ソシャゲ業界は闇が深い? 辞めたいと思っても無理がないのかもしれません。

とにかく忙しい、終電帰宅、昼も夜もなく休日対応も当たり前…。

そういう声を聞くたびに、人々に楽しんでもらえるサービスを提供するために、ソシャゲ業界で働く人たちは身を粉にして働いていることを実感します。

今回は、そんな「ソシャゲ業界を辞めたいと思っている人」の転職を徹底的に掘り下げていきたいと思います!

辞めるべきか否か。ソーシャルゲーム業界の将来性を考えてみた

ソーシャルゲームが台頭してきて、猫も杓子もソシャゲばかりやっていた時期がありましたよね。パズドラ全盛期、高校生は授業中机の下でパズドラ、大学生も講義中パズドラ、社会人も電車の中でパズドラ…。

このとき「今後はソシャゲ! コンシューマーは死に絶える」という話が、まことしやかに語られました。

しかし、実際ソシャゲ業界を見てみると段々飽きられつつあるように見えます。システム的な仕組みとして上手いのは「モバイル」「毎日起動させる」「簡単な決済方法」の三つだと思うんです。

ただゲーム性はどの会社も似通ったものを作っていますよね。とりあえず美少女や美少年を登場させて集めさせ、肝心のバトルシステムや育成システムは画一化。このままいけば、ソーシャルゲームは衰退するかもしれません。

その代わり、ソーシャルゲームの仕組みは残り続けると思っています。

システム面で上手いと語った部分は残り、あらゆるサービスがゲーミフィケーションされるようになる。ソーシャルゲーム業界の今後は少し危うい可能性があるが、それを支えるエンジニアの需要は増えるということです。

ソシャゲ業界を辞めたいなら、無理して続けることはないと僕は思いますよ。

ソシャゲ業界から、コンシューマ向けゲーム制作会社に転職するのは可能か?

ソシャゲ業界を辞めたいという人の中には、コンシューマー向けゲームを作りたいという人も多いと思うんです。

コンシューマーゲームの市場はソシャゲに比べて確かに縮小したかもしれませんが、作り手としてやりがいがあるのはコンシューマーの方だと僕は感じています。さまざまなゲーム性・UI・デザイン・システム…向上心を持って制作できるでしょう。

じゃあソシャゲ業界からコンシューマーゲーム会社に転職するのは可能か? という話ですよね。

結論は、「可能」です。

ソシャゲ業界は、人々が求めるものに敏感な業界ですよね。サービスをどんどん良くするために日夜情報を収集し、それを実現するために動くことができる。需要・課題を発見して、反映や改善を行うのが得意な業界と言えるでしょう。

ネット接続が当たり前になり、マスターアップ後も修正・アップデートが当たり前になったコンシューマーゲーム業界にもそれは必要な能力です。

また、ハードウェアが異なるとはいえ、経験や実績があります。それも武器になりますよね。最近はスマホでも3DCGをバリバリ動かすゲームが増えてきたので、「3D経験は?」と聞かれても問題ないでしょう。

さらに、コンシューマーゲーム会社は意外と間口が広いです。中途採用情報を探すと、案外普通に見つかります。

まずは、求人探しからやってみましょう。

ゲーム業界以外の、オススメ転職先5選

ソシャゲ業界を辞めたい人にオススメの転職先を、ゲーム業界以外で考えてみました。一番良いのは、今の自分のスキルを使うことができる業界・職業に就くことでしょう。そういう仕事を5つ紹介します。

1.WEB制作・SEなど

WEB業界は、ソシャゲ業界の経験を幅広く活かせる業界です。

たとえば、先ほど語ったような「需要と課題の発掘と反映・改善がうまい」という点。WEB業界は「アクセスが命」の業界です。とにもかくにもアクセスを増やさないと意味がなく、そのためには検索需要を調査したり、そもそものWEBサービス・サイトの方向性自体の需要も拾わなくてはいけません。

刻一刻と変わる需要をキャッチし続け、それに沿う形を実現すること。

そのための制作工程・手順・現場の雰囲気などが、WEBとソシャゲとでは似ています。

WEB業界からの需要は高いと思うので、エンジニア・デザイナー・ディレクターなどなど、自分に合うと思う職種に積極的にチャレンジしてみましょう。

また、システムエンジニアなどIT関係の仕事も同じような理由から向いていると思います。使う言語が異なるとしても、エンジニアとして必要なものは同じですからね。

WEB・IT業界は、個人的に最もオススメの転職先です。

3.CG制作会社

数年前までソシャゲと言えば2Dゲームが主流で、キャラクターもイラストばかりでしたよね。しかもイラストは制作会社のデザイナーが制作するというよりも、有名イラストレーターに外注するのが主流でした。

イラストレーターに関しては今もそうだと思います。

ただ、近年はソシャゲも3DCGを使ったゲームが多くなりましたよね。デザイナーのデザインをデフォルメ化して3DCGに落とし込む作業を、ソシャゲ業界で行っている人もいると思います。

そういう人は、CG制作会社に転職することができるのではないでしょうか。

ゲーム以外のCGもたくさん作ることで経験も増えるし、新しいことを学ぶことができて今後のキャリアも広がると僕は思います。アニメなど動きが付いたものも、作れるようになるかもしれません。

4.映像デザイン業界

映像デザインというのは、文字通り映像をデザインして制作する仕事。

クライアントがその映像を使って何がしたいのか、何を伝えたいのかを聞くところから始まります。それらをシナリオ・絵コンテに落とし込み、方向性が決まればカメラマン・CGデザイナー・編集者などで作業を行うわけです。

制作フローがゲーム業界とどことなく似ていると思います。

また、CG制作をしていた人はそのままCGスタッフとして転職できるでしょう。

他にもディレクターになったり、新しく編集を覚えて編集者になったり、キャリアの幅を広げるきっかけにもなります。

そこから広告業界に鞍替えしたり、クライアントとの調整能力を活かしてコンサルタントなどへの道も開かれたりするでしょう。

完全に今のスキルをそのまま使えるとは限りませんが、向上心がある人にはオススメです。

5.VR関係の仕事

エンジニア・デザイナー・3DCG制作などなど、ソシャゲ業界のあらゆる経験が役立つ仕事です。

最近VR業界は大きな広がりを見せていますよね。バーチャルなキャラクターがテレビ出演を果たして現実の芸能人と共演したり、VR体験型イベントも多く開かれたりしています。今後VRを用いたビジネスはもっともっと増えていくでしょう。

あらゆる分野で活躍したエンジニア・デザイナーなどが必要とされています。

ソシャゲ業界からの転職先として、これほど面白い業界もないのではないでしょうか。

自分のスキルを洗い出すところから始めよう!

ソシャゲ業界を辞めたいという人には、それぞれ幅広い選択肢があると思うんです。僕が紹介した仕事以外にも、それぞれのスキルを活かした転職先はまだまだあります。僕が挙げたのは「ソシャゲ業界の人」とひとくくりにしたときのオススメでしかありませんから。

ソシャゲ業界を辞めたい人全員が最初にやらないといけないのは、スキルの洗い出しです。

自分のスキルを洗い出すことによって、転職先の候補は自ずと広がるし、絞られます。転職エージェントに登録して「こういうスキルを持っているけど、オススメない?」と聞いても、転職先の候補が出てくるでしょう。

最後に、候補の中から、自分の希望に合うものはどれかを選んでください。

そうしたらあなたに最適な転職先が見えてくるはずです。

ソシャゲ業界を辞めても、スキルは捨てないこと! これが成功への近道だと僕は信じています。