職場の人間関係で悩まない方法&修復不可能になったときの最終手段

上司・先輩・同僚・部下…。

職場は様々な形の人間関係が交錯する場所。上下関係と横の繋がりとが複雑に絡み合って強固なひとつの布を形作っていればいいんですが、実際は糸と糸が複雑に絡み合って、ただ絡まっているだけという職場もありますよね。

入り組んだ人間関係だったり、孤立していたり、合わない人がいたり、職場の雰囲気に馴染めなかったり…職場の人間関係に悩む人はとても多いです。

このページでは、職場の人間関係を良好に保つ方法や、人間関係が修復不可能なレベルまで悪化したときの最終手段などを紹介します。

ぜひ参考にしてみてください!

職場の人間関係を良好に保つ方法

職場の人間関係を良好に保つために、あなたができる一番シンプルで重要なこと。

それは、全員に同じ態度で接することです。

職場内の全員に同じ態度で挨拶をして、同じ態度で接することによって少なくともあなたを取り巻く人間関係は良く保つことができます。他の人たちが勝手にトラブルを起こすことはあるでしょうが、あなたがそれに巻き込まれることは、ほぼ無くなるでしょう。

誰に対しても態度が変わらないということは、特定の人に対して踏み込むこともなく特定の人をのけ者にすることもなく、敵を作ることがないからです。何か人間関係のトラブルがあろうとも、特別に相談されることもなく攻撃されることもなく不干渉を貫くことができます。

「だけど、それって良好な関係と言えるの?」という意見もあると思います。

でも、職場の人間関係なんていうものは、自分が嫌な思いをせずスムーズに自分の仕事をこなすことが出来てさえいれば十分「良好」と言えると思いますよ。学校でお友達作りをするのとはわけがちがいますから。

良好な関係=付かず離れずな関係。友達じゃないけど、ビジネスパートナーとしては良いというような感じです。

だから、職場の人間関係を良好に保つためには「全員に対して同じ態度で接すること」が重要になるんです。

同じ態度で接するためのポイント

人によって態度を変えないことで、職場の人間関係は良好に保つことが出来る。

ただ、人によって態度を変えないというのは案外難しいんですよね。人は誰かに認めて欲しくて特定の人に強いアプローチをしてしまうことがあるし、人は誰かに話を聞いて欲しくて人に深入りしてしまう。

ということは、職場の人間に何かを求めたり期待したりしなければ態度は変わらずに済むのでは? と僕は考えました。経験がありませんか? 好きな人に好かれたいがためにその人にプレゼントをしたり、尽くしたりしたこと。親にゲームやおもちゃを買って欲しくて手伝いを頑張ったり、ご機嫌を取ったりしたこと。

そう、人は誰かに期待や望みを持っているときにこそ、その人に特別良い態度を見せるものなんです。

だから、人に期待しないし何も求めたりしないことが、人によって態度を変えないためのポイントになります。

期待や望みを持たなければ人に特別良い態度を取らないし、逆に人にがっかりしたりすることもないから特別悪い態度も取らないはずです。

職場の人間関係を良好に保つ秘訣は、人に期待したり求めたり当てにしたりしないこと。これを人間関係乾燥法と呼ぶことにします。

人間関係乾燥法にも弱点がある

この方法を使うことが出来るのは、人間関係を良好に保ちたいとき。これまで「人間関係を良好にする」という言い方をしていないのに、気づいている人もいると思います。そう、一度悪化した人間関係を修復するときには、人間関係乾燥法は使えません。

人間関係が悪化している場合、むしろさらに悪くしてしまう可能性すらあります。だって、ギスギスした雰囲気のところに八方美人が現れたらムカつきますからね。

職場の人間関係が修復不可能になったときの最終手段

職場の人間関係が修復不可能なレベルまで悪化したら、最終手段として「転職」を検討するべきです。

職場の人間関係なんていうものは、それがどういうものであっても自分ひとりが頑張ったところでどうにかなるものではありませんからね。人間関係というのはいろんな人の思惑が入り混じって形成されるものです。冒頭に述べた通り、うまくいけばそれが布のように強固なものになって一枚岩の組織が出来上がります。

ただ、うまくいかないと絡まった糸のようになる。

だから、自分ひとりがあがいたところで無駄です。

それなら、転職するしか職場の人間関係の悩みを改善する方法はありません。

人間関係が原因の転職を成功させるには?

転職をしたら今の人間関係から脱出することができます。

このブログでもおすすめしている「転職エージェント」を使ってアドバイザーによる支援を受ければ、その上で給料アップや休日日数アップなど自分が望む待遇改善を叶えることもできるでしょう。

ただ、それだけでは次の職場で人間関係がどうなるかなんてわかりません。

ひとまず、転職エージェントを利用することで、転職先候補の職場の雰囲気を大体知ることはできます。ただ、それは体育関係かどうかとか人間関係良好かどうかとか、そういった抽象的な情報です。

問題は、その上でどうするかです。

人間関係を良好に保つ方法は、このページの前半で紹介しましたよね。次の職場では人間関係が自分好みなところを選び、そこで人間乾燥法を使えば人間関係の悩みとは無縁になれる可能性が高いと思いますよ。

仕事や会社を辞めたい気持ちが少しでもある人へ
ヒサダ

はじめまして。当ブログの管理人ヒサダです。

僕がこのブログに訪れたすべての皆さんに伝えたいこと…

それは、「仕事や会社を辞めたい気持ちが少しでもある人は、すぐに転職活動を始めるべき」ということです。

転職という選択に対して消極的な印象を持っていた僕がそう思うようになったのは、僕自身、転職したことで人生が好転したからです。

  • 転職を決断する勇気が出ない
  • この程度の悩みなら我慢したほうがいいんじゃないか
  • 転職後の自分をイメージできない
  • 辞めることを言い出しにくい
  • 自分の年齢や能力で転職成功できるか不安
  • 他の業種・職種に転職したいけど、どうすればいいかわからない

これは転職を考えている人なら誰しもが感じることだと思います。

でも、一昔前とは違って今は転職支援サービスがとても充実しているので、気軽に質の高い転職活動ができるようになっています。それに、転職活動を始めること自体には何のリスクもありません。むしろ早めに動き出しておくことは、いざというときの備えとしてメリットしかありません。

だから、悩みや不満の大小に関わらず、自分の人生が今より良くなることに希望を持って、自分なりの形で転職活動を始めてほしいです。

僕がおすすめしている転職支援サービスは無料の転職エージェントです。就業相談から求人紹介、採用対策まで、転職活動全般をサポートしてくれるサービスです。僕も実際に利用して転職を成功させました。

そして、数多くある転職エージェントの中で1番おすすめなのはリクルートエージェント。当ブログで150人を対象に行ったアンケート調査で利用率・評価ともに最も高かった転職エージェントです。

アンケート調査の詳細やその他のおすすめ転職エージェントはコチラの記事をご覧ください↓

上記のページでは、転職エージェント利用者の口コミや、転職活動を早めに始めるメリットなども紹介しています。

仕事に対して漠然とした悩みを抱えている人も動き出すきっかけが見つかるかもしれません。ぜひチェックしてみてください!

-仕事の悩み
-