色々な意味で、一般事務とは大違い! 営業事務は辛いぞー!

新卒入社1年目にして、営業事務を辞めたい人にまず言いたいことがあります。本当もう、ありがとうございます。あと、お疲れ様です。僕は営業職だから、営業事務の辛いところはなんとなくわかります。「なんだか悪いなあ」と思うこともありますしね。

営業事務の仕事は、営業職に左右されることが多いです。

忙しい営業職のサポートは、これまた忙しい…。そんな営業事務を辞めたい新卒に人に、営業職の僕からアドバイスしたいことがあります。

仕事のペース配分の辛さ

営業事務の仕事は、営業の仕事と直結しています。営業職が無理なスケジュールに苦しめられたら、営業事務も同様に無理なスケジュールに苦しめられるんですよね。急な対応を余儀なくされることも多く、「やっと帰れるわー」と思ったら「明日の朝までにこの書類お願い」と言われて「なん…だと…?」と絶望する。

自分自身で仕事のペース配分をすることが出来ず、辛いという人は多いと思います。

結構プレッシャーがある

営業事務の仕事は、対応力とスピードが求められると同時に正確性が求められます。さらに、一度に多くの仕事が降りかかることも多いですよね。だけど、そこでミスをしてしまうと客が怒って「契約は取りやめだ!」と言う可能性もある。

営業と直結しているから、かなりのプレッシャーになりますよねえ。

事務職と言うには責任重大過ぎて辞めたいという人も多いです。

担当の営業さんと反りが合わない

ありきたりな言い方をすると、人間関係の悩み。

営業事務を採用している会社は、営業ひとりあたり営業事務ひとりという体制が一般的。そうでない会社はそもそも営業事務がいないという、0と1しかないような仕事です。

担当の営業さんと反りが合わないとなると、途端に仕事が辛くなります。反りが合わない人のサポートをするなんて、精神的に大きな苦痛になるでしょう。それだけで、もう仕事したくないとか辞めたいとか会社に行きたくないとか思っても、誰も文句は言えません。

人と人とのことだから、仕方がありませんよ。

また、人間関係と言うと「営業事務は女性が多い」ということから男性社員が同僚との人間関係に悩むことがありますし、女性は担当する営業が男性ということですれ違いに悩むことがある。

そうなったら、仕方が無いと割り切って辞めるしかないでしょうねえ。

山崎まさよしも言っていたじゃないか、「男と女だからすれ違いは否めない」と。「何のこっちゃ」という人は『セロリ』で検索検索ゥッ!

思い切って営業に転職するという選択肢もあるんやで

営業事務を見ていると、「事務とは名ばかりのほぼ営業職じゃないか!」と思うんです。営業職に仕事が激しく左右されることもそうだし、営業事務がいない職場だと営業が自分でやる書類仕事などを担当しているということもそう。

じゃあ、あえて事務から営業に転職するのはどうでしょうか?

営業事務から営業に異動になる人も多いですし、事務を辞めたい人からもよく選ばれているのが「営業」の仕事です。

事務なのに営業ばりに忙しいという、イメージと現実が離れている状態からは脱出できます。営業事務よりも給料が良いし、営業事務より裁量があるから「他人に振り回されている感覚」になることも少ないです。

新卒1年目からの転職の際に大きな壁になる転職理由も、「営業の方が合っているように感じた」と言えば納得してもらえるでしょう。

個人的には、男性営業事務には営業に転職するのはオススメです。あとは、ずっとデスクワークしているのが苦手な人、事務職以外の可能性を模索したいという人、給料に不満がある人にオススメ。

ただ、営業事務の仕事をしていて「プレッシャーに弱い」と感じる人には、オススメできません。

ほかの事務職に転職するというのも王道かなーやっぱ

営業に転職するのも王道と言えば王道ですが、それ以上に王道なのが、他の事務職に転職するということでしょう。

たとえば、一般事務!

営業事務のように他人にペースを乱されることが無く、事務職と聞いてイメージするまんまの仕事をすることが出来る。「明日の朝までにやっといて」という緊急性のある仕事も少ないから残業をすることもあまりありません。

特定の誰かのサポートをすることが無いから、人間関係の悩みも緩和されます。

ただ、事務職全般女性が多いということは覚悟しないといけませんけどね。

一般事務のほかには、簿記2級以上を取得して経理事務をする人もいるし、総務になる人もいる。経理事務は「一般事務だと物足りない」という人に人気だし、僕としてもオススメ。とにかく事務系の仕事に転職する人が一番多いように感じます。

ただし、営業事務以外の事務職を選ぶとしても、営業職を選ぶとしても安直に「とりあえず」と決めてしまうのは賛成できません。

僕としては、新卒入社1年目の転職なのだから、じっくり考えて欲しいと思っています。キャリアのやり直しがきくと言えば聞こえがいいけれど、転職することに違いはないわけです。第二新卒という肩書は、転職した途端に転職経験者の肩書に変わります。

若いうちだからこそ転職出来るわけだけど、20代の内から2回・3回と転職してしまうと30代・40代になって困ることが出てくるでしょう。

僕としては、営業または一般事務を推したい。

だけど、自分自身に向いているかどうか、その仕事を続けられるかどうかくらいは考えてみてください。

よーく考えて、出した結論なら後悔しない! 新卒入社1年目で営業事務を辞めたいのなら、それを念頭に置いておきましょう。