30代になってくると、同僚や友人とも年収の差が出てきますよね。

人並みに仕事ができているとは思うけど、人並みの仕事ではそれほど給料が上がらないと嘆く人も多いです。

自信の無い人の多くは、そこから「人並みの努力では人並みになれない」と思い勝ちですが、そうではありません。

人並みに仕事ができているなら、平均年収以上は貰わないとおかしいです。

そう、自信がなくても、年収が低いと確信しているなら、現状を打開しましょう。そのための努力は、惜しまないでください。

まずは、30代の平均年収を確認

平均年収以上は貰わないとおかしいと冒頭で述べましたが、そもそも平均年収はどれくらいなのでしょうか。

それを知らなければ、自分が本当に年収が低いのかがわかりませんよね。平均年収以下なら、問答無用で年収が低いと断言できます。

国税庁の民間給与実態統計調査(平成27年版)によれば、30代男性の平均年収はこのようになっているそうです。

30歳~34歳:451万円
35歳~39歳:510万円

どうでしたか? 思っていたよりも高いなあと感じる人が多いんじゃないでしょうか。実際には、この平均年収にすら満たない人はたくさんいます。300万円くらいしか年収がないという人も、多いです。

そういう人は、明らかに年収が低すぎます

こんなの、おかしいですよね? 平均年収というのなら、能力関係なしに年齢ごとの昇給でこれくらいの年収が得られて当然じゃないでしょうか。

人並みに仕事が出来ている人で、平均年収に満たないなら、即刻行動を起こすべきです。

とは言っても、仕事が人並みだと現在働いている職場で昇給してもらうのは厳しい。

そもそも、その会社はあなたにお金を渡す気がないでしょうからね。

それなら、そんな会社は見限って転職してやりましょう。会社が自分のためにならないなら、見限ってもいいんです。

退職届を放り投げて転職してもいい。労働者の当然の権利なのだから。

仕事(会社)を辞めたい! とは言え30代、果たして転職すべきか。 仕事についていけない […]

年収を上げるなら同職種

転職することで年収を平均程度にまで引き上げようということですが、30代の転職は20代の頃に比べて厳しいです。

特に異業種は厳しく、仮に転職できたとしても年収が上がることはありません。それどころか、下がることすらあります。

そのため、30代の人が転職で年収を上げようと思ったら、同職種での転職が前提となるんです。

そして、第一条件に掲げるべきは年収の高さ。ここだけはビタ一文たりとも妥協せず、しっかりと追求していきましょう。

自信がない人は「妥協しないとキツイんじゃないか」と不安がりがちですが、妥協せずに済むようにするために、転職支援サービスというものがあるんですよ。

転職エージェントに頼りましょう。

彼らは、あなたの年収をあげるのが仕事なんです。

自分がサポートした転職者が年収アップに成功したということが、彼らの実績になります。それが彼らの給料の算出基準になるんです。だから、全力であなたのことをサポートしてくれます。

妥協せず、求人を探すのが彼らの仕事。

僕たちはただ、妥協しないという心構えだけしていればいいんです。

アピールが物を言う

30代ともなると、その仕事に対する基本的なスキルと知識は全て身についていることが前提となります。

その上で、あなたがどれほどの能力を持っているのかということを、企業側は選考で判断するわけです。

ただ、その判断基準は履歴書・職務経歴書なんていう薄っぺらい紙きれと、面接での対応だけなんですよね。

なんという脆い判断基準か! 紙きれなんかに、人の能力を伝えることができるものか…できないんですよ、本当に。

紙面だけでは、やはり伝わらない。

一番大事なのは、あなたがアピールをすることです。

自分の声で、言葉で、自分自身の長所や能力をアピールする。自分自身を商品と考えて、求人先という顧客に売り込んでいく。自分を採用すればどのような利点があるのか、どのように貢献できるのかを語る。

それが、年収アップの秘訣です。

30代ともなると、特にアピール力が重要になってきます。

アピールがしっかりできず、能力が伝わらなければ「何年もこの仕事をしてきて、何を学んだんだ君は」と言われかねません。

自信が出る、魔法の考え

アピールかあ…自信が無いなあ。

そんなのは僕だって同じですよ。僕も転職市場を戦いましたが、僕自身も自分の能力にそこまで自信があるわけではありません。普段は自信ありげに仕事をしていても、ときたま「これでよかったのか?」と不安になります。

誰だって同じ、人間だもの。

そこで、自信をもって自分自身という商品をオススメできる秘訣を紹介しましょう。

自分の能力や経験・知識を、自分自身から引き剥がして考えるんです。能力・経験・知識に対して自分自身の物という認識をせず、別個の解離したものだと考えてください。

他人事のように語るんです。

自信が無い感じるのは、自分自身の人格が絡んでいるからだと僕は思うんですよ。「情けないから」「ダメなやつだから」とか、自分に対してマイナスイメージを持っている。だから知識や経験も、なんだか信じることができない。

それなら、それらを自分の人格と解離させれば、少しは信じることができるはずです。

僕は、自分自身に対してもどこか他人事のように考えているところがあるので、こういう自信のつけ方を思いつきました。

自分を信じるのではなく、能力や知識・経験を信じるんです。それが、転職で年収をアップさせるための自信になります。

そして、それをアピールしていく力。

それこそが、30代の人が自分の年収を上げるために一番必要なものです。

20代のうちは自信が無くてもいいんですが、自信の無い30代男は女性にも企業にも愛想をつかされてしまいますよ。それなりに人生経験を積んできた年齢なら、それなりの自信が求められますからね。

そうでないと、軽く見られてしまいます。

だから、偽りでもいいし、仮初でもいいから、自信をつけましょう。他人事思考で!