辞めた人は口を揃える。

「もう二度とやらねえよ」と。

土木作業員の仕事を辞めた人は、その結果どんな仕事をすることになったとしても皆「辞めてよかった」と言います。

今の仕事が辛くとも「前よりマシ」と言うんです。土木作業員は、それほどまでに厳しい仕事ということですよね。

辛い仕事の代表格的な扱いをされている土木作業員の仕事ですが、辞めたいなら辞めるべきだと僕は思います。この仕事を「辞めたい」と思いながら続けても、良いことはありませんよ。

辞めたほうが良い理由は?

辞めたいなら辞めたほうが良いと述べる理由は、大きいもので二つあります。

最初に語りたいのが「合う、合わないが激しい」ということです。

この仕事が合う人にとっては、土木作業員の仕事は天職になり得ます。職場の人間関係に馴染むことができて、体を動かして仕事をしながらスキルや筋肉を身につけていくのが楽しい。体育会系的なノリが好きな人にとっては、良い仕事でしょう。

ただ、「辞めたい」と強く感じる時点で、この仕事があなたに合わないということが確定しているも同然なんです。

多くの仕事は合う・合わないなんてすぐに判断できませんが、土木作業の仕事は比較的早くにその判断ができます。

その判断基準は一ヶ月以上その職場にいて「楽しい」と感じることが多かったか、「辛い」と感じることのほうが多かったかどうかです。

合う人は「楽しい」と感じることが圧倒的に多く、合わない人は「辛い」と感じることが圧倒的に多い。

能力がどうこうよりも、そういった精神的な面での合う・合わないに土木作業員の仕事の向き不向きは左右されます。抽象的な判断基準で、僕が語る根拠も曖昧なものかもしれませんが、これは実際の土木作業員数人と関わってきた中で、感じたことです。

土木作業員の仕事の合う・合わないは、「楽しい」か「辛い」かという直感で決まるんです。合う人は楽しいと感じることのほうが圧倒的に多いから辞めたいと思わないし、合わない人は辛いことが多いからすぐ辞めたいと思う。

だから、辞めるべきというのが一つ目の理由です。

ただの作業員に未来は無い

辞めるべき理由二つ目が、ただの作業員には将来性が無いということです。

土木業界自体には、将来があります。人が生きている限りは、必ず土木が必要です。どれほど文明が発達したとしても、それは変わりません。文明が土木を必要としないほど後退するようなことは、現状あり得ませんしね。

ただ、何の専門性も無い作業員には将来性が無いんです。

土木業界で高年収・残業もあまり無くて休日もあるという、良い待遇を得られるのは専門性のある人だけ。

オペレーターの免許があるとか、生コンクリートを扱う資格があるとか、ダムやトンネル、橋梁といった専門性の高い分野の仕事をしている人には、将来性があります。

大手ゼネコンの土木部門に入社しているような、土木の中のエリートですね。

専門分野が特に無いただの作業員は、使い潰されて終わるだけです。

転職するなら選択肢は二つ

土木作業員から転職をするなら、選択肢は二つあります。


資格を取得して、土木業界の中でも専門性の高い仕事に挑戦する。

全く違う仕事をする。

土木業界の中でも、仕事内容によっては残業も休日出勤も無くて給料もそれなりという仕事はあります。

稼げる仕事もあるし、土木作業員よりは体育会系のノリが弱いところもあるでしょう。手に職をつければ仕事が一気に楽しくなるという意見も、よく耳にします。

土木作業員は合わなくても、他の仕事なら合うかもしれませんしね。

土木業界から離れたいなら、全く違う仕事を探すのもアリです。

異業種転職なら、オススメは?

土木関係の中で資格を取るなら、自分が少しでも興味を持てる資格を取ればいいと思います。ただ、異業種転職となると別です。

自分の好みだけで選んだとしても、それだけで転職が成功できるほど甘くはありません。土木作業員からの未経験転職が不可能に近い仕事も、ありますからね。

異業種転職をするなら、土木作業員から転職しやすい仕事を探しましょう。

  • 警備
  • ビルメンテナンス
  • 営業
  • 製造業

土木作業員からの転職がしやすい仕事で、パッと思いついたのがこの四つです。

特にオススメなのが、製造業。

製造業に転職するなら実際に工場で働く作業員でも良いでしょうが、興味があるなら購買部や生産管理・品質管理なんかもオススメですよ。管理系の仕事なら、安全管理が比較的転職しやすいんじゃないでしょうか。

実際に土木から製造に流れる人が多く、先例がたくさんあるのもオススメの理由のひとつです。

転職エージェントを活用して転職をすることを、普段から僕はオススメしているんですが、エージェントを利用するなら特に先例が多いということは大事なんですよ。

過去に土木界隈からどんな人が、どんな待遇の得られる職場に転職したのかというデータは、自分がどんな職場に転職できるかどうかの指標になります。

自分と同じようなスキルを持つ人間が待遇の良い職場に転職したデータがあれば、転職エージェントは、それと同等以上の待遇の良い求人をあなたにもオススメできますよね。

逆に自分と似たような人があまり良い待遇が得られていなければ、現実的に最低どれくらいの待遇が得られるのかという最低ラインを決めることもできます。

自分の経験やスキルに見合った求人を見つけるためにも、土木作業員からの転職で選ばれることの多い職種を選ぶというのは、とても良い戦略なんです。

異業種転職の最低条件

転職先に選ぶべきオススメの職種を紹介しましたが、実際に転職活動をはじめる前に確認しちあことがあります。

PC操作、ちゃんとできますか?

僕の言う「ちゃんとできる」というのは、ワードで文書が作れてエクセルで簡単な表くらいは作れるというレベルの話です。電源をつけてインターネットができるとか、Youtube見れるよとかいうレベルの低い話ではありません。

現場作業員系の仕事以外だと、ワードとエクセル操作は就職の最低条件です。

「自信ないなあ」という人には、ハローワークの職業訓練でPC操作を習うことをオススメします。

ハローワークは求人紹介はダメダメだけど、こういう支援制度は整ってるから、こういうときにこそ活用しなきゃね。

最低限そのレベルに達してから、転職活動を始めましょう。今時パソコンもできないようでは、一般企業はどこも雇ってくれませんからね。パソコンが出来ないと転職エージェントも匙を投げるほどに絶望的なので、まずはそこからです。

「大丈夫、そのレベルには達してる!」という人は、最低条件クリア。

希望職種を決めて、求人探しの旅に出ましょう。