auショップの店員を辞めたい人へ。転職先選びの方針2パターンとオススメ職種を紹介

調査してみると、auショップ店員を辞めたいと思っている人も少なくないようです。

仕事の辛さや、将来への不安、理由はさまざまです。

このページでは、auショップ店員の悩みを踏まえながら転職先選びの方針を考えていきたいと思います。

auショップ店員を辞めたい理由で多いのは?

auショップ店員を辞めたいと語る人の多くが、「ノルマ」という単語を出します。

auショップだけじゃなく、携帯ショップ店員には厳しいノルマが課されています。ショップ店員は商品を売ってナンボ、売らなければクズという世界ですからね。売れる奴が正義という考え方は販売業全般に通じることです。

しかも、携帯業界は年々プランも商材も増えてきていて、それぞれにノルマがあるから本当にきついですよね。正社員ともなると責任がバイトよりも大きくなるから、プレッシャーもきつくなります。

また、携帯ショップは理不尽なクレームが多いです。

説明書読まないでクレームを言ってきて、説明したらしたで何故か怒られるとか…。老人に対する商品説明はどれだけ丁寧にしても理解してもらえず、全部店員の責任にされるし。auショップ店員を下に見ている人が多いように感じます。

これは販売・接客業全体にも通ずるところですけどね。

日本はどんどん店員に無茶振りをするようになってきているような気がします。客が神だというけど、店員に神のような寛容さを求めている。

そんなauショップ店員の仕事を辞めたいと思うのは、当然のことなのかもしれません。

決して「auが特別悪い」と言うつもりはないです。携帯業界自体、販売業自体がそういう感じですからね。

auショップからの転職先【悩み解消 編】

auショップの仕事を辞めたい人が語りがちな「辞める理由」を解消するための転職先を選ぶとすると、まず接客・販売業全体が候補から外れます。auショップ店員を取り巻く現実は、携帯業界・販売業界全体のものでもありますからね。

個人的にauショップから転職するときのオススメ転職先は以下の4つです。

  • 一般事務
  • 営業事務
  • 経理
  • 総務

オフィスワーク系の仕事は、auショップを辞めたい人の悩みを解消するのにぴったりです。

まず、オフィスワーク系の仕事にはノルマというものがありません。一般事務も営業事務も経理も総務も、社内内向きの仕事が多いです。何かを販売するようなこともなく、「今日中にこれを終わらせてね」という仕事はあるけれど、比較的マイペースに働けます。

営業事務は営業サポートというだけで、実際の営業活動はしません。

経理は繁忙期には残業が多くなりますし、知識が必要な仕事でもあります。ただ、その分給料は一般事務よりも高いです。

一般事務も決して給料が低いということはありません。言ってしまえば「普通」か「平均より少し低め」くらいですね。年次昇給でコツコツ給料が上がっていく感じなので、安定感はあります。

総務の仕事は他の部署で扱わない仕事全般ということで、業務の幅が広いのが特徴です。

ただ、バカみたいに忙しいということはありません。

auショップからの転職先【スキルや経験を活かす 編】

携帯ショップ店員のスキルというと、働いている当人たちからしてみればあまりパッとしないかもしれません。

ただ、auショップの仕事を客観的に見ると確実に身についているスキルがあると思うんです。僕が考えて思いつくものを紹介します。

  • ビジネスマナー
  • コミュ力
  • 営業力

auショップに行くと、「丁寧な接客をしてるなぁ」と思うんですよね。所作や言葉遣いのどこをとっても丁寧だから、少し申し訳なくなります。年代に合わせて接客態度も変えてくれている感じが伝わってくるし、これはかなり高度なビジネスマナーと言えるのではないでしょうか。

また、ビジネスマナーと併せてコミュ力が高いとも言えますよね。

商品やプランなどをオススメする提案力も、auショップの店員さんは高いです。その人の状況に合わせて需要がありそうなプランをサッと提案することができるというのは、結構高度な営業力ですよ。

auショップ店員は営業職全般に向いていると言えます。

ただし、新規開拓営業はノルマが厳しい会社が多いから注意が必要です。ノルマが優しめの会社を選べば、しっかり結果を残して給料を上げながら比較的マイペースに働けると思います。

それよりもっとマイペースに働きたいという人は、法人ルート営業がオススメです。

既存顧客を回る仕事だから、ノルマが少ないんですよね。たくさんノルマを課したとしても、既存顧客に対して無茶な営業をかけると契約打ち切りになりかねないから、プレッシャーをかけるのはデメリットにしかならないんです。

そのため、販売職や営業職特有のプレッシャーからはかなり解き放たれます。

他には、ノルマが無く比較的客層が良い接客業・サービス業もオススメです。

たとえば、ホテルのフロントが当てはまると思います。auショップの仕事で必要とされる接客スキルはホテルのフロントの仕事にも、十分通用するでしょう。

-仕事の悩み