もう、30代なのに…。

30代を超えても、自分自身の能力不足に悩まされるというのは、地獄にも等しい苦行ですよね。30代と言えば何かしらの肩書きを得ていてもおかしくはないし、管理職教育だって受けている人もいるでしょう。

そんな中、俺は仕事ができないんだと悩むのは、本当に辛いですよね。

これまでも色々努力をしてきたかと思いますが、仕事ができない悩みを解消するには、やはり努力を惜しんではいけません。それでは、どんな努力をすればいいのか、どういう考え方をすればいいのか、若輩ながら考えてみました。

自分のやり方へのこだわり

30代にもなると、仕事に対して自分のやり方みたいなものが定着してきます。入社直後は上司や先輩に教わったやり方で仕事をしているとしても、ある程度慣れてくるうちに自分の仕事術に目覚めるんですよね。

そして、それを使い続けていくうちに、自分独自の仕事術が定着してきます。

ただ、30代になったとき、自分の仕事術にこだわる人は、二種類に分岐するんです。

「使い続けていくうちに研鑽し、実力を上げて成果を挙げる人」
「使い続けていくうちに固執し、イマイチ成果を挙げられない人」

どちらも自分の仕事術にこだわっている人のたどり着く先ですが、後者の「固執」…これがダメなんですよね。自分のやり方に対してのこだわりが強すぎて執着し、他人の意見ややり方を吸収できない。

それの何がダメなのか?

逆に考えてみてください。他人の考えや仕事術を吸収して、それを自分自身の仕事術に落とし込める人というのは、自分ひとりの力だけでなく、他者の力を借りて仕事をすることと同じなんです。一人ではできないことも、大勢ならできるということがありますよね。

だから、そういう人は自分自身の仕事術が研鑽されて、実力も成果も得られるんです。

だから、固執している人は、そういう人と比べて仕事ができないんですよ。

執着することも人生において大事なんですが、仕事において執着は邪魔になることがあります。執着心はプライベートで発揮させるべきものであり、仕事には持ち込まないほうがいいんです。仕事をする上で大事なのは、柔軟な心の『余裕』

仕事ができる30代の男というのは、後輩も同僚も先輩も上司も関係なく、良いと思った考えとやり方を受け入れて自分の力にできる人です。仕事ができない悩みから脱却したいなら、まずは他者の意見を柔軟に受け入れる姿勢を持ちましょう。

仕事術を磨き上げるのは、今からでも遅くはありませんよ。

休憩をとらない人

30代で能力不足を実感し、焦って休憩時間まで惜しいと考える人を僕は何人か知っています。前の職場にいたんですよね。休憩時間を削ってまで仕事をしたり、勉強をしたりしている人が…。その努力は悪くはないんですが、休憩を取らない人は仕事ができない人だと僕は思っているんです。

休むのも、仕事のうち!!

研鑽しなければならないからといって、休まないと逆効果ですよ!

人間、どうしても休まないとパフォーマンスが落ちます。本人が気づかないような小さなレベルだったとしても、落ちるんです。そして、そんなレベルでも他人は気づきます。小さなミスが積み重なり、顧客相手の仕事なら失礼も積み重なる。

そして、信用を無くていき、成果も出せなくなるんです。

負の連鎖!!

仕事が多いからって、仕事ができない焦りがあるからって、時間を多くとればいいというものではありません。残業も、休日出勤も、朝早くからの出社も、そういったフリーな時間を削る方向の努力は、全部裏目に出ますよ。

人の意見とか仕事術を学び、吸収したいなら、むしろ休憩時間やプライベートな時間は大事にしてください。

そういう時間にこそ、人は何かを学んで吸収するんです。人の心と脳は、実はそんなに余裕がありません。

だから、余裕がある状態の休憩時間やプライベートな時間に、その日学んだことを人間の脳と心は自分自身に深く刻みこむんです。暗記系の勉強は寝る前にやりなさいと言われているのも、そのためですよ。

良い仕事はキレイなデスクから

余裕を持って仕事をし、他者の考えとやり方を受け入れる余裕が大事という話をしてきました。何かと「心の余裕が大事だよ」と語っているんですが、大事なのは心と時間の余裕だけではありません。

場所的な余裕も、大事です。

仕事でデスクを使う人は、自分のデスクを見てみてください。なんだか散らかっていたり、汚くありませんか? 書類やバインダーなんかは、きっちり整理されていますか?

自己評価でいいので、散らかっているか判断してみてください。散らかっているなあと少しでも感じた人は、整理整頓を心がけましょう。良い仕事は、余裕あるデスクから生まれます。

「デスクが整理されていることと、仕事ができるかどうかはどう関係が?」と思うかもしれません。

具体的には、整理整頓をする習慣のある人が、仕事ができる人なんです。

デスクや身の周りの整理がしっかりできている人は、無意識で色々なことを整理していることが多いんですよ。常日頃から整理する習慣がある人は、頭の中で考えていることや仕事の順序なんかもしっかり整理できる…というか、整理してしまいます。

癖のようなものですね。

仕事ができる人は、仕事の優先順位や順序、段取り、次にすべきことをしっかり整理しています。そして、その整理された情報を基にして仕事をこなしているんです。次やるべきことや段取りがしっかり把握できていれば、仕事がとてもスムーズに進みますよね。

逆に、それができていないと仕事はスムーズにこなせないんです。

心の余裕と時間の余裕の次は、場所の余裕を確保してみてください。

どうしてもダメなら?

何をどう努力しても仕事ができないと感じるなら、その仕事が向いていないのかもしれません。

向いていないことは、どれだけ努力しても人並み以上にはなれません。せめて人並みになれるくらいですが、それだけでも大きな大きな努力と苦労が要ります。そんな努力をして人並み程度にしかなれないなら、リスクを負ってでも転職したほうが何倍も良いです。

どんな仕事もできないなんていう人は、いないと僕は思っています。

だから、あなたに合う仕事があるはずなんです。

30代で仕事(会社)を辞めたい!早めの転職がベストな理由、リスクや不安を無くす方法などを解説」でも語っていますが、あなたの能力を見つけられる、活かせる場所が絶対にあります。

それを探すために、転職活動を始めるなら今すぐに越したことはありません。

転職活動をすると、自分自身を嫌というほど見つめなおさなきゃいけなくなります。

転職エージェントを使えば、キャリアコンサルタントがあなたの分析をしてくれる。

他者からの分析と、自己分析の二つによって、自分自身の良い部分と嫌な部分が浮き彫りになるんです。もちろん、仕事の適正や能力だってだんだんとわかってきます。

そうやって、適した職業を見つけるのもいいんじゃないでしょうか。

僕は職種は変えていませんが、職場を変えるだけで前より仕事がしやすくなりました。その結果、ブラック企業にいた頃よりも成績は順調です。

努力が必ず報われるなんていうことは、ありません。

しかし、努力しないと何も変わらない。

まずは心の余裕と時間的余裕、場所の余裕を確保してみてください。それから、しばらくの間色々吸収して、努力しましょう。本当に辛いし、苦しいこともあるかもしれません。そうやってがんばって、それでもダメなら、転職してもいいんです。

転職は、逃げじゃない。好機を掴む、大勝負だから。