40代になって「仕事ができない」「仕事についていけない」と悩むのはとても辛い。

年とキャリアを重ねていくごとに仕事ができるようになって、部下にも慕われて…。そういうイメージを持って頑張って、いざ40代になってみると仕事ができないという現状。会社を辞めたいほど思い詰めている人もいる多いのではないでしょうか。

そこで今回は、40代でそういった悩みを抱えている人の突破口として「転職」という選択肢を転職経験者の僕からアドバイスしたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください!

40代で仕事ができないまま働き続けるリスク

40代で「仕事ができない」「仕事についていけない」という状態で働き続けるのは、リスクがとても大きいです。

仕事ができない40代というのは、潜在的リストラ候補です。近年、40代・50代の社員の早期退職を進める企業や業界が案外多くなってきています。それに、どんな業界だろうと企業だろうと業績が危うくなったり、部署の縮小などを考えたりするとリストラの可能性はあるわけです。

そのとき、真っ先に切られるのは仕事ができない40代・50代。

また、このまま時間が経ってしまうと、転職が本当に困難になります。

一般論だと「40代もギリギリアウト」という風潮があるほどですから…。

ただ、そのギリギリアウトという一般論を言い訳にして今後も仕事ができない状態でずるずる働き続けると、ただただ不幸になるだけだと僕は思います。

別に仕事がバリバリできてキャリアを積んで地位を上げることが幸福とは言いませんが、少なくともあなたは「辛い」と感じているはずです。

今、転職しておかないと後悔する可能性がとても高いと僕は思います。

僕に言わせてみれば、「ギリギリアウトは、ギリギリセーフ」です。

転職の戦略さえしっかりと立てれば、仕事ができない40代でも転職できます。今のキャリアを活かした道だとしても、未経験だとしても…十分転職可能です!

まずは、40代で仕事ができない/ついていけない自分の問題点を考察

  • 向いてない仕事をやり続けた
  • 諦め
  • 聞くことを恐れている
  • 時代の流れとともに仕事についていけなくなった
  • 管理職が合っていない

40代で仕事ができない人が抱える問題点には、たとえば以上のようなパターンがあると思います。

まず、向いてない仕事をやり続けたから今もなお仕事ができないという人がいるでしょう。

やり続けた理由は「好きだから」「転職は大変だから」「家族がいるから」などさまざまだと思いますが、向いてない仕事をやり続けてもできるようになるとは限りません。

僕は「向いてないことの努力で得られる結果は、向いてる人の何もしない状態以下」だと考えています。

そして、向き不向きの無いフラットな人が他人と同じくらいの努力を積めば、向いてる人の何もしない状態くらいにはなれるのではないかと。

どれだけの努力をしても、どれだけの経験を積んでも、適性には勝てないわけです。

ただ、それと似た考えから「自分を諦めてしまう人」がいます。仕事ができないのが辛いと思いながらも、努力してもダメだからと諦めてしまえばそれまでです。

また、人に聞くということを恐れているということは、一度転職を経験した40代にはありがちなことだと思います。わからないことも「いまさら聞けない」という考えで諦めてしまうのは理解できますが、それでは何をどうすれば仕事ができるようになるのかわかりませんよね。

「わからない」と言えば、「仕事についていけなくなった」というのもそうでしょう。

時代の流れとともに新しいことがどんどん増えてきて、それを覚えるということに付いていくことができなかった。

その原因は、「新しいことへの適性が無かった」「新しいことを知ろうともしなかった」「質問できなかった」などさまざまだと思います。

また、中には「管理職になった途端仕事ができなくなった」という人もいるのではないでしょうか。そういう人は、一度平社員に戻るということを視野に入れる必要があります。

名プレイヤーが名監督になれるとは、限りませんからね。

以上のような問題の中で「適性」「管理職が合わない」というのは、転職で解決できます。

ただ、「人に聞けない」「新しいことに付いていけない」というのは転職するだけで解決できない可能性が高いです。転職をすることも大切ですが、「わからないことは聞く」「貪欲に新しいことを学ぶ」という姿勢もまた大切だと思います。

まあ…新しいことに関しては「自分が理解できる業務を行える仕事を探す」ということでも、解決できるかもしれませんけどね。

40代で自分に合った仕事・会社に転職する方法

最初に、自分の適性を知る必要があります。

自分にできることと、できないことを分析してみてください。仕事には能力の適性もありますが、性格的な適性もあるので、あわせて性格分析を行うともっと効果的です。その分析結果から自分に向いてる業界・仕事を転職先候補としましょう。

そして、次に考えてみて欲しいのが「未経験の仕事か今働いている業界内の仕事か」ということです。

中には、業界自体が合わないという場合があります。そのときには未経験の業界で未経験の仕事に就くしかありませんが、その職種が合わないだけなら業界内の異なる仕事に就いたほうが経験を活かせるのでオススメです。

経験を活かして転職すれば、未経験の職種でも待遇の水準はそこまで下がりませんし、内定も得やすいですよ。

未経験の業界・未経験の職種となると、40代という年齢で落とされる確率が上がります。

だから、年齢と経験関係なくさまざまな人を雇う傾向のある業界や仕事に就くことも考えると良いでしょう。以下が、その例です。

  • 警備
  • 清掃
  • 工場の仕事
  • トラックドライバー
  • タクシードライバー

タクシードライバーは普通二種免許が必要ですが、普通免許さえ持っていれば「二種免許は会社負担で内定後に取得可能」とする求人が多いので、ほとんど誰でも挑戦することができるのでオススメです。

歩合があるので、適性があれば未経験からでも稼ぎやすいですしね。

今の業界では働けないというのなら、以上のような仕事の中から自分に適正のあるものを転職先として選べば良いのではないでしょうか。

ただ、「適性をはかる」のが転職をする上で最も難しいんですよ。

自分自身を客観的に把握するのが難しいし、各業界・職種に求められる適性を知らないと自分に向いてるかどうかが判断できないし…。

そこで活用したいのが、転職エージェント。

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーに「自己分析」を手伝ってもらうことができます。キャリアアドバイザーは各業界・職種に求められる適性をしっかり把握しているため、それにあなたの適性を当てはめることも簡単です。

また、年齢を逆手に取ったアピールポイントの発掘や、面接対策などもしてくれます。

仕事ができないという悩みを抱える40代にとっての転職の不安を、総合的に解消できるんですよ。

転職エージェントを使い、しっかりとした戦略で転職を成功させ、仕事できない状況から脱却しましょう!