なんだろう…職場に馴染めない、すごく居づらい。

馴染めていない場所に居ると、胃が痛くなりませんか? 僕は「居づらいなあ」と感じると、胃が痛くなります。そして「胃辛いなあ」と人知れず呟くわけです。そう、その場に居づらくて胃辛いわけだ。

今の職場は馴染めているし、ブラック勤務時代も馴染めていないわけではなかったんですが、職場に馴染めないとなると本当に辛いだろうなあと思います。常にいたたまれないような、胃が痛いような感じがするのは…ねえ?

正直、辞めたいのでは?

自力で解決可能かを考えてみよう

職場に馴染めないのは、何故?

単純に職場の人たちと馬が合わないから? それとも大きなミスをして居づらくなった? 特に理由が無いけど職場の人たちに避けられている感じがするから? 各人、色々理由があると思います。

その理由を自力で解決できるかどうかを、最初に考えてみてください。

大きなミスをして職場に馴染めなくなった、居づらくなったのなら晩回するチャンスがあるかどうかを必死に探してみましょう。そのチャンスを上司が与えてくれないのなら、懇願してでもチャンスを手にするのも良いかもしれません。

ただ、単に馬が合わなくて馴染めないという場合は、無理して相手に合わせようとする必要はないですよ。馬が合わなくて馴染めないというのは性格的な理由だから、無理をして合わせようとしてもそれは「馴染んでいるように見せかけているだけ」に過ぎません。

本当のところは馴染めていないので、結局居づらくて胃辛いになってしまいます。

特に理由が無いように思うけど、馴染めていないという場合はもうどうしようもない気がします。自分自身に原因が無いのなら、自力で解決しようがありませんからね。

だから、馬が合わない場合と特に理由が無いように思える場合は、自力で解決できないと僕は思います。だったら、じーっと悩んでいるだけ時間の無駄です。自力で解決できない問題に悩んでも、何も得られないから。

じーっとしていても、どうにもなりません。

動きましょう。

職場に馴染めないという理由での転職はアリ?

職場に馴染めなくて辛い・辞めたいというのなら、自力で解決できない場合は転職しちゃうのが一番の解決方法です。ただ、職場に馴染めないという理由で転職するのはアリなのかと思ってしまいますよね。

僕的にはアリです。

みんな色々ポジティブな理由を付けて転職をしていますが、本音を言えば転職理由なんてほとんどネガティブなものなんですよ。残業が多すぎるから転職したいとか、職場に馴染めないから転職したいとか、人間関係に難があるからとか…そういう理由が多い。

だから、転職する理由なんていうものは実はそれほど重要じゃないと僕は思うんです。

ただ、本音は隠してナンボですけどね。

面接時には本音を隠して、前向きな理由を話すのがベスト。前向きな理由なんて無いよという人は、無理やり作ってしまいましょう。そんなことが出来るのか? それが結構簡単に出来ちゃうんですよ。

たとえば、こんな感じですね。

「前の会社は各個人で仕事をしている状態でしたが、私自身は周囲と適度にコミュニケーションを取りつつ仕事を進めたいと思っています。また、そういった仕事の進め方が得意なタイプです。そこで、より自分を活かせる職場で成果を挙げたいと思い、転職を決意しました。」

以上のようにすることで、職場に馴染めず一人行動が多くなるということをうまくオブラートに包みながら、嘘は言っていないということになります。そして次の職場でどうしたいかという展望にも繋がるので、一石二鳥です。

そうやってポジティブな転職理由を作りさえすれば、本音は重要じゃなくなるというわけ。

だから、職場に馴染めないから辞めたいというのは文句なしで「アリ」ですよ。

転職エージェントに本音を伝える

ただ、転職すると言ってもどうしていいかわからない人が多いと思います。二度目の転職という人なら取るべきアクションがわかるだろうけど、初めてという人は全く見当もつきませんよね。

僕が初めての転職をした際には、転職エージェントを利用しました。

自分ひとりで求人探しをして、希望する条件ぴったりの求人が見つかるかどうかが不安だったから。そして何より、後ろ盾が得られるというのはとてもありがたいなあと思って利用したんですが、これが正解だったと後になって思います。

退職理由が何であれ、転職エージェントを使うことで希望求人がたくさん得られることは間違いありません。

転職エージェントの担当キャリアコンサルタントにしっかりと本音を伝えることによって、自分が希望する条件に合った求人を探してきてもらうことができるんです。だから、「今の職場に馴染めないから辞めたいんです」とハッキリ伝えれば、自分が馴染めそうな職場を探してきてくれる。

ただ、馴染めそうな職場かどうかなんてわかるの? と思うでしょう。

「馴染めないから辞めたい」ということなら、最初にどうして馴染めないのか質問されると思います。その質問の答えから判断し、キャリアコンサルタントが調査を行った職場の中から雰囲気が合いそうなものを紹介してくれるんです。だから、馴染めそうな職場かどうかは大体わかっています。

それでも抽象的なものなので完璧ではないでしょう。

そこで、職場見学を希望することをオススメします。

可能かどうかは求人先企業にもよりますが、ダメ元でアタックをかけてみるだけでもやってみる価値はありますよ。キャリアコンサルタントもできる限り交渉してくれるでしょうし、職場見学して自分で確かめたことなら信じられるでしょう。

また、職場見学が出来なくても口コミサイトで調べるという手もあります。

転職エージェントによる客観的な情報と、職場見学や口コミサイトによる主観的な情報とを照らし合わせて、自分が馴染めそうな職場かどうかを判断してみてください。

その上で「給料をアップしたい」とか「残業が少ない職場がいい」とか、待遇面も改善することをオススメします。

職場の雰囲気がどうとかいうのは前提条件に過ぎませんからね。職場の雰囲気が自分に合う・合わないは給料のアップダウンに影響しないし、どんな条件とも干渉し合うことはないので両立させることができます。

職場に馴染めるかどうかももちろん、自分が納得して働ける職場を見つけましょう!