みんな仲良くしようねと、大人は子供たちに言うけれど…みんな仲良くなんて出来ないことは大人が一番良く知っている。職場にどうしても合わない人がいるという人は、とても多い。

ただ、組織の中にいると合わない人を遠ざけることもなかなかできませんよね。子供は「嫌い! 近寄るな!」で済みますが、大人がそれをしてしまうと仕事になりませんから。

大人の世界は難しいわけです。そのせいで、精神的にも実務的にも辛い思いをしている人が多いです。

そこで、職場にどうしても合わない人がいる場合はどうすればいいのかという話をしたいと思います。

馬が合わないなら、必要以上に関わらなくてもいいんだよ

「嫌い! 近寄るな!」と遠ざけることはできませんが、合わない人と仲良くしようとする必要はありません。必要以上に関わらなくたって、いいんです。合わない人と関わるだけで疲れるし、ストレス要因になりますからね。

仕事をする上で最低限の関わり以外は持たないようにしましょう。

業務連絡をするだけの仲になるんです。

相手からグイグイ関わりにくる場合は、「正直あなたのことが苦手だから必要以上に関わらないで欲しい」ということを伝えるのも良いでしょう。相手はあなたのことが苦手ではないかもしれませんが、そういう場合が一番厄介なので自分のことを優先して率直に言うというのもときには必要です。

その上で、仕事に支障が出ないように業務連絡は怠らないようにしましょう。

逆に「歩み寄ろうとする」のはどうなの?

苦手な人や合わない人がいる場合、どうにかして解消しようと歩み寄ろうとする人がいます。相手の良いところを見つけようだとか、嫌いでも目を見て挨拶しようだとか飲み会をして距離を縮めようだとか…。

そういうのも悪くはないんですが、人間関係で「どうしても合わない」というのはこれはもう本能的というか生理的というか、そういう根本の問題だと思うんです。

歩み寄ろうとしても、疲れたり苦しんだりするだけですよ。

ハッキリ言って、無駄です。

仕事を進めるだけなら仲良くなる必要なんてどこにもないんだから、仲良くなるんじゃなくて必要以上に関わらず「うまく付き合う」ことに専念しましょう。仕事相手と割り切ることによって、合わない人のことは特に気にならなくなりますよ。

合わない人とうまく付き合うコツ

必要以上に関わらず仕事相手としてうまく付き合うには、少しコツが必要です。ただ、そのコツさえ掴んでしまえば上手に付き合うことは難しいことではなくなります。そのコツというのが、こちら。

  • 人に期待しない
  • 仕事に関係ない話は適当に流す
  • 相手を同じ人間だとは思わない

最初に、人に期待しないことが肝心です。人は誰かに期待するからこそ、その人の行動や言動でイライラしたりガッカリしたりするんだと僕は思います。人に期待しなくなれば、誰が何をしても何を言っても特に気になりません。イライラもしないし、ストレスにもならない。

「あー、今日もお隣のワンちゃん元気だなあ」くらいの感覚です。

また、仕事に関係のない話は適当に流すことも肝心。「あーそうですかー」「そうなんですねー」とだけ言っていれば、問題ありません。仕事に関係ある話だけしっかりしていれば、その他の話なんてどうでもいいわけですからね。

「そうですかー」「そうなんですねえ」は、とても便利ですよ。自分が「同意している」と思われず、適当に相槌が打てるから。

最後に、これは少しひどいかもしれないけど「相手を同じ人間だとは思わないこと」もコツです。人に期待せず適当に話を流すだけでもうまく付き合えますが、それでもどうしてもダメという場合はこの方法も試してみてください。

相手を同じ人間だとは思わなければ、自分と違う意見を持っていたり馬が合わなかったりしても「仕方がないな」で流せますからね。

相手を地球外生命体のように考えてもいいし、「自分と同じ人間は誰もいないんだから」と考えてもいい。とにかく「自分と誰かは同じ」という認識は捨てましょう。個体が違えば、違う生き物と同義です。

マジでどうしても無理なら転職を検討すべし

何をどうやったって無理、同じ空間にいるだけでもストレスになって辛い。

そういう人は、転職を前向きに考えましょう。

とりあえず、実際に転職するかは置いておいて、転職活動だけでも始めておくことをおすすめします。

このストレスの積み重ねがいつの日か「うつ病」や「対人トラブル」という形で現れる可能性もゼロじゃありません。

相手をどうこうすることはできませんからね。それなら、自分から職場を去るしかないというわけです。

ただ、それは負けな気がすると思う人もいるでしょう。

負けじゃありませんよ。戦略的撤退です。そもそも同じ職場の中で誰かと戦う必要なんてないんだから、合わない人がいて辛いと感じるなら他の職場に移っても全然何も問題ないわけ。逃げでも負けでもなんでもないわけですよ。

「転職して、また職場に合わない人がいたら?」

そうならないように、転職活動を頑張るしかありません。

ただ、少しの工夫で職場の人間関係の悩みは解決できますよ。

転職活動には転職エージェントを使おう

職場の人間関係なんていうのは、そこに入ってみないとわかりませんよね。

だからこそ人間関係を重視した転職というのは非常に難しく、人間関係がきっかけの転職でも他の待遇をアップさせることによって本来の悩みを誤魔化す人が多いわけです。

ただ、待遇アップはもちろんだけど、本来の悩みである「人間関係」も改善できてこそ転職が成功したと言えるというものではないでしょうか。

そこで!

転職エージェントの出番です。

転職エージェントを利用することによって、職場の雰囲気を大体把握することができます。アドバイザーは職場の調査を行っているため、「人間関係はどうなのか」「職場の雰囲気は体育会系なのかドライなのか」といった職場の情報を掴んでいます。

人間関係が良好な職場を選ぶのはもちろんですが、さらに安全牌を狙うならドライな雰囲気の職場が良いかもしれませんね。その方が仕事だけの付き合いがしやすいですから。少なくとも体育会系っぽい雰囲気を感じ取ったら、避けなきゃダメです。

また、転職エージェントを利用すれば、場合によっては職場見学ができることもあります。

求人先企業にもよりますが、その交渉の手伝いもしてくれますからね。職場見学ができる可能性も一人で転職活動をするより、アップするんです。見学が出来れば、自分の目で職場の人間関係を確かめることができます。

自分の目で見て、「ここだ!」と思ったら転職すればいいわけだ。

そうやって人間関係を見極めながら、給料や休日日数など他にアップさせたい待遇があればアップさせましょう!

どうしても合わない人とグッバイ、好待遇ウェルカム! 一石二鳥を手に入れるために転職活動を始めてみてはいかがでしょうか?