、GW明けはやってくる。

それまで、今後どうなるかなんてわかりません。波が来る前から「波を越せるかなあ」と考え手も仕方がありませんよね。

波が来てみないことには、その波はまだ越せる(我慢できる)程度のものか、自分には越せない(我慢できない)ほどのものかがわかりませんよ。

備えておくには、「仕事を辞める」と仮定することです。

サーファーは大きな波に備えてイメトレをします。

仕事を辞めたいと思っているサラリーマンも、大きな波に備えてイメトレをしておきましょう。

無謀に波を越そうとして波に飲まれて溺れて瀕死になるか、最初から波を越さずに利用することを考えて怖いほど大きな波を逆に自分の得にすることができるか…。

あなたのGW明けまでの行動と考え方に、全てがかかっています。