辛い仕事に就くと、正直きついですよねえ。

仕事に苦労は付き物? 仕事は辛くて当然? 20代のうちから甘えたことを言っていてどうするんだとか…先輩社会人たちには色々言われるでしょう。ただ、同じく20代の僕からしてみればそんなしょうもない御託は、どうだっていい!

辛い仕事に就いてしまったという事実を受け止め、正直「きつい」「辞めたい」と思っている自分の気持ちと向き合おうじゃないか!

20代が「辛い仕事だから辞める」はOK

先輩社員や上司に何を言われても、関係ありません。自分が本当に心から「今の仕事が辛い」と思うのなら、その仕事を長く続けることは不可能です。心底辛いと思ったことが、数年後「たのしい!」と思える保証なんてどこにもないじゃないですか。

遅かれ早かれ、辞めてしまうと思うんですよ。

だったら、今辞めてしまう方がメリットが多いわけです。早いうちから転職をしておくと、次の仕事に慣れるのも早いしキャリア形成もしやすくなりますからね。特に20代のうちは、キャリアの立て直しも比較的楽です。

30代・40代になってから今の仕事を辞めるとなると、正直キャリア形成は難しい。

20代のうちからそんなことを言ってはダメだと人は言うけれど、辛い仕事からは20代のうちに足を洗った方がむしろ良いわけですよ。「20代のうちから…」なんて苦言を呈する人たちは、合理性に欠けます。

辛いと思っている原因を探そう

辛い仕事だから、長く続けるのは不可能。だから20代のうちから転職してしまった方が合理的ということだったけど、転職するには条件があります。僕から課した条件がクリアできないのなら、転職は失敗する可能性が非常に高いです。

その条件とは…辛いと感じる原因を自覚しているか。

辛い現状から抜け出すというときに、安住の地がどこにあるかわからなければ路頭に迷いますよね。無計画に脱獄する人なんていないわけだから、転職をするときには「安住の地」を先に見つけて計画的にやらないといけません。

安住の地を見つけるには、自分が辛いと思っている原因が必要。

その原因を打ち消すことのできる仕事こそが、あなたにとっての安住の地だから。

転職準備の最初にやるべきことは、辛い原因探しです。「肉体労働だから辛い」とか、「職場内競争が激しすぎて辛い」とか仕事の辛いと思うことを書き出してみましょう。「わからない、なんとなく辛い」という場合は、自己分析を行って辛い理由が判明するまで転職は保留にしたほうがいいですよ。

耐えるという選択肢はある?

辛い仕事に就いてしまって、長く続けるのは正直きつい。そんな状況で考えられる選択肢は、僕が先ほど前提として語った「転職」と、耐えることの二つだけだと思います。転職に関しては少し語ったので、ここで一度「耐える」という選択肢についても語ってみましょう。

耐えるという選択肢がそもそもアリなのか…。

一概にナシともアリとも、言えないんですよねえ。

僕は辛い仕事は遅かれ早かれ辞めることになるから早く辞めたほうがいいと語りましたが、ケースによっては今辞めると後悔することもありますから。大切なのは、自分が転職すべき人間か耐えるべき人間かを、正確に見極めることじゃないでしょうか。

どちらの選択肢を取るべきか、見極める方法

転職するか耐えるかを見極める基準は、今の仕事が辛いと思っている原因にあります。

その原因を取り除くために「転職」しか道が無いのなら、迷いなく転職するべきです。ただ、それ以外に道がある場合には耐えるという選択肢もアリになってきます。

僕が思うに、自力で解決できる原因かどうかが「転職以外に道があるかどうか」を決めるんです。自力で解決できない原因だとしたら、職場の誰かがその解決に手を貸してくれることは期待できないので転職したほうがよほど楽でしょう。

ただ、自力で解決できる原因だとしたら、それを自力で取り除いた方が楽だと思います。

たとえば「座り仕事で腰が辛い」ということなら、腰痛対策グッズを導入するなどして対策をすることができますよね。逆に「人間関係が辛い」とか「肉体労働で辛い」とかは、自分ではどうにもならないから転職するしか道がないわけです。

まあ…この判断基準を用いると、結局は転職する方がいいという結果になることが多いですけどね。

仕事が辛い理由のほとんどは、自分ではどうにもできませんからー! 残念ッ!

「自分にとって楽な道」を選べばいい

自分が辛いと感じている原因を明確にして、転職するか今の仕事を続けるかを選ぼうということを語ってきたわけですが…。要は、「自分にとって楽な道」を選べばいいということなんですよ。

自力で解決できない辛さに苦しんでいるのなら、それを解決しようと足掻くより転職したほうが楽ですよね。自力で解決できる問題だったとしたら、キャリアリセットしてまで転職するよりも解決策を講じた方が楽ではないでしょうか。

そう、自分が楽できる道を選ぶことが「辛い仕事」から抜け出して、長続きできる仕事に就く方法なんだ!!

「楽な方を選ぶのはダメ」だと誰かが言うけれど、そんなものは昭和人が考えた古い考えです。

仕事は辛いものだと言う人は、圧倒的に古い。仕事は本来、自分自身の生活を良くするためにあるものですよね。人の生活が豊かになるための商品があり、それを生み出すための会社と人材があるからこそ仕事が生まれたわけだ。

人の生活を豊かにするために仕事があるということは、自分のために仕事があるのと同義。自分も「自分の仕事によって豊かにする人」の一人ですから。

だから、仕事は辛く苦しいものなんかじゃありません。

辛い仕事だと感じているのなら、長続きするように自分の楽な道を選びましょう。どのみち、自分が辛いと思っていることなんて長続きしないんですよ。長続きしている趣味と、長続きしなかった趣味とを思い出してみてください。

長続きしなかった趣味は、「義務感」とか「苦しみ」とかが伴いませんでしたか? 逆に、長続きしている趣味は自ずと「したい!」と感じるものだと思います。

長続きする仕事も同じことが言えるでしょう。辛さを抱えたまま、長続きさせることはできません。今の仕事を続けるために自力で問題解決に躍り出るか、転職をするかのどちらかで仕事に関する辛さを取り除かないと明るい未来はない!

「どちらも選択肢としてアリ」なんだったら、楽な方を選ぼう!!