職場の学歴差別に悩んでいる人へ。転職をおすすめする理由と転職を成功させる方法

一昔前は「学歴至上主義」を疑う人が少なかったですが、昨今は多様な働き方がプッシュされるようになり、学歴関係なく雇おうという動きも出てきています。

でも、個人の考えなかなか変わりません。古くから学歴差別をしている人たちは、職場に入ってきた低学歴の人を攻撃することがあります。

このページでは、学歴差別を受けて悩んでいる人に「転職」を提案したいと思います。

ぜひ参考にしてみください!

学歴で悩む必要はない

世の中には、色々な学歴の人がいます。

同じ四大卒でも大学の偏差値によってランクが区分けされ、それが社会的ステータスとして語られている。だけど、皆が皆大卒というわけではありませんよね。短大卒・専門卒・高卒・中卒と色々な学歴を持った人が働いているわけです。

大学のランクによってステータスがあるのは、大いに結構なことです。母校の名前を誇りにして生きていけるのだから。自分自身の中に確固たる誇りを持っている人は、本当に強いですからね。

ただ、それなら高卒や中卒だって誇るべきものだと思うんですよ。

他の人が大学に進む中、一足先に社会に足を踏み入れた自分自身をも誇りに思えばいい。中卒だって同じです。

専門も短大も、短い期間で自分が本当に学びたいことを学んだことを誇りに思えばいい。

誰もが自分自身の学歴に誇りを持つことができれば、学歴をとやかく言われても「どうでもいい」と開き直れるんじゃないでしょうか。もちろん、一番良いのは皆が誇りを持った上で他者の誇りを尊重することですけどね。

学歴差別がひどい職場は転職を考えるべき

前章では学歴差別に動じなくなるための精神的な話をしました。

でも、今の学歴差別がどうしてもひどい場合はどれだけ自分が強くなったとしても、辛いと感じてしまうものだと思います。

そういう場合は、精神論だけではダメですよね。

そこでオススメしたいのが、転職です。

学歴差別を受けている人に転職をオススメする理由は、三つあります。

一つ…転職に学歴はさほど関係ない。
二つ…転職をすることで学歴差別から無縁になれる。
三つ…あなたは既に「辞めたい」と思っている。

最初に、転職できるかどうかという不安の芽をつぶしたいと思います。

転職に、学歴はそれほど関係ないんです。転職の際に見られるのは、学歴と職歴・経験や実績スキル全てを含めた『経歴』なんです。就職するときよりも、書類選考や面接のときに考慮するべき項目が増えています。

それに、学歴よりも職歴を見たほうが「直近のその人の能力」がわかります。

就職のときは、学歴を見るのが「今のその人の能力」を判断するのに最適だったわけです。ただ、一度社会に入ってしまうと大事なのは勉強が出来ることではなくて、仕事が出来ることなので学歴より職歴や実績の方が重要になるということです。

次に、二つ目の理由を語りましょう。

これは呆れるほど単純な理由ですよね。転職をすることで学歴差別から無縁になれる。そういう職場を選べばいいんです。

また、三つ目…。

この記事を読んでいるということは、あなたはもう既に心の底では辞めたいと思っているはずなんです。もし少しでも辞めたい気持ちがあるなら、転職活動を始めておきましょう。

学歴差別から逃れるための転職活動

転職出来ると言っても、やっぱり甘くはないんじゃないの? と思っちゃいますよね。僕も転職する前は、そう思っていました。出来ないことはないだろうけど、ぶっちゃけ難しいだろうしなと二の足踏んでいました。

でも、転職の難易度は下げることができます。

たとえば、転職エージェントを利用することで「サポート」を受けながら転職することができます。自分がどういう職場に転職すべきかがわからなくても、一緒に自己分析を手伝ってくれるから希望条件も立てやすくなる。

アドバイザーに「学歴差別が原因で転職したいと思っている」ということを伝えればそれに見合った求人を紹介してくれます。

さらに、書類作成や面接のアドバイスもしてくれるから、通過率も上がるでしょう。内定後の条件交渉が可能な場合もあるから、納得がいくまで待遇にこだわることもできます。

学歴差別が無い職場を求めて転職活動を始めてみてはいかがでしょうか。

-仕事の悩み