アニメ制作進行、辞める人が多い問題。

制作進行として入社した人は、ほとんどが3ヶ月くらいで辞めるという話があります。実際、制作進行を調べてみると求人が結構あるんですよね。こういう分母があまり多くはないような業界の仕事なのに、求人が出るわ出るわのお祭り騒ぎ。

それくらい、辞めたいという人がたくさんいて、辞めたいと思う事情があるはず!

僕がネットを使って調べ、思ったこと・考えたことを「アニメ制作進行を辞めたい人」にアドバイスしたいと思います。

パチンコ・パチスロの仕事が多くなったから辞めたい

アニメの制作進行がやりたくて入ったのに、パチンコ・パチスロの仕事が多くなったから辞めたいと考える人が多いようです。確かに、アニメ系のパチスロ増えていますからねえ。どこのパチンコ店を見ても、人気アニメのパチスロ台が大々的に広告されています。

「このアニメ面白いな」と思って見ていたら、「パチスロになるよ!」と宣伝を打たれびっくりするみたいなことも、最近は珍しくなくなってきましたねえ。特にロボットアニメとか、売れたらすぐパチスロ化するじゃないですか。

そういう仕事も制作進行に回ってくるのは、正直僕は知りませんでした。

確かに、演出とかアニメ本編になっていないアニメーションを使っているから、そりゃあ関わっているよなあという感じなんですけどね。

ただ、アニメの仕事がしたいと思って入った会社でパチスロ関係の仕事ばかりになったら、辞めたいと思うのも仕方がないでしょう。やりたい仕事が出来る会社に転職するか、アニメ制作進行自体を辞めるかのどちらかを選ぶ必要がありそうです。

一番の理由は、仕事が大変すぎるということ

アニメ制作進行を辞めたいという人が一番多く挙げている理由は、仕事が大変すぎるということのように感じます。制作進行の仕事は、素材・予算・スケジュールの管理というディレクション業務。色々な技術屋さんとの間に挟まれることもあるだろうし、制作全体を考えないといけないから仕事量も多いでしょう。

「家にいることはほとんどないから生活費は食費くらいしかかからん」と語るアニメ制作進行もいて、その忙しさが伝わってきますね。放送が始まると遊ぶ暇もないほどに忙しくなるのだとか。

それなのに月給は12万円から15万円程度!

これは辞めたくもなりますわ。

もっと良い仕事があるのでは?

制作進行というディレクション業務をしているのなら、もっと高い給料を貰えて然るべきだと思います。ほかの業界のディレクターや制作管理の仕事は、上流工程としてもっと良い待遇を払っているところが結構あるんです。制作進行を使い捨てて潰すのは、アニメ業界くらいだ!

だから、転職しようぜ。

制作進行経験を活かす仕事は、パッと思い浮かぶだけでもこれだけあります。

  • ゲームディレクター
  • Webディレクター
  • 編集

個人的にオススメなのが、Webディレクターです。

Webディレクターの仕事内容は、制作現場全体の流れをスムーズに調整すること。クライアントとの打ち合わせから始まり、要件定義をまとめ、制作スタッフの作業スケジュールや流れを作る仕事なんです。

制作進行の仕事で培った能力を存分に活かせます。

Web業界はまだまだ成長中だし、新しいことを学びやすい。ディレクション業務だけじゃなくて、色々なことを経験させてもらうこともできるでしょう。自分から色々なことを勉強して成長したいという人材には、めちゃくちゃオススメ!

ゲームディレクターも、アニメ制作進行からなら馴染みやすいと思います。アニメだけじゃなくてゲームも好きなんだったら、そういう道もありますよ。それに、アニメ制作進行みたいに「パチスロばかり、思ってたのと違う」となることは少ないでしょう。

ただ、事前にどんなゲームを作っているかを調べる必要はありますがね。

コンシューマ向けがやりたかったけど、スマホ向けばかりだった! となっては、アニメ制作進行のときの二の舞になっちゃいますから。

また、編集という選択肢もあります。

編集と言っても範囲が広いから、興味がある業界のものを選びましょう。雑誌編集だったり、広告業界だったり、映像関係だったり…。ディレクション業務と実際の作業の中間のような仕事をすることが多く、技術も学べますよ。

業界未経験だとしても、大丈夫なの?

ゲーム業界は未経験、Web業界は未経験、だけどディレクション業務の経験はある。半分経験者半分未経験者みたいな感じだけど、大丈夫です。ゲームディレクターもWebディレクターも、業界未経験の人を含めて求人活動をしていることが多いから。

特にWeb業界というのは、業界自体が活発になってから歳月が浅い! だから、未経験からスタッフを育てることを前提としている部分があります。

それに、能力があることをアピールしたら転職はしやすくなりますよ。

アピールしたいのは、臨機応変な対応力と調整力。ディレクション業務は、調整&調整の連続だから、ここをしっかりアピールしたほうが良いと思います。逆に言えば、ここをアピールしないと話にならない!

あとは、転職エージェントを利用して求人を集めるとか、第三者に売り込んでもらうとか…。

転職のハードルを下げる方法なんていくらでもあるんだ!

なあに、アニメ制作進行の忙しさと仕事の大変さに比べたら、転職活動なんてヌルゲーだと思いますよ。だから、恐れずに飛び込もう! アニメ制作進行を辞めたいなら、自分を活かせる場所で、適性な待遇を払ってもらえるように転職しましょう。

正直、損をしています。