大工を辞めたい人へ。転職の考え方やおすすめの転職先を徹底的に解説します。

大工の人手不足が嘆かれる昨今。

大工を辞めたい思っている人は多いと思います。

このページでは、大工を辞めたい理由を分析しながらおすすめの転職先を考えたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください!

大工を辞めたい理由で多いのは?

大工の仕事を辞めたいと言う人がよく挙げるのが、「体力がしんどい」「休みが少ない」「向いていない」の三つの理由です。

本当に、大工仕事というのはとにかく体力仕事。材料上げなんてもう体力が奪われ過ぎて、このまま干物になってしまうんじゃないかと心配になりますよね。おかげで筋肉は育つんだけど、筋肉が育つということは体をとことん痛めつけているということなわけで…。

特に、大工仕事が向いていないと感じる人にとってはその筋肉すらも、嬉しくはありません。

しかも、休みが少ないために体力的なしんどさに拍車をかけています。

建設業は土曜日も仕事ですからね。雨のときとか嵐のときとかは流石に休みますが、逆に言えば天候的に無理なとき以外は仕事があるというものです。

結局、大工の仕事を辞めたい理由というのは「休みがなく、体力がもたない」または「向いていない」の二種類ということになります。

特に前者に関しては「ほぼ全員が抱えている悩み」と言えるでしょう。向いていない人の特徴として「体力仕事がきついと感じる」ということもあると思いますから。

結局は、向いている人も向いていない人も、辞めたい理由なんて最初からハッキリしているわけです。

「しんどい」

これに尽きます。

大工見習いだけど辞めたい…どうしたらいい?

大工の見習いだけど仕事を辞めたいという人、辞めるのを躊躇ってしまいますよね。「辞める」なんて言えば「まだ見習いじゃねえか」と言われそうだし…。

ただ、大工仕事というのは覚えることがあまりにも多く、技術的なものばかりなので見習い期間が長いです。一般企業だと数か月の研修を終えたら一人前として仕事をさせられることもあるし、長くても二年目に突入したころには一任前扱いされますよ。

それが大工だと、人によるけど、一人前になるには5年とか10年とかかかると言われています。

見習いだから辞めにくいなんて言っていたら、一生「嫌だ嫌だ」と思いながら大工仕事に身をささげることになりかねません。

見習いというのは「その仕事の適性があるか判断する期間」という意味もあるはずだから、もう続けられないと判断したなら、見習いだろうとなんだろうと辞めるべきだと思います。

現場仕事を辞めたい大工さんの転職先候補

建築・建設関係の仕事のほうが転職しやすいから、現場仕事じゃなくて裏方に回れば良いと考える人も多いかもしれません。

確かに、大工を辞めたい理由を考えると、大工を辞めたい人は現場仕事を辞めたい人だと言い換えられますからね。

現場仕事を辞めたいなら、工務店の事務の仕事なんか良いのでは?

工務店の事務の仕事は、実際現場上がりの人も結構いると思います。ある程度のPC作業が出来なければ話になりませんが、PCが触れる人なら仕事にはすぐ馴染めるでしょう。特に営業事務関係なら、現場の経験を活かして良い営業サポートができるかと思います。

求人も案外たくさんあるので、探せば優良求人も見つかるでしょう。

大工からサラリーマンに転職するならどんな仕事がおすすめ?

職人からサラリーマンになるなら、技術系の仕事がいいと思います。

たとえば、システムエンジニア。

システムエンジニアはスキル未収得から育てる会社も結構あるし、中途採用でもそういう会社の求人は比較的多いです。大工仕事よりも習得に時間はかからないでしょうし、大工とはまるで異なる仕事なので大工に向いていない人にもオススメできます。

一番良いのは、自分が興味ある分野の技術系の仕事を探すことです。

あとは、個々人の性格によりますね。

職人気質な人なら営業は向かないかもしれないけど、職人になじめない性格の人なら営業だって向いている可能性があります。

意外と自分の可能性というのは大きく膨らむものです。

大工を辞めたい人、現場仕事を辞めたい人、建築そのものをやめたい人は、広い視野を持って自分に合った転職先を探していきましょう。

-仕事の悩み